前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た日本航空

    株式会社ジャルエクスプレス(JAL Express Co., Ltd.)は、かつて存在した日本の航空会社で、日本航空の連結子会社であった。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た日本航空 (持株会社)

    JALエクスプレスは、JALグループのうち、東京国際空港(羽田空港)を拠点に同空港発着便を中心とした国内線地方路線運航を主業務としている会社であり、ボーイング737-800で、小規模路線や地方空港同士を結ぶ路線の運航を行っている。日本航空の合理化に伴い、羽田発着路線のボーイング737での運航が増加したことで、JALからの受託路線が多くなった。その影響で、2011年10月31日に本社および拠点空港を大阪国際空港(伊丹空港)から東京国際空港に移転させた。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た日本エアコミューター

    2014年3月26日、親会社の日本航空は当社を吸収合併すると発表し、2014年10月1日をもって日本航空に合併された。使用されていたIATA航空会社コードの「JC」は同じJALグループの日本エアコミューターが再使用している。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見たKIホールディングス

    ボーイング737-800 39機…クラスJ20席・普通席145席・計165席の国内線仕様(V30)。JALと共通運用を行っている。運航開始は2008年1月1日、JEX便での運航は2008年7月1日に開始。小糸工業のシート材防火偽装事件のあおりを受け、2009年12月から2011年6月までに導入された16機はすべて普通席の176席仕様で納機されたが、他社製の座席に切り替えることでクラスJ設置の165席仕様へ改修された。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た大阪国際空港

    JALエクスプレスは、JALグループのうち、東京国際空港(羽田空港)を拠点に同空港発着便を中心とした国内線地方路線運航を主業務としている会社であり、ボーイング737-800で、小規模路線や地方空港同士を結ぶ路線の運航を行っている。日本航空の合理化に伴い、羽田発着路線のボーイング737での運航が増加したことで、JALからの受託路線が多くなった。その影響で、2011年10月31日に本社および拠点空港を大阪国際空港(伊丹空港)から東京国際空港に移転させた。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見たボーイング737

    ボーイング737-400 8機…クラスJ20席・普通席125席・計145席の国内線仕様(V55)。1998年7月から2011年7月まで運航。全機JALから移管され導入。退役後は同じくJALグループの日本トランスオーシャン航空に全機転籍しているが、2015年1月現在でもJEX当時の塗装のままで引き続き運用されている機体が一部存在する。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た仙台空港

    大阪国際空港 - 成田国際空港、仙台空港、熊本空港、奄美空港、鹿児島空港JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た東京国際空港

    JALエクスプレスは、JALグループのうち、東京国際空港(羽田空港)を拠点に同空港発着便を中心とした国内線地方路線運航を主業務としている会社であり、ボーイング737-800で、小規模路線や地方空港同士を結ぶ路線の運航を行っている。日本航空の合理化に伴い、羽田発着路線のボーイング737での運航が増加したことで、JALからの受託路線が多くなった。その影響で、2011年10月31日に本社および拠点空港を大阪国際空港(伊丹空港)から東京国際空港に移転させた。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た中部国際空港

    中部国際空港 - 成田国際空港、新千歳空港JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た客室乗務員

    同社の客室乗務員は「スカイキャスト」と呼ばれ、2014年9月末現在ではJALグループ共通の制服を着用していたが(女性制服のスカーフのみ各社で違う)、2013年6月の制服改定以前は、JAL本体の紺色のジャケットと違い、赤色のジャケットを着用していた。スカイキャストは、通常の業務に加え、JAL本体や他社は外部委託する機内清掃なども行うことによって、費用削減(設立当初はコストの20%削減を目指した)と時間短縮をし、多頻度運航を行うものである。JALからの受託路線増加に伴い、羽田空港でもJEXの乗務員を目にする機会が増えた。2010年7月9日、日本初の女性機長が誕生したが、同年8月に、自社養成のパイロット訓練生として入社予定だった内定者26人に事実上の内定取り消しを言い渡していたことが報じられた。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示