71件中 31 - 40件表示
  • Ken's Bar III

    Ken's Bar IIIから見たジャミロクワイジャミロクワイ

    Virtual Insanity - ジャミロクワイの1996年の楽曲。アルバム『Travelling Without Moving』収録曲。Ken's Bar III フレッシュアイペディアより)

  • シンクロナイズド (ジャミロクワイのアルバム)

    シンクロナイズド (ジャミロクワイのアルバム)から見たジャミロクワイジャミロクワイ

    『シンクロナイズド』 (Synkronized) は、ジャミロクワイの4枚目のスタジオ・アルバム。シンクロナイズド (ジャミロクワイのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 武藤眞志

    武藤眞志から見たジャミロクワイジャミロクワイ

    クラリオン『クラリオン』(出演 : ジャミロクワイ武藤眞志 フレッシュアイペディアより)

  • 森広隆

    森広隆から見たジャミロクワイジャミロクワイ

    好きなミュージシャンはジェームス・ブラウン、スティーヴィー・ワンダー、ジャミロクワイ、Char。南国好きであり、沖縄県の波照間島に長期滞在した。お酒が好きでライブの最中に飲酒することがあり、アコースティック中心のライブ「Mellow Tones」では沖縄の焼酎於茂登(おもと)を観客に勧めていた。森広隆 フレッシュアイペディアより)

  • ジギー・スターダスト (曲)

    ジギー・スターダスト (曲)から見たジャミロクワイジャミロクワイ

    デフ・レパードはアコースティック・バージョンでカバーし、1996年、シングル「Slang」B面にアコースティックのライブ・バージョンが収録された。その他、米国のバンドAndrew Jackson Jihad、米国のバンドMargot & the Nuclear So and So's、ウェールズのサイケバンドSendelica、元ジャミロクワイのニック・ファイフらによるバンドThe Temperance Movementなどがカバーを発表した。ジギー・スターダスト (曲) フレッシュアイペディアより)

  • asobius

    asobiusから見たジャミロクワイジャミロクワイ

    ジャミロクワイ』 などのアシッドジャズが自身の音楽性のルーツと述べている。asobius フレッシュアイペディアより)

  • anderlust

    anderlustから見たJamiroquaiジャミロクワイ

    とっさの時に英語が出てくる癖が抜けないので、曲を書くときも最初は英語詞を付けている。日本語の歌詞も書こうと思えば書けるが、海外で幼少期を過ごしたときに聴いていた音楽の影響で、自分の中から自然に出てくるのは洋楽らしい表現である。音楽的ルーツはBlur、Jamiroquai、Oasis、The Beatlesといった洋楽のバンドで、リスペクトするアーティストは椎名林檎。12、3歳の頃に既存の曲を自分なりに編曲したものを友人に聞かせたところ、感動してもらえたのをきっかけに音楽家を目指すようになった。anderlust フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ジョンソン

    ブライアン・ジョンソンから見たジャミロクワイジャミロクワイ

    2009年7月26日、BBCのテレビ番組『トップ・ギア』内の人気コーナー「Star in a Reasonably Priced Car」に登場した。このときはシボレー・ラセッティ(日本ではシボレー・オプトラ)で1分45秒9のタイムを出し、サイモン・コーウェル、ケヴィン・マクロードと同タイムで2位となり、1位となったジャミロクワイのジェイ・ケイには0.1秒及ばなかった。この番組で司会のジェレミー・クラークソンは、「ビートルズよりたくさんアルバムを売ってきた男、だがきっと(視聴者の)どなたも名前を聞いたことはない...」とジョンソンを紹介した。なおこのタイムは結局2009年の同コーナーにおけるトップタイムとなり、2010年1月の放送ではジョンソンに最速ドライバーとしてトロフィーが渡されたが、トロフィーに記載された名前が「Brain Johnson」と誤植されるというオチがついている。ブライアン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷系

    渋谷系から見たジャミロクワイジャミロクワイ

    同時期に欧米などでもマニアックなレコード店やクラブを中心にこうした多様な音楽を消費する環境が生まれていたため、渋谷系的な音楽シーンは1990年代前半に各国で相次いで登場した。モーマスやステレオラブ、セイント・エティエンヌ、ディミトリ・フロム・パリ(Dimitri from Paris)、ジャミロクワイ、カーディガンズなどのアーティストは、日本では渋谷系と共通するリスナーから支持され、逆に渋谷系アーティストも欧米のインディーズ・シーンに盛んに紹介された。1990年代半ば以降、渋谷系音楽はアニメ、漫画、ゲームなど日本のポップカルチャーのブームの中、海外の青少年に局地的に受け入れられた。渋谷系 フレッシュアイペディアより)

  • 大沢伸一

    大沢伸一から見たジャミロクワイジャミロクワイ

    2002年、日本人アーティストとして唯一となる、FIFAワールドカップ公式アルバム「FEVER PITCH」への楽曲提供を試みる。また、ジャミロクワイの楽曲のリミックスを担当。こちらは日本人アーティストとして初となった。また、この年にbirdがREALEYESレーベルから卒業。大沢伸一 フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示

「ジャミロクワイ」のニューストピックワード