46件中 11 - 20件表示
  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たソニー・ミュージックエンタテインメント (米国)

    アシッドジャズ・レコーズから1992年にリリースされたファーストシングル「いつになったら気づくんだい 」はロンドンのクラブシーンに強烈なインパクトをもたらした。結果ジャミロクワイは、新人としては異例のアルバム8作の契約をソニー・ミュージックと結ぶ。そして1993年にファーストアルバム『ジャミロクワイ 』、続く1994年にはセカンドアルバム『スペース・カウボーイの逆襲 』をリリースする。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たジェイソン・ケイ

    シンガーソングライターのジェイソン・ケイ(ジェイ・ケイ、)がバンドメンバーを集め、1992年にデビュー。アーティスト名はアメリカ・インディアンのイロコイ族にちなみ 、バッファローの角が生えた少年のロゴと共に、ケイが考案。レコード会社が契約したのがバンドを除外したケイのみで、もとより契約上はジャミロクワイという名のソロアーティストである。そのためケイ一人が前面に出てジャミロクワイ自体の責任を負うが、バンド形態をとる。バンドメンバーはケイとの間にバンド契約を結んでいる。ファーストシングルから現在までにすべての楽器パートにおいてバンドメンバーは入れ替わっている。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たコーデュロイ (バンド)

    ジャミロクワイ は、イギリスのアーティスト。アシッドジャズの世界では最も成功したグループのひとつ。その初期の音楽活動においてインコグニート、ブラン・ニュー・ヘヴィーズ、ガリアーノ、コーデュロイ等のロンドンを本拠地とした面々と共に、1990年代始めのアシッドジャズ界を代表するものとなった。その後のアルバムは、ポップ、ロック、エレクトロニカ等ジャンルを限定しないもので、以前とは違った音楽的方面を模索してきた。世界中で3500万枚以上の売り上げがある。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たスチュワート・ゼンダー

    1987年頃からドラムマシンのみでギグをしていたケイが、最初期曲「Natural Energy」を数枚のみプレスした1989年の時点で「バッファローマン(日本ではメディシンマンとも呼ばれた)」のロゴは存在し、既にジャミロクワイ構想があったことがうかがえる。ディジリドゥ奏者のウォリス・ブキャナンはその頃から側にいた友人であった。発掘したレア・グルーヴで踊る当時のクラブシーンに浸るようになり、ブラン・ニュー・ヘヴィーズのボーカルオーディションを受けるが落選。しかしそこからケイ独自の音楽の追求をアシッド・ジャズが人脈をあげてバックアップしたようで、シーンのミュージシャン達(含ブランニューヘヴィーズ等)を借りるなどしてライブ活動を拡げることができていた。デビューするにあたり自前の奏者が必要となり、もともとはアシッド・ハウスで活動していたキーボードのトビー・スミスは1992年、パンク・バンド歴のあるベースのスチュアート・ゼンダーはファーストシングルリリース以降のオーディションで、それぞれ加入させた形である。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たブランニューヘヴィーズ

    1987年頃からドラムマシンのみでギグをしていたケイが、最初期曲「Natural Energy」を数枚のみプレスした1989年の時点で「バッファローマン(日本ではメディシンマンとも呼ばれた)」のロゴは存在し、既にジャミロクワイ構想があったことがうかがえる。ディジリドゥ奏者のウォリス・ブキャナンはその頃から側にいた友人であった。発掘したレア・グルーヴで踊る当時のクラブシーンに浸るようになり、ブラン・ニュー・ヘヴィーズのボーカルオーディションを受けるが落選。しかしそこからケイ独自の音楽の追求をアシッド・ジャズが人脈をあげてバックアップしたようで、シーンのミュージシャン達(含ブランニューヘヴィーズ等)を借りるなどしてライブ活動を拡げることができていた。デビューするにあたり自前の奏者が必要となり、もともとはアシッド・ハウスで活動していたキーボードのトビー・スミスは1992年、パンク・バンド歴のあるベースのスチュアート・ゼンダーはファーストシングルリリース以降のオーディションで、それぞれ加入させた形である。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見た椎間板ヘルニア

    2017年、5月予定の単独日本公演がケイの急性椎間板ヘルニアのためにキャンセルされ、振替公演が9月に日本武道館で敢行された。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たサマーソニック

    2012年にはサマーソニック出演のため来日。ケイの体調不良のため大阪会場出演がキャンセルされ、東京会場のみの披露となった。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たベストアルバム

    2006年 ハイ・タイムス: シングルズ 1992-2006 High Times: Singles 1992-2006(ベスト盤ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たユニバーサルミュージック

    2009年に、ユニバーサルミュージック傘下のマーキュリー・レーベルと契約を結び、2010年11月に7作目のアルバム『ロック・ダスト・ライト・スター(Rock Dust Light Star)』を発売。長期に及んだRock Dust Light Starツアーの後、ヴィンテージ・ロックテイストを取り入れた前作とは反転してエレクトロ・ファンク色を強めた8作目『オートマトン(Automaton)』が、2017年に発売された。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たラッキー・ヴォイス

    日本でのテレビ露出は、NHKBSでは初期の来日ライブが放映されるなどしていたが、地上波では1990年代のフジテレビ系子供番組ウゴウゴルーガのEDに採用されたのが初めてになる。1997年頃ソニーのMDイメージキャラクターに起用され、フジテレビの音楽番組「HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP」に出演したり、2004年の6月頃からドワンゴのいろメロミックスのCMに、ケイ自ら所有するフェラーリと共に出演したりした。日本文化好きとしても知られ、ロンドン市内のソーホーにあるカラオケラウンジ「ラッキー・ヴォイス」に度々訪れている。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

46件中 11 - 20件表示

「ジャミロクワイ」のニューストピックワード

  • 域外国の軍事的圧力に対して、われわれは自衛権を持っている

  • アジア太平洋経済協力会議首脳会議