78件中 11 - 20件表示
  • 木村敦志

    木村敦志から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    クラブやサポーターからは、その風貌やプレースタイルから「浪速のブッフォン」という愛称で呼ばれた。木村敦志 フレッシュアイペディアより)

  • ロレンツォ・ブッフォン

    ロレンツォ・ブッフォンから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    ロレンツォ・ブッフォン(Lorenzo Buffon, 1929年12月19日 - )は、イタリア・マヤーノ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはGK。現同国代表ジャンルイジ・ブッフォンは、親戚(従兄弟の孫に当たる)。ロレンツォ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ブッフォン

    ブッフォンから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォン - イタリアのサッカー選手。ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • カルロ・クディチーニ

    カルロ・クディチーニから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    結局、クディチーニ本人がイングランド代表入りに興味を示すことはなく、イタリア代表の座を目指しプレーを続けたが、イタリア代表としてはジャンルイジ・ブッフォン、フランチェスコ・トルドら実力者の存在の前に出場機会が訪れることはなかった。カルロ・クディチーニ フレッシュアイペディアより)

  • 夕空のクライフイズム

    夕空のクライフイズムから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    神経質で激高しやすい性格だが、キーパーとしては堅実で滅多にペナルティエリアを離れないタイプ。ある大学にスポーツ推薦で進学しキーパーコーチの専門指導を受けることを目指していたが、茂木の転任により進路の見直しを迫られている。雨宮の指導の下では足元の技術の正確性や、エリア外に飛び出す積極性を求められている。好きな選手はジャンルイジ・ブッフォン夕空のクライフイズム フレッシュアイペディアより)

  • アトランタオリンピックにおけるサッカー競技

    アトランタオリンピックにおけるサッカー競技から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    また、23歳以下の選手では、ロベルト・アジャラ、ハビエル・サネッティ、エルナン・クレスポ、アリエル・オルテガ、クラウディオ・ロペス(以上アルゼンチン)、ラウル・ゴンサレス、ガイスカ・メンディエタ、フェルナンド・モリエンテス(以上スペイン)、ロベール・ピレス、クロード・マケレレ、パトリック・ヴィエラ、シルヴァン・ヴィルトール(以上フランス)、マーク・ビドゥカ(オーストラリア)、崔龍洙、尹晶煥(以上韓国)、サミュエル・オセイ・クフォー(ガーナ)、アレッサンドロ・ネスタ、ファビオ・カンナバーロ、ジャンルイジ・ブッフォン(以上イタリア)、中田英寿、川口能活、松田直樹(以上日本)、ロナウド、ロベルト・カルロス、ジュニーニョ・パウリスタ、ジーダ(以上ブラジル)、ヌワンコ・カヌ(ナイジェリア)など、その後のサッカー界のスターダムに昇る選手が多数参加していた。アトランタオリンピックにおけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • ファビアン・カリーニ

    ファビアン・カリーニから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    8歳の頃から在籍するダヌービオFCでプロデビューした。2000年、SSラツィオに移籍しかけたが、ユヴェントスFCに移籍した。ユヴェントスではエトヴィン・ファン・デル・サールやジャンルイジ・ブッフォンの控えを務めた。2002年、アーセナルFCにレンタル移籍目前だったが、ベルギーのスタンダール・リエージュにレンタル移籍した。リエージュでの2年間は、カリーニがレギュラーとして過ごした数少ない期間である。試合中にPKを決めたこともある。2004年、ファビオ・カンナヴァーロとのトレードでインテル・ミラノに移籍する。しかしフランチェスコ・トルドの壁は厚く、数試合にしか出場できなかった。トルドの退場で訪れたセリエAデビュー戦では、PKを止める活躍を見せている。レンタル移籍したカリアリでも、アントニオ・キメンティにポジションを阻まれる。ファビアン・カリーニ フレッシュアイペディアより)

  • イバン・デ・ラ・ペーニャ

    イバン・デ・ラ・ペーニャから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    1996年、ラウル・ゴンサレスやフェルナンド・モリエンテスらとともに出場したUEFA U-21欧州選手権で準優勝した。優勝したイタリア代表にはジャンルイジ・ブッフォンやファビオ・カンナバーロなどがいた。同年にはアトランタオリンピックにも出場した。イバン・デ・ラ・ペーニャ フレッシュアイペディアより)

  • ファンティーニ燦

    ファンティーニ燦から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    父親はイタリア人、母親は日本人で両国の国籍を保有。千葉県市川市で生まれ、幼稚園から小学校まで中国で過ごした。6歳でサッカーを始めた当初はフォワードだったが、父親と一緒にイタリア代表の試合を観戦した時のジャンルイジ・ブッフォンのプレーに憧れを抱き、小学校3年生でゴールキーパーを始めた。ファンティーニ燦 フレッシュアイペディアより)

  • チェーザレ・プランデッリ

    チェーザレ・プランデッリから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    イタリア代表では、ジャンルイジ・ブッフォン、アンドレア・ピルロといったベテランを引き続き軸としながらも、マリオ・バロテッリら若手やモントリーヴォ、パッツィーニら自らが育てた中堅を招集し、伝統の堅守だけでなくパスをつないで攻撃も重視するスタイルに転換を図った。EURO2012予選を無敗で1位通過し(8勝2分)、順調な滑り出しをみせる。だが、EURO2012本大会直前には、イタリアサッカー界は八百長問題で大きく揺れ、代表においても捜査を受けたドメニコ・クリシートを外さざるを得なくなるなど大きな影響を受けた。その中でプランデッリはチームをまとめ、低かった前評判を覆し決勝まで導いた。決勝ではスペインに0-4という大敗を喫したが、南アフリカでの惨敗と八百長問題という暗雲を吹き飛ばしたとしてイタリア国内でも評価された。チェーザレ・プランデッリ フレッシュアイペディアより)

78件中 11 - 20件表示

「ジャンルイジ・ブッフォン」のニューストピックワード