25件中 11 - 20件表示
  • 原田知恵

    原田知恵から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    大学卒業後には、JALウィング(現株式会社JALスカイ関西)航務部でのグランドスタッフや、JALエクスプレスでの契約制客室乗務員などを経験した。2003年(平成15年)4月、テレビ大阪の契約アナウンサーとなり、2006年(平成18年)3月まで務めた。プロ野球・阪神タイガースのファンである。原田知恵 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737 クラシック

    ボーイング737 クラシックから見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    -400型は日本航空(JAL)、JALエクスプレス(JEX、現在は日本航空に吸収合併)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、エアーニッポン(ANK、現在は全日本空輸に吸収合併)、AIRDO(ADO)、ソラシドエア(SNJ)に導入されている。このうち新造機として導入した会社はJAL・JEX・JTAの3社である。ボーイング737 クラシック フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空の歴史

    日本航空の歴史から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    しかし、国内外のホテルなどの余剰資産の売却や共同運航便やコードシェア便の増加、契約制客室乗務員制度の導入などによる人件費の削減、中東路線や南回りヨーロッパ線などの不採算路線の廃止、JALウェイズやJALエクスプレスなどの低コスト運航を行う子会社を設立し収益性の低い路線の運航を移管するなどの事業再構築を行った上、1994年にはホノルルや沖縄、オーストラリアなどのリゾート路線向けに「リゾッチャ」などのキャンペーンを導入し個人旅行客の取り込みや、円高による海外渡航者の回復などで1990年代半ばには経営状況が回復する。日本航空の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • SKYWARD

    SKYWARDから見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    JALエクスプレス-「JEXレター」(季刊、同社が2014年10月に日本航空に吸収されたため廃刊)SKYWARD フレッシュアイペディアより)

  • ジェイエア

    ジェイエアから見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    2007年2月6日 : 「2007 - 2010年度 JALグループ再生中期プラン」によると、日本航空グループによる国内線のうち、ジェイエアとJALエクスプレス (JEX) の占める運航便数の割合を、2010年までに現在の約15%から、約26%以上に増やす計画が発表、さらに2008年2月29日発表の2008 - 2010年度プランでは、その数が45%以上に増えることになった。ジェイエア フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空の運航機材

    日本航空の運航機材から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    ボーイング737-800 41機 …ボーイング社の次世代小型航空機で、国内線ではマクドネル・ダグラス社の機材と置き換えられており、マグドネル・ダグラスMD-90/MD-81型機よりも座席数は増加しているが、その一方で燃費が向上しており収益性が高い。2008年4月からはJALエクスプレス所属機としての導入が行われた。JALエクスプレス所属機については、2014年10月のJALエクスプレスの日本航空への吸収合併により、全機が日本航空に移籍している。主に羽田発着便として165席仕様(クラスJ:20席/エコノミー:145席)で運航中である。この機種のJA337Jが、同機種における現行鶴丸塗装の初号機となり、東日本大震災後の仙台空港初便である、羽田→仙台便にアサインされた。更に2016年2月からは日本トランスオーシャン航空にも順次導入中。基本的な仕様と座席配置はJAL本体と共通。日本航空の運航機材 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪国際空港

    大阪国際空港から見たジャルエクスプレスJALエクスプレス

    2009年4月22日、午前10時40分頃、ジャルエクスプレス(日本航空系)新潟発JAL2242便(MD81型、乗客乗員計168人)が、同空港に着陸する際、機体が傾斜し、左主翼が滑走路に接触。滑走路上に主翼のライトの破片などが散乱し、滑走路が約1時間に亘り閉鎖された。大阪国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空 (持株会社)

    日本航空 (持株会社)から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    JALエクスプレス (JEX) - 2014年10月1日、日本航空に吸収合併。日本航空 (持株会社) フレッシュアイペディアより)

  • 客室乗務員

    客室乗務員から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    女性客室乗務員制服のスカート丈の長さは航空会社によってまちまちである。一般的には極標準のスカート丈、次いで多いのがロングスカートである。ミニスカート並に短いスカートを制服として採用している航空会社は実際にはほとんどなく、日本では現在1社も存在しない(かつてJALエクスプレスがミニスカートに近い制服を採用したところ、一部の女性客室乗務員がそれをさらに短い丈に細工し乗務したため、社内および乗客から「スカートが短すぎる」とのクレームがあり、その後丈が長いものに変更されたという経緯がある)。客室乗務員 フレッシュアイペディアより)

  • マクドネル・ダグラス DC-9

    マクドネル・ダグラス DC-9から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    MD-88型では部分的ながらグラスコックピットを取り入れている。MD-87型を除き、-50型より4.34m胴体が長くなっている。MD-80シリーズは後継のMD-90型機登場後も1999年まで生産が続けられ、このシリーズのみでも1191機に達した。当時の日本エアシステムは東亜国内航空時代に導入したDC-9に続き、MD-81とMD-87を導入。日本航空との合併後も地方路線で活躍した。MD-81はJALエクスプレスへの移管が進められ2010年9月30日の運航で引退となった。マクドネル・ダグラス DC-9 フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示