83件中 61 - 70件表示
  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見たウェストサイドストーリー

    ある日、このチームのメンバーの中から代々木中学校に通う4名を選抜し映画館に連れて行く。そして、そこで鑑賞した映画『ウェストサイドストーリー』に一同感動し、エンターテインメント事業を興すことを決意した。1962年(昭和37年)4月、自身が集めた野球チームのメンバーである4名の少年により最初のグループであるジャニーズ(通称・初代ジャニーズ)を結成する。最初は池袋西口にある芸能プロダクション「新芸能学院(現: 名和プロダクション)」に籍を置いていたが、1962年(昭和37年)6月にジャニーズ事務所を創業、創業当初は渡辺プロダクションと業務提携し渡辺プロを窓口としていたが、1975年(昭和50年)1月、正式に株式会社として法人登記した。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た朝鮮語

    1952年(昭和27年)に再来日。アメリカ大使館に陸軍犯罪捜査局 (CID) の情報員(通訳の助手)として勤務する。アメリカ軍関係の仕事の一環として、当時勃発していた朝鮮戦争による戦災孤児に英語を教えるために、日本でわずか10ヶ月で朝鮮語をマスターし、すぐ韓国の板門店に出向き、1年2ヶ月間に渡って子供たちに英語を教えた。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た演歌

    喜多川本人は「演歌好き」とのことで、紅白歌合戦から北島三郎が2013年限りで勇退したのを始め、年々演歌歌手が減る傾向があることに関して「大変寂しいこと」であると語っている。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見たオブザーバー (イギリスの新聞)

    また、『ニューヨーク・タイムズ』、『オブザーバー』などの世界各国のメディアでも取り上げられ、この問題をタブー視するなどして報道しない日本のマスメディアの姿勢を指摘した。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た東京新聞

    姉のメリーは、1950年代から四谷三丁目の円通寺坂入口右手の角にあった「スポット」という名のカウンターバーを経営しており、バーの客だった東京新聞記者(後に作家)の藤島泰輔と内縁関係となった(1972年の藤島泰輔の離婚成立後結婚)。ジャニーがジャニーズ事務所を興すとバーを閉店し、事務所の経理を担当するようになった。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た菊田一夫演劇賞

    2003年(平成15年)、菊田一夫演劇賞「特別賞」受賞。授賞式には堂本光一を代理人として行かせた。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た少年愛

    ジャニーが同性愛者(少年愛、ペドフィリア)であり、事務所に所属する男性タレントに対して猥褻な行為を行っているとの噂は、1960年代から散発的に報道されていた。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た中華人民共和国

    2012年5月3日に中国への進出を報道陣の前で表明するも結局頓挫した。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た宝塚市

    などを出版した。1988年 - 1989年に『噂の眞相』がこの問題を数回取り上げた。なお、自民党衆議院議員(当時)・阪上善秀(元・宝塚市長)が2000年(平成12年)4月13日にこの問題を衆議院で取り上げている。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見たプロモーター

    ジャニー 喜多川(ジャニー きたがわ、Johnny H. Kitagawa、本名: ジョン・ヒロム・キタガワ (John Hiromu Kitagawa)、漢字表記: 喜多川 擴〈きたがわ ひろむ〉、1931年〈昭和6年〉10月23日 - )は、日本の実業家・芸能プロモーター・音楽プロデューサーで、ジャニーズ事務所、ジェイ・ドリーム、ジャニーズ出版、ヤング・コミュニケーション、つづきスタジオの社長である。アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス市生まれの日本人。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

83件中 61 - 70件表示

「ジャニー喜多川」のニューストピックワード