33件中 21 - 30件表示
  • 日本トランスオーシャン航空

    日本トランスオーシャン航空から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    2007年4月1日 日本トランスオーシャン航空、日本航空インターナショナル、日本アジア航空、JALウェイズ、JALエクスプレス、ジェイ・エアが『ワンワールド』に正式加盟・サービス開始。日本トランスオーシャン航空 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎空港

    長崎空港から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    日本航空 (JAL) : JALエクスプレス、ジェイエアの機材・乗務員で運航する便あり長崎空港 フレッシュアイペディアより)

  • DC-9

    DC-9から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    DC-9-50型の胴体をさらに延長、あわせて主翼も付け根と翼端で延長して全体に大型化し、当時もっとも市場のシェアを得ていたボーイング727の代替を狙ったモデルがMD-80シリーズである。ボーイング727-200型と比較し、乗客数はほぼ同じであるのにパイロットは2人で済み、燃費や騒音面でも勝っていた為たちまちベストセラーとなり、ボーイング727の生産終了を決定づけたとも言われる。当初はDC-9スーパー80と呼ばれていたが、これは後にMD-81に改称、以降は-航続距離を伸ばすなどして-82/-83/-88型と発展し、さらに胴短のMD-87型を含めシリーズを構成した。それらのバージョンは当時のベストセラーエンジンであったJT8D型シリーズのエンジンを大幅にアップグレードした、強力かつ低燃費で低騒音なJT8D-(200)型シリーズ・エンジンを搭載している。そのほかに操縦室の電子機器向上を行った。MD-88型では部分的ながらグラスコクピットを取り入れている。MD-87型を除き、-50型より4.34m胴体が長くなっている。MD-80シリーズは後継のMD-90型機登場後も1999年まで生産が続けられ、このシリーズのみでも1191機に達した。当時の日本エアシステムは東亜国内航空時代に導入したDC-9に続き、MD-81とMD-87を導入。日本航空との合併後も地方路線で活躍した。MD-81はJALエクスプレスへの移管が進められ2010年9月30日の運航で引退となった。DC-9 フレッシュアイペディアより)

  • 高知空港

    高知空港から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    日本航空 (JAL) : ジェイエア、JALエクスプレスの機材・乗務員で運航する便あり高知空港 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本空港

    熊本空港から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    日本航空 (JAL) : ジェイエア、JALエクスプレスの機材・乗務員で運航する便あり熊本空港 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイエア

    ジェイエアから見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    2007年2月6日、「2007 - 2010年度 JALグループ再生中期プラン」によると、日本航空グループによる国内線のうち、ジェイエアとJALエクスプレス (JEX) の占める運航便数の割合を、2010年までに現在の約15%から、約26%以上に増やす計画が発表、さらに2008年2月29日発表の2008 - 2010年度プランでは、その数が45%以上に増えることになった。ジェイエア フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県

    熊本県から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    日本航空(JAL)、JALエクスプレス(JEX)、ジェイエア(JLJ)、全日本空輸(ANA)、フジドリームエアラインズ(FDA)、スカイネットアジア航空(SNA)、天草エアライン(AMX)、スカイマーク(SKY)、アシアナ航空(OZ)が就航している。熊本県 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    -400型は-300型の胴体延長型で、日本では日本トランスオーシャン航空(JTA)やスカイネットアジア航空(SNA)、JALエクスプレス(JEX)に導入されている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空の運航機材

    日本航空の運航機材から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    ボーイング 737-800 40機 …ボーイング社の次世代小型航空機で、国内線ではマクドネル・ダグラス社の機材(MDシリーズ)と置き換えられており、165席(クラスJ:20席/エコノミー:145席)と置換え対象のボーイング737-400やマグドネル・ダグラスMD-87/MD-81型機よりも座席数は増加しているが、その一方で燃費が向上しており収益性が高い。2008年4月からはJALエクスプレス所属機としての導入が進み、2013年1月現在、38機保有している。また、2009年12月には176席(普通席:176席)のモノクラス仕様が登場した。このタイプはJALエクスプレス機材として導入され、主に羽田発着便として運航している。この機種のJA337Jが、同機種鶴丸1号機となり、東日本大震災後の仙台空港初便である、羽田→仙台便にアサインされた。中期経営計画によると2012年度中に、モノクラス仕様機材にクラスJ座席を設置する改修を計画中である。日本航空の運航機材 フレッシュアイペディアより)

  • 池田市

    池田市から見たJALエクスプレスJALエクスプレス

    JALエクスプレス - 航空会社(登記上本店は東京都品川区)池田市 フレッシュアイペディアより)

33件中 21 - 30件表示