前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • カッラレーゼ・カルチョ

    カッラレーゼ・カルチョから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    カッラレーゼ・カルチョ(Carrarese Calcio S.r.l.)は、イタリアのトスカーナ州カッラーラを本拠地とするサッカークラブチームである。2012-2013シーズンはレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネに所属している。地元カッラーラ出身のGKジャンルイジ・ブッフォンが株主を務めている。カッラレーゼ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーイタリア代表

    サッカーイタリア代表から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    伝統としてカテナチオ(“かんぬき”の意)と呼ばれる守備的戦術を持ち、古くから多くの優秀なディフェンダー、ゴールキーパーを輩出している。代表的な選手として、ジャチント・ファッケッティ、ディノ・ゾフ、ガエターノ・シレア、フランコ・バレージ、パオロ・マルディーニ、ファビオ・カンナバーロ、ジャンルイジ・ブッフォンなどが挙げられる。攻撃的選手では、古くはジャンニ・リベラから始まり、近年では、ロベルト・バッジョ、アレッサンドロ・デル・ピエロ、フランチェスコ・トッティなどの、いわゆるファンタジスタと呼ばれるスター選手を多く輩出している。サッカーイタリア代表 フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・カンナヴァーロ

    ファビオ・カンナヴァーロから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    既にナポリでもかなりの完成度にあったが、ACパルマへの移籍後、さらに数段DFとして成長することになる。1対1の強さに加え、インターセプトの技術、先読みの能力を伸ばし完璧なDFの1人と成ったのである。特にマンマーク技術においては当時のセリエAはおろか世界でも最高だろうとの声に異論はなかった。またこのパルマで盟友ジャンルイジ・ブッフォン、リリアン・テュラムとリーグ最高といわれる守備陣を形成し、自身の評価を世界的なものとする。テュラムとのチェック&カバーのタイミング、そしてブッフォンの的確な指示。まさに鉄壁との言葉そのままであった。ファビオ・カンナヴァーロ フレッシュアイペディアより)

  • 呂昆錡

    呂昆錡から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    呂昆錡(ル・クンチ、1985年2月6日 - )は、台湾出身のサッカー選手。現在チャイニーズタイペイ代表の正GKである。台湾でのニックネームは「台湾のブッフォン(台灣布馮)」。呂昆錡 フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    ラウル、グティの両キャプテンがクラブを去ったことに伴い、2010-11シーズンよりレアル・マドリードの主将に就任した。12月12日のレアル・サラゴサ戦でレアル・マドリード史上9人目、GKとしては初のリーグ400試合出場を果たした。2010年にもUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーに4年連続で選ばれ、ジャンルイジ・ブッフォンの3度を超えて最多受賞GKとなった。2011年4月9日のビルバオ戦では3-0で完封勝利し、ブーヨの持っていた通算無失点試合数のクラブ記録に並んだ。コパ・デル・レイ決勝では、ラスト15分の間にメッシやペドロ、アンドレス・イニエスタらのシュートを3度スーパーセーブで防ぐなどの守りを見せ、10年以上のキャリアで1度も手にしたことのなかったコパ・デル・レイのタイトルを獲得した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブフォン

    ジャンルイジ・ブフォンから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブフォン フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・キメンティ

    アントニオ・キメンティから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2002年から2006年までユヴェントスFCに在籍し、ジャンルイジ・ブッフォンのバックアッパーとしてプレーした。出場機会を得るために2006年からカリアリ・カルチョやウディネーゼ・カルチョを渡り歩き、2008年7月にユヴェントスに復帰した。アントニオ・キメンティ フレッシュアイペディアより)

  • ブッフォン

    ブッフォンから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォン - イタリアのサッカー選手。ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ペレイラ

    リカルド・ペレイラから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2006 FIFAワールドカップのグループリーグではアンゴラ戦(1-0)とイラン戦(2-0)で完封し、メキシコ戦(2-1)でフランシスコ・フォンセカ(Francisco Fonseca)に決められた1点のみに抑えた。ポルトガル代表は3戦全勝で決勝トーナメントに進出し、決勝トーナメント1回戦ではオランダに1-0、準々決勝ではイングランドに0-0(PK 3-1)で勝利した。3位決定戦のドイツ戦ではすべてバスティアン・シュヴァインシュタイガーのシュート(1点はプティのオウンゴールとなった)で3失点を喫したが、イタリア代表のGKジャンルイジ・ブッフォン、ドイツ代表のGKイェンス・レーマンとともに大会のオールスターチームに選ばれた。リカルド・ペレイラ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーにおけるデンマークとスウェーデンのライバル対決

    サッカーにおけるデンマークとスウェーデンのライバル対決から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    試合は28分にデンマークのヨン・ダール・トマソンが先制点を決め、その直後にスウェーデンのヘンリク・ラーションがPKで同点ゴールを決めた。66分にはトマソンが再び得点してスウェーデンを突き放したが、その数分後にはスウェーデンのマティアス・ヨンソンが得点して2-2に追いついた。一方、イタリア対ブルガリアの試合はイタリアがロスタイムの得点で2-1で勝利し、スウェーデン、デンマーク、イタリアが勝ち点5で並んだが、得点数によりスウェーデンとデンマークの決勝トーナメント進出が決まり、イタリアのグループリーグ敗退が決まった。この結果はイタリア国内で大騒動となり、GKジャンルイジ・ブッフォンとイタリアサッカー協会のフランコ・カラッロ会長は北欧同士の対戦に八百長があったのではないかと抗議した。しかし、イタリアのジョバンニ・トラパットーニ監督は協会に対して結果に抗議すべきではないと訴えた。なお、欧州サッカー連盟(UEFA)はこの件の調査を行っていない。サッカーにおけるデンマークとスウェーデンのライバル対決 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「ジャンルイジ・ブッフォン」のニューストピックワード