83件中 31 - 40件表示
  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た日本人

    ジャニー 喜多川(ジャニー きたがわ、Johnny H. Kitagawa、本名: ジョン・ヒロム・キタガワ (John Hiromu Kitagawa)、漢字表記: 喜多川 擴〈きたがわ ひろむ〉、1931年〈昭和6年〉10月23日 - )は、日本の実業家・芸能プロモーター・音楽プロデューサーで、ジャニーズ事務所、ジェイ・ドリーム、ジャニーズ出版、ヤング・コミュニケーション、つづきスタジオの社長である。アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス市生まれの日本人ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た立教大学

    1960年代初頭、ジャニーは自分の住んでいた東京・代々木の占領アメリカ軍宿舎「ワシントンハイツ」にて、近所の少年たち約30名を集めた少年野球チームのコーチをしていた。そのチーム名は、本人のニックネーム「ジャニー (Johnny)」からとって「ジャニーズ」と名付けられた。このチームのメンバーには、浜田光夫・小畑やすし・設楽幸嗣等もおり、応援団には松島トモ子も居た。このチームはプロ野球の球団や力道山等に支援されており、後に練習場も池袋にある立教大学のグラウンドへと移行した。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見たNHK紅白歌合戦

    喜多川本人は「演歌好き」とのことで、紅白歌合戦から北島三郎が2013年限りで勇退したのを始め、年々演歌歌手が減る傾向があることに関して「大変寂しいこと」であると語っている。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た那智勝浦町

    1933年、喜多川一家は日本に渡り、大阪市で暮らした。しかし間もなくして母親が死去、やがて第二次世界大戦が始まると子供たちだけで和歌山県那智勝浦町に疎開した。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見たアメリカ航空宇宙局

    父親は高野山真言宗米国別院の僧侶(第3代主監)で、1946年(昭和21年)2月から1948年(昭和23年)2月までプロ野球チーム「ゴールドスター(1947年に「金星スターズ」に改称)」のマネージャーだった喜多川諦道。諦道の次男として、1931年(昭和6年)10月23日にアメリカ・ロサンゼルスに生まれる。姉はメリー喜多川、兄はNASAでアポロの設計もしていた科学者だったが1980年代に50代半ばで死去している。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見たカリフォルニア州

    ジャニー 喜多川(ジャニー きたがわ、Johnny H. Kitagawa、本名: ジョン・ヒロム・キタガワ (John Hiromu Kitagawa)、漢字表記: 喜多川 擴〈きたがわ ひろむ〉、1931年〈昭和6年〉10月23日 - )は、日本の実業家・芸能プロモーター・音楽プロデューサーで、ジャニーズ事務所、ジェイ・ドリーム、ジャニーズ出版、ヤング・コミュニケーション、つづきスタジオの社長である。アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス市生まれの日本人。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た大阪市

    1933年、喜多川一家は日本に渡り、大阪市で暮らした。しかし間もなくして母親が死去、やがて第二次世界大戦が始まると子供たちだけで和歌山県那智勝浦町に疎開した。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た上智大学

    さらに、再来日後はアメリカ大使館軍事顧問団に勤務。その傍ら上智大学国際部(現在の国際教養学部)に進学し、上智大学を卒業。大学在学中の1955年(昭和30年)、バンドを結成し芸能界へ参入した。以降は日本に永住している。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た週刊文春

    1999年(平成11年)、『週刊文春』がジャニーズ事務所に関する特集記事を掲載し、喜多川が所属タレントに対して同性愛行為を行い、事務所では未成年所属タレントの喫煙などがあると報道した。これに対し喜多川側は記事が名誉毀損であるとして、文春に対し1億円あまりの損害賠償を求める民事訴訟を起こした。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見たギネス世界記録

    2011年(平成23年)、ギネス・ワールド・レコーズが「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」と「最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」に認定。ジャニー喜多川はそれまで自分の写真を決して公開しない人物として有名であったが、この受賞に際し自身の公開用肖像写真を初めて撮影した。ギネスブック(日本版除く)を始め、この写真をスポーツ新聞等マスコミ各社が掲載した(ただし、野球帽にサングラス姿のため、仔細な肖像は判らない様になっている。また、ジャニーズ事務所の方針に従い、ネット上では公開されない)。2012年(平成24年)にも「最も多くのチャート1位アーティストを生み出したプロデューサー」としてギネス認定を受けている。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

83件中 31 - 40件表示

「ジャニー喜多川」のニューストピックワード