46件中 31 - 40件表示
  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たイギリス

    ジャミロクワイ は、イギリスのアーティスト。アシッドジャズの世界では最も成功したグループのひとつ。その初期の音楽活動においてインコグニート、ブラン・ニュー・ヘヴィーズ、ガリアーノ、コーデュロイ等のロンドンを本拠地とした面々と共に、1990年代始めのアシッドジャズ界を代表するものとなった。その後のアルバムは、ポップ、ロック、エレクトロニカ等ジャンルを限定しないもので、以前とは違った音楽的方面を模索してきた。世界中で3500万枚以上の売り上げがある。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たMTV Video Music Awards

    シングル「ヴァーチャル・インサニティ 」は、2010年頃日清食品「カップヌードル」のテレビCMでも使用されたプロモーションビデオによって日本でも広く知られ、動く床と戯れるように歌うケイの姿が強烈なインパクトを残すもので、1998年の米MTV Video Music Awardsで4部門を受賞している(実際には床ではなく壁が動いている)。当楽曲は現在でも人気が高く、2017年10月にはトヨタ自動車「カローラフィールダー」のCMソングに起用された。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たアシッド・ハウス

    1987年頃からドラムマシンのみでギグをしていたケイが、最初期曲「Natural Energy」を数枚のみプレスした1989年の時点で「バッファローマン(日本ではメディシンマンとも呼ばれた)」のロゴは存在し、既にジャミロクワイ構想があったことがうかがえる。ディジリドゥ奏者のウォリス・ブキャナンはその頃から側にいた友人であった。発掘したレア・グルーヴで踊る当時のクラブシーンに浸るようになり、ブラン・ニュー・ヘヴィーズのボーカルオーディションを受けるが落選。しかしそこからケイ独自の音楽の追求をアシッド・ジャズが人脈をあげてバックアップしたようで、シーンのミュージシャン達(含ブランニューヘヴィーズ等)を借りるなどしてライブ活動を拡げることができていた。デビューするにあたり自前の奏者が必要となり、もともとはアシッド・ハウスで活動していたキーボードのトビー・スミスは1992年、パンク・バンド歴のあるベースのスチュアート・ゼンダーはファーストシングルリリース以降のオーディションで、それぞれ加入させた形である。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たアシッド・ジャズ

    1987年頃からドラムマシンのみでギグをしていたケイが、最初期曲「Natural Energy」を数枚のみプレスした1989年の時点で「バッファローマン(日本ではメディシンマンとも呼ばれた)」のロゴは存在し、既にジャミロクワイ構想があったことがうかがえる。ディジリドゥ奏者のウォリス・ブキャナンはその頃から側にいた友人であった。発掘したレア・グルーヴで踊る当時のクラブシーンに浸るようになり、ブラン・ニュー・ヘヴィーズのボーカルオーディションを受けるが落選。しかしそこからケイ独自の音楽の追求をアシッド・ジャズが人脈をあげてバックアップしたようで、シーンのミュージシャン達(含ブランニューヘヴィーズ等)を借りるなどしてライブ活動を拡げることができていた。デビューするにあたり自前の奏者が必要となり、もともとはアシッド・ハウスで活動していたキーボードのトビー・スミスは1992年、パンク・バンド歴のあるベースのスチュアート・ゼンダーはファーストシングルリリース以降のオーディションで、それぞれ加入させた形である。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たアメリカ合衆国

    2007年よりカーオーディオメーカー、クラリオンのイメージキャラクターに起用され、ケイが出演するイメージビデオを制作。映像はそのままCMとして日本の他アメリカでも放送され、2008年も引き続き同社のイメージキャラクターとしてCMに出演した。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP

    日本でのテレビ露出は、NHKBSでは初期の来日ライブが放映されるなどしていたが、地上波では1990年代のフジテレビ系子供番組ウゴウゴルーガのEDに採用されたのが初めてになる。1997年頃ソニーのMDイメージキャラクターに起用され、フジテレビの音楽番組「HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP」に出演したり、2004年の6月頃からドワンゴのいろメロミックスのCMに、ケイ自ら所有するフェラーリと共に出演したりした。日本文化好きとしても知られ、ロンドン市内のソーホーにあるカラオケラウンジ「ラッキー・ヴォイス」に度々訪れている。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たイタリア

    ボーカルのジェイ・ケイは熱烈な自動車マニア、特にイタリアのフェラーリのマニアとしても知られ、1996年の『トラベリング・ウィズアウト・ムービング?ジャミロクワイと旅に出よう? 』のジャケットではフェラーリのエンブレムを模したデザインを採用し、フェラーリに対して多額の使用料を支払ったと報じられたほか、『コスミック・ガール』のPVには自らが所有する「F40」と「F355」を登場させた。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見た自動車

    ボーカルのジェイ・ケイは熱烈な自動車マニア、特にイタリアのフェラーリのマニアとしても知られ、1996年の『トラベリング・ウィズアウト・ムービング?ジャミロクワイと旅に出よう? 』のジャケットではフェラーリのエンブレムを模したデザインを採用し、フェラーリに対して多額の使用料を支払ったと報じられたほか、『コスミック・ガール』のPVには自らが所有する「F40」と「F355」を登場させた。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たインストゥルメンタル

    1999年に4thアルバム『シンクロナイズド(Synkronized)』が発売される。前作の大きな成功の後で立場と権利の不満を表明するメンバーがリリース直前で脱退、そのため録音のやり直しで半年遅れの発売となるなど、波乱を含んだものだった。これまでレコード会社によるプロデュースを突っぱね自分のバンドを固持してきたケイだが、続く5thアルバム『ファンクオデッセイ(A Funk Odyssey)』(2001年)ではソロアーティストとしてのジャミロクワイが模索された。DJやディジリドゥのパート、アルバムのインストゥルメンタル曲がなくなり、これまでのアシッド・ジャズ・バンドサウンドとは異なる新しい音はフューチャー・ファンク・サウンドのさきがけとなるものであったが、従来からのファンの間では当時、物議をかもした。盛況のワールドツアーで精力的にライブ活動を行う中、家庭のためトビー・スミスが脱退し、次の6作目『ダイナマイト(Dynamite)』(2005年)ではファーストアルバム時とは全て置き換わったバンドメンバーとのアルバム制作となった。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミロクワイ

    ジャミロクワイから見たインディアン

    シンガーソングライターのジェイソン・ケイ(ジェイ・ケイ、)がバンドメンバーを集め、1992年にデビュー。アーティスト名はアメリカ・インディアンのイロコイ族にちなみ 、バッファローの角が生えた少年のロゴと共に、ケイが考案。レコード会社が契約したのがバンドを除外したケイのみで、もとより契約上はジャミロクワイという名のソロアーティストである。そのためケイ一人が前面に出てジャミロクワイ自体の責任を負うが、バンド形態をとる。バンドメンバーはケイとの間にバンド契約を結んでいる。ファーストシングルから現在までにすべての楽器パートにおいてバンドメンバーは入れ替わっている。ジャミロクワイ フレッシュアイペディアより)

46件中 31 - 40件表示

「ジャミロクワイ」のニューストピックワード

  • 域外国の軍事的圧力に対して、われわれは自衛権を持っている

  • アジア太平洋経済協力会議首脳会議