46件中 21 - 30件表示
  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たアシッドジャズ

    ジャミロクワイ は、イギリスのアーティスト。アシッドジャズの世界では最も成功したグループのひとつ。その初期の音楽活動においてインコグニート、ブラン・ニュー・ヘヴィーズ、ガリアーノ、コーデュロイ等のロンドンを本拠地とした面々と共に、1990年代始めのアシッドジャズ界を代表するものとなった。その後のアルバムは、ポップ、ロック、エレクトロニカ等ジャンルを限定しないもので、以前とは違った音楽的方面を模索してきた。世界中で3500万枚以上の売り上げがある。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たフェラーリ・F40

    ボーカルのジェイ・ケイは熱烈な自動車マニア、特にイタリアのフェラーリのマニアとしても知られ、1996年の『トラベリング・ウィズアウト・ムービング?ジャミロクワイと旅に出よう? 』のジャケットではフェラーリのエンブレムを模したデザインを採用し、フェラーリに対して多額の使用料を支払ったと報じられたほか、『コスミック・ガール』のPVには自らが所有する「F40」と「F355」を登場させた。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たフェラーリ・ラ フェラーリ

    さらにその後も「ラ フェラーリ」などの最新の限定モデルを買い足すほか、マラネッロの本社にもたびたび訪問し、フェラーリのオーナーズマガジンへの紙面にも登場している。また2017年9月にマラネッロの同社本社内で行われた同社の70周年記念式典では野外ライブを行った。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たフェラーリ・F355

    ボーカルのジェイ・ケイは熱烈な自動車マニア、特にイタリアのフェラーリのマニアとしても知られ、1996年の『トラベリング・ウィズアウト・ムービング?ジャミロクワイと旅に出よう? 』のジャケットではフェラーリのエンブレムを模したデザインを採用し、フェラーリに対して多額の使用料を支払ったと報じられたほか、『コスミック・ガール』のPVには自らが所有する「F40」と「F355」を登場させた。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たトヨタ・カローラフィールダー

    シングル「ヴァーチャル・インサニティ 」は、2010年頃日清食品「カップヌードル」のテレビCMでも使用されたプロモーションビデオによって日本でも広く知られ、動く床と戯れるように歌うケイの姿が強烈なインパクトを残すもので、1998年の米MTV Video Music Awardsで4部門を受賞している(実際には床ではなく壁が動いている)。当楽曲は現在でも人気が高く、2017年10月にはトヨタ自動車「カローラフィールダー」のCMソングに起用された。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見た日本武道館

    2017年、5月予定の単独日本公演がケイの急性椎間板ヘルニアのためにキャンセルされ、振替公演が9月に日本武道館で敢行された。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たレア・グルーヴ

    1987年頃からドラムマシンのみでギグをしていたケイが、最初期曲「Natural Energy」を数枚のみプレスした1989年の時点で「バッファローマン(日本ではメディシンマンとも呼ばれた)」のロゴは存在し、既にジャミロクワイ構想があったことがうかがえる。ディジリドゥ奏者のウォリス・ブキャナンはその頃から側にいた友人であった。発掘したレア・グルーヴで踊る当時のクラブシーンに浸るようになり、ブラン・ニュー・ヘヴィーズのボーカルオーディションを受けるが落選。しかしそこからケイ独自の音楽の追求をアシッド・ジャズが人脈をあげてバックアップしたようで、シーンのミュージシャン達(含ブランニューヘヴィーズ等)を借りるなどしてライブ活動を拡げることができていた。デビューするにあたり自前の奏者が必要となり、もともとはアシッド・ハウスで活動していたキーボードのトビー・スミスは1992年、パンク・バンド歴のあるベースのスチュアート・ゼンダーはファーストシングルリリース以降のオーディションで、それぞれ加入させた形である。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たジャズ・ファンク

    1996年に発売したサード・アルバム『トラベリング・ウィズアウト・ムービング?ジャミロクワイと旅に出よう? 』は全世界で700万枚、日本で140万枚を売り上げ、ジャズ・ファンク系バンドのアルバムとしては最大のヒット作となった。最も売れたファンクアルバムとしてのギネス記録、「ヴァーチャル・インサニティ」では米グラミー賞の best pop performance by a duo or group を獲得している。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見た日本文化

    日本でのテレビ露出は、NHKBSでは初期の来日ライブが放映されるなどしていたが、地上波では1990年代のフジテレビ系子供番組ウゴウゴルーガのEDに採用されたのが初めてになる。1997年頃ソニーのMDイメージキャラクターに起用され、フジテレビの音楽番組「HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP」に出演したり、2004年の6月頃からドワンゴのいろメロミックスのCMに、ケイ自ら所有するフェラーリと共に出演したりした。日本文化好きとしても知られ、ロンドン市内のソーホーにあるカラオケラウンジ「ラッキー・ヴォイス」に度々訪れている。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たパンク・バンド

    1987年頃からドラムマシンのみでギグをしていたケイが、最初期曲「Natural Energy」を数枚のみプレスした1989年の時点で「バッファローマン(日本ではメディシンマンとも呼ばれた)」のロゴは存在し、既にジャミロクワイ構想があったことがうかがえる。ディジリドゥ奏者のウォリス・ブキャナンはその頃から側にいた友人であった。発掘したレア・グルーヴで踊る当時のクラブシーンに浸るようになり、ブラン・ニュー・ヘヴィーズのボーカルオーディションを受けるが落選。しかしそこからケイ独自の音楽の追求をアシッド・ジャズが人脈をあげてバックアップしたようで、シーンのミュージシャン達(含ブランニューヘヴィーズ等)を借りるなどしてライブ活動を拡げることができていた。デビューするにあたり自前の奏者が必要となり、もともとはアシッド・ハウスで活動していたキーボードのトビー・スミスは1992年、パンク・バンド歴のあるベースのスチュアート・ゼンダーはファーストシングルリリース以降のオーディションで、それぞれ加入させた形である。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

46件中 21 - 30件表示

「ジャミロクワイ」のニューストピックワード

  • 域外国の軍事的圧力に対して、われわれは自衛権を持っている

  • アジア太平洋経済協力会議首脳会議