前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示
  • 2011年の航空

    2011年の航空から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    (便名変更) JALエクスプレス (JEX,JC)(大阪府池田市)が、「共同引受」により、日本航空インターナショナル(現・日本航空)便名(JAL,JL)に変更。2011年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪国際空港

    大阪国際空港から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    2009年3月20日、仙台発大阪行JALエクスプレス2200便が大阪国際空港に着陸しようとしたが、この時、離陸に向け待機していた大阪発羽田行全日空18便が同じ滑走路に進入。このため、JALエクスプレス機は、管制官の指示を受けた上で着陸を断念し再上昇。管制官から指示された便名を、全日空機が聞き違えたことが原因の可能性がある。大阪国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 日本トランスオーシャン航空

    日本トランスオーシャン航空から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    2007年4月1日:日本トランスオーシャン航空、日本航空インターナショナル、日本アジア航空、JALウェイズ、JALエクスプレス、ジェイ・エアが『ワンワールド』に正式加盟・サービス開始。日本トランスオーシャン航空 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空

    日本航空から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    2007年4月1日 - 日本航空インターナショナル、日本アジア航空、JALウェイズ、JALエクスプレス、ジェイエア、日本トランスオーシャン航空が「ワンワールド」に正式加盟・サービス開始。「ワンワールド」塗装の航空機を運航。日本航空 フレッシュアイペディアより)

  • エクスプレス

    エクスプレスから見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    JALエクスプレス - JALグループの航空会社エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • ジェットでGO!2

    ジェットでGO!2から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    YS-11以外は機体記号が、ダグラス DC-10-40・ボーイング 767-300・DC-8-61はマーキングが、ボーイング 737-400は日本トランスオーシャン航空とJALエクスプレスの機体にそれぞれ変更できる。ジェットでGO!2 フレッシュアイペディアより)

  • ジェットでGO!

    ジェットでGO!から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    ボーイング737-400(JALエクスプレス塗装とJALフラワージェット各色が選択できる)ジェットでGO! フレッシュアイペディアより)

  • 藤明里

    藤明里から見たジャルエクスプレスJALエクスプレス

    藤 明里(ふじ あり 1968年- )は、旅客機の機長、教官操縦士。旧ジャルエクスプレス(JEX)に入社、2010年7月、日本国内で初めて、旅客機の女性機長となる。副操縦士の期間を合わせると11年にわたり飛行時間通算5,500時間あまりの実績を築いた。藤明里 フレッシュアイペディアより)

  • 桐朋女子中学校・高等学校

    桐朋女子中学校・高等学校から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    藤明里 - 日本初の旅客機女性機長、JALエクスプレス操縦士桐朋女子中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ボンバルディア機の航空事故とインシデント

    ボンバルディア機の航空事故とインシデントから見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    同年7月23日にジャルエクスプレス2200便のダグラス MD-81 (DC-9-81)が大阪国際空港へ着陸し、駐機場に向かっていたところ、JAC2400便のQ402が着陸許可を受けて同じ滑走路へ進入中であったが、管制官の指示を受けて復行したため衝突の危険は回避された。運輸安全委員会の調査によると、DC-9-81は管制官からの待機指示を聞き取れず、管制官も復唱において誤りに気付かなかったため、DC-9-81は滑走路を横断して駐機場への移動を始め、既に着陸許可を受けていたQ402が同じ滑走路に着陸を試みる状況となったと発表した。ボンバルディア機の航空事故とインシデント フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示