62件中 11 - 20件表示
  • マッテオ・セレーニ

    マッテオ・セレーニから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    しかしセレーニは2007年、契約満了に伴い移籍したトリノFCにおいて復活を遂げ守備陣を支えた。退団したクリスティアン・アッビアーティの代役以上の活躍を見せ、32試合に出場して残留に貢献。ジャンルイジ・ブッフォンに次ぐGKとして、EURO2008に向けてイタリア代表メンバー選出も噂される程であった。2008-09シーズンにトリノはセリエB降格となり、セレーニは2010-11シーズンからブレシア・カルチョに再度移籍。マッテオ・セレーニ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決

    サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    決勝がPK戦にもつれ込んだのはFIFAワールドカップ史上2度目であり、1994 FIFAワールドカップではブラジルがイタリアを破っていた。先攻のイタリアはピルロが、後攻のフランスはシルヴァン・ヴィルトールがPKを決め、イタリアは2番手のマテラッツィも決めたが、フランスのダヴィド・トレゼゲのシュートはクロスバーを叩いて外れた。その後も、イタリアのジャンルイジ・ブッフォン、フランスのファビアン・バルテズともにシュートをセーブすることなく両チームの4番手までがPKを決めた。イタリアは5番手のファビオ・グロッソも決め、PK5-3で勝利した。大会の最優秀選手はフランスのジダンが受賞し、2位と3位にはそれぞれイタリアのファビオ・カンナヴァーロとピルロが選ばれた。サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ミランテ

    アントニオ・ミランテから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    ソレント・カルチョの下部組織出身。2003年に移ったユヴェントスではイタリア代表の正守護神のジャンルイジ・ブッフォンが不動の地位を築いていたため、2004年はセリエBのFCクロトーネ、2005年はセリエAのACシエナへのレンタル移籍を経験する。アントニオ・ミランテ フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・リカルド・クルス

    フリオ・リカルド・クルスから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    限られた出場時間の中でもきっちりと結果を出す職人肌の選手で、長身と足下の技術を生かしポストマンやシャドーストライカーとして活躍する。また左右どちらの足でも強烈なシュートが打てるため得点能力も高い。インテルは優秀なキッカーがいるため、蹴る機会は多くないが、フリーキックの技術は一級品であり、2003年のユヴェントス戦ではジャンルイジ・ブッフォンからゴールを奪った。この試合を初めユヴェントスとの試合では度々印象的な活躍を見せており、フェイエノールト時代の1997-1998シーズンにもチャンピオンズリーグでユヴェントスと対戦した際に2得点を挙げるほどのユベントスキラーである。また非常に誠実な人柄でファンから愛されている選手である。2007-2008シーズンはエース、アドリアーノの不調により、出場機会が回ってくるようになった。フリオ・リカルド・クルス フレッシュアイペディアより)

  • アトランタオリンピックにおけるサッカー競技

    アトランタオリンピックにおけるサッカー競技から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    また、23歳以下の選手では、ロベルト・アジャラ、ハビエル・サネッティ、エルナン・クレスポ、アリエル・オルテガ、クラウディオ・ロペス(以上アルゼンチン)、ラウール・ゴンサレス、ガイスカ・メンディエタ、フェルナンド・モリエンテス(以上スペイン)、ロベール・ピレス、クロード・マケレレ、パトリック・ヴィエラ、シルヴァン・ヴィルトール(以上フランス)、マーク・ビドゥカ(オーストラリア)、崔龍洙、尹晶煥(以上韓国)、サミュエル・クフォー(ガーナ)、アレッサンドロ・ネスタ、ファビオ・カンナバーロ、ジャンルイジ・ブッフォン(以上イタリア)、中田英寿、川口能活、松田直樹(以上日本)、ロナウド、ロベルト・カルロス、ジュニーニョ・パウリスタ、ジーダ(以上ブラジル)、ヌワンコ・カヌ(ナイジェリア)など、その後のサッカー界のスターダムに昇る選手が多数参加していた。アトランタオリンピックにおけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールキーパーグローブ

    ゴールキーパーグローブから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    1980年代に入り最先端のグローブの輸入がはじまり、西ドイツのウール社と社の独占市場となっていた。1990年代に入ると従来の二社に加えて日本国内のスポーツメーカーが市場に参入し、1993年のJリーグの開幕後は企業側が広告宣伝効果を狙い、各クラブのレギュラークラスのキーパーへの自社製品の売り込みが過熱化した。契約選手には企業から年間に数十のグローブが提供されるが、多くのキーパーは1試合ごとにグローブを入れ替えるなど消耗品として扱われる傾向があり、使用済みグローブは主に練習の際に使用される。ジャンルイジ・ブッフォンの場合、年間50試合で20対のグローブを使っている。一方、一般の競技者が一人あたり年間にグローブを購入する機会は2.5回とされ、商品としての単価に比してその寿命は短い。ゴールキーパーグローブ フレッシュアイペディアより)

  • 松原渓

    松原渓から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    セリエAのユヴェントスを愛し、一番好きな選手はジョナサン・ゼビナ。このほかオロフ・メルベリ、ジャンルイジ・ブッフォンも好きな選手として挙げる。松原渓 フレッシュアイペディアより)

  • ジュリオ・セザル・ソアレス・エスピンドラ

    ジュリオ・セザル・ソアレス・エスピンドラから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2009年に契約を2014年まで延長。当時はキャリアの絶頂にあり、ジャンルイジ・ブッフォンやジャンルカ・パリュウカもセザルのパフォーマンスを称えた。また、2009-10シーズン終了後にトルドが現役を引退したため、翌シーズンより背番号1を引き継いだ。ジュリオ・セザル・ソアレス・エスピンドラ フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    1月28日 - ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア、サッカー)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーにおけるドイツとイタリアのライバル対決

    サッカーにおけるドイツとイタリアのライバル対決から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    後半に入り、ドイツはイタリアのゴールへと迫るが、イタリアの守備陣やGKジャンルイジ・ブッフォンの見事なセーブにあい得点することができない。サッカーにおけるドイツとイタリアのライバル対決 フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「ジャンルイジ・ブッフォン」のニューストピックワード