35件中 11 - 20件表示
  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た成田国際空港

    大阪国際空港 - 成田国際空港、仙台空港、熊本空港、奄美空港、鹿児島空港JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た2009年

    なお、その運航安定性は高い評価を受けており、アメリカのConducive Technology社が行った2009年度の定時到着率の調査において、アジアの航空会社中第1位の認定を受けた。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た大阪空港交通

    機内誌としてJALグループ共通の『SKYWARD』。過去にJEXのスカイキャスト手作りの機内誌『JEXレター』(季刊)が用意されていた。JEXレターの一部記事は大阪空港交通の車内誌『Limo. press』にも転載されていた。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た日本エアシステム

    マクドネル・ダグラスMD-81 7機…クラスJなし・普通席163席・計163席の国内線仕様(N01)。2005年4月から2010年6月まで。同じくJALから移管され導入。機内のインテリアは日本エアシステム時代から改修されずに運用されていた。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た日本トランスオーシャン航空

    ボーイング737-400 8機…クラスJ20席・普通席125席・計145席の国内線仕様(V55)。1998年7月から2011年7月まで運航。全機JALから移管され導入。退役後は同じくJALグループの日本トランスオーシャン航空に全機転籍しているが、2015年1月現在でもJEX当時の塗装のままで引き続き運用されている機体が一部存在する。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見たジェイ・エア

    2011年3月27日から、JAL、ジェイ・エアとともに、共同引受による運航形態に変わり、JALエクスプレス運航便はJAL便としての運航となった。同じように全便JAL便として運航されるジェイ・エアと同じく、予約時および空港・機内での案内では一貫してJAL便としているが、機内アナウンスでは、JALエクスプレスによる運航である旨も周知されていた。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見たマクドネル・ダグラス MD-80

    マクドネル・ダグラスMD-81 7機…クラスJなし・普通席163席・計163席の国内線仕様(N01)。2005年4月から2010年6月まで。同じくJALから移管され導入。機内のインテリアは日本エアシステム時代から改修されずに運用されていた。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見たボーイング737 ネクストジェネレーション

    JALエクスプレスは、JALグループのうち、東京国際空港(羽田空港)を拠点に同空港発着便を中心とした国内線地方路線運航を主業務としている会社であり、ボーイング737-800で、小規模路線や地方空港同士を結ぶ路線の運航を行っている。日本航空の合理化に伴い、羽田発着路線のボーイング737での運航が増加したことで、JALからの受託路線が多くなった。その影響で、2011年10月31日に本社および拠点空港を大阪国際空港(伊丹空港)から東京国際空港に移転させた。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た機内誌

    機内誌としてJALグループ共通の『SKYWARD』。過去にJEXのスカイキャスト手作りの機内誌『JEXレター』(季刊)が用意されていた。JEXレターの一部記事は大阪空港交通の車内誌『Limo. press』にも転載されていた。JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • JALエクスプレス

    JALエクスプレスから見た奄美空港

    大阪国際空港 - 成田国際空港、仙台空港、熊本空港、奄美空港、鹿児島空港JALエクスプレス フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示