前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示
  • サッカーイタリア代表

    サッカーイタリア代表から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    伝統としてカテナチオ(“かんぬき”の意)と呼ばれる守備的戦術を持ち、古くから多くの優秀なディフェンダー、ゴールキーパーを輩出している。代表的な選手として、ジャチント・ファッケッティ、ディノ・ゾフ、ガエターノ・シレア、フランコ・バレージ、パオロ・マルディーニ、ファビオ・カンナバーロ、ジャンルイジ・ブッフォンなどが挙げられる。攻撃的選手では、古くはジャンニ・リベラから始まり、近年では、ロベルト・バッジョ、アレッサンドロ・デル・ピエロ、フランチェスコ・トッティなどの、いわゆるファンタジスタと呼ばれるスター選手を多く輩出している。サッカーイタリア代表 フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    ラウル・ゴンサレス、グティの両キャプテンがクラブを去ったことに伴い、2010-11シーズンよりレアル・マドリードの主将に就任した。12月12日のレアル・サラゴサ戦でレアル・マドリード史上9人目、GKとしては初のリーグ400試合出場を果たした。2010年にもUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーに4年連続で選ばれ、ジャンルイジ・ブッフォンの3度を超えて最多受賞GKとなった。2011年4月9日のビルバオ戦では3-0で完封勝利し、ブーヨの持っていた通算無失点試合数のクラブ記録に並んだ。コパ・デル・レイ決勝では、ラスト15分の間にメッシやペドロ、アンドレス・イニエスタらのシュートを3度スーパーセーブで防ぐなどの守りを見せ、10年以上のキャリアで1度も手にしたことのなかったコパ・デル・レイのタイトルを獲得した。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • 呂昆チ

    呂昆チから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    呂昆錡(ル・クンチ、1985年2月6日 - )は、台湾出身のサッカー選手。現在チャイニーズタイペイ代表の正GKである。台湾でのニックネームは「台湾のブッフォン(台灣布馮)」。呂昆チ フレッシュアイペディアより)

  • カッラレーゼ・カルチョ

    カッラレーゼ・カルチョから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    カッラレーゼ・カルチョ(Carrarese Calcio S.r.l.)は、イタリアのトスカーナ州カッラーラを本拠地とするサッカークラブチームである。2017-18シーズンはセリエCに所属している。地元カッラーラ出身のGKジャンルイジ・ブッフォンが株主を務めている。カッラレーゼ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・カンナヴァーロ

    ファビオ・カンナヴァーロから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    イタリア代表では、パオロ・マルディーニの代表引退後、キャプテンの座を引き継いだ。代表136キャップを記録しているが、これはジャンルイジ・ブッフォンが更新するまでイタリア代表の歴代最多出場であった。ファビオ・カンナヴァーロ フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    約3年間のブランクを経て、再びマルチェロ・リッピが監督に就任すると、てこ入れとしてジネディーヌ・ジダンとフィリッポ・インザーギというこれまでの主力を放出する一方で、ダヴィド・トレゼゲ、パベル・ネドベド、ジャンルイジ・ブッフォン、リリアン・テュラムらを獲得した。その結果、2001-02及び2002-03シーズンのセリエA連覇を果たす。また、2002-03シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ決勝に駒を進めたが、PK戦の末、惜しくもACミランに敗れる。2003-04シーズンは68ゴールのローマに続く67ゴールであったにも関わらず、パオロ・モンテーロの衰えやニコラ・レグロッターリエら最終ラインのミスに加え、ダービッツが契約延長を拒否した事で事実上の懲罰的な処置として出場機会の減少に繋がり最終的にはFCバルセロナへ放出。その関係で素早い潰しで炎上を防ぐ中盤のフィルター役がいなくなり最終ラインが早い段階で相手の攻撃に晒される悪循環に陥った為、連覇を果たした前シーズンより引き分けが3つ少ないだけ(前シーズンの21勝9分け4敗から21勝6分け7敗)でありながらセリエAで優勝したミランに13ポイント差の3位に終わった事の責任を取り、マルチェロ・リッピ監督が辞任。フロントは新監督にファビオ・カペッロを指名した。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブフォン

    ジャンルイジ・ブフォンから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブフォン フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・キメンティ

    アントニオ・キメンティから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2002年、ユヴェントスに移籍。世界的GKジャンルイジ・ブッフォンの控えを務めた。2005年はブッフォンの負傷でチャンス到来かと思われたが、ライバルのミランからクリスティアン・アッビアーティが加入したため出場機会には恵まれなかった。アントニオ・キメンティ フレッシュアイペディアより)

  • ゴールキーパーグローブ

    ゴールキーパーグローブから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    1980年代に入り最先端のグローブの輸入がはじまり、西ドイツのウール社と社の独占市場となっていた。1990年代に入ると従来の二社に加えて日本国内のスポーツメーカーが市場に参入し、1993年のJリーグの開幕後は企業側が広告宣伝効果を狙い、各クラブのレギュラークラスのキーパーへの自社製品の売り込みが過熱化した。契約選手には企業から年間に数十のグローブが提供されるが、多くのキーパーは1試合ごとにグローブを入れ替えるなど消耗品として扱われる傾向があり、使用済みグローブは主に練習の際に使用される。ジャンルイジ・ブッフォンの場合、年間50試合で20対のグローブを使っている。一方、一般の競技者が一人あたり年間にグローブを購入する機会は2.5回とされ、商品としての単価に比してその寿命は短い。ゴールキーパーグローブ フレッシュアイペディアより)

  • マッテオ・セレーニ

    マッテオ・セレーニから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2007年6月27日、契約満了に伴いトリノFCへ移籍すると復活を遂げ守備陣を支えた。2007-08シーズンは退団したクリスティアン・アッビアーティの代役以上の活躍を見せると、32試合に出場して残留に貢献。ユヴェントスに所属するジャンルイジ・ブッフォンに次ぐGKとしてEURO2008のイタリア代表メンバー選出も噂された。マッテオ・セレーニ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示

「ジャンルイジ・ブッフォン」のニューストピックワード