78件中 21 - 30件表示
  • トーマス・ヌコノ

    トーマス・ヌコノから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    またジャンルイジ・ブッフォンが憧れたGKとしても知られる。トーマス・ヌコノ フレッシュアイペディアより)

  • トビアス・ヒーセン

    トビアス・ヒーセンから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2004年に1部のユールゴーデンIFへ移籍金200万スウェーデン・クローナの4年契約で加入。ユールゴーデンでの1年目でIFKヨーテボリとのスウェーデンカップ決勝に到達すると、に1得点奪われたものの、の2得点との1得点で3-1とし、自身初タイトルを獲得。翌2005年には、1試合を除く29試合に出場し初リーグ優勝を経験。それから1週間後に行われたとのカップ戦決勝を2-0で制し2連覇にして、リーグとカップの2冠を達成。初出場となったUEFAチャンピオンズリーグ 2004-05予選3回戦イタリア セリエAのユヴェントスFCとの第1戦で得点を挙げ、2-2で引き分けに持ち込んだものの最終的に2試合合計6-3で敗れ本大会進出を逃した。この試合をヒーセンは、アレッサンドロ・デル・ピエロ, ジャンルカ・ザンブロッタ, ダヴィド・トレゼゲ, ジャンルイジ・ブッフォンらとのマッチアップは、キャリア最大の経験にして絶対に忘れられないものと後に回顧している。ユヴェントスに敗れたことで出場することになったUEFAカップ2004-051回戦オランダ エールディヴィジのFCユトレヒト戦では第1戦で0-4で敗れるも、第2戦でヒーセンは2得点挙げる活躍を見せ3-0と勝利に貢献するも、2試合合計3-4で敗れ早期敗退となった。また、2005-06にはデンマーク・スーペルリーガ, ノルウェー エリテセリエン, スウェーデン アルスヴェンスカンのスカンディナヴィア3ヶ国によるロイヤルリーグで優勝を逃したものの、FCミッティラントのと共に6得点を挙げ得点王に輝いた。トビアス・ヒーセン フレッシュアイペディアより)

  • カッラーラ

    カッラーラから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォン - サッカー選手カッラーラ フレッシュアイペディアより)

  • 1月28日

    1月28日から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    1978年 - ジャンルイジ・ブッフォン、サッカー選手1月28日 フレッシュアイペディアより)

  • エルメス・フルゴーニ

    エルメス・フルゴーニから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    高校の機械工学の教師を務める傍ら、アマチュアクラブのGKとして42歳までプレー。1990年、パルマACのGKコーチ兼スカウトに就任。1991年に当時13歳のジャンルイジ・ブッフォンの才を見出しスカウト。イタリアを代表するGKへと育て上げた。また、同クラブでのGKコーチを続ける傍ら、2001年からは短期留学でイタリアへ赴いた川島永嗣を定期的に指導。泊り込みでマンツーマンの猛特訓を続けさせる熱の入れようで果敢にボールへ向かうスタイルを植え付けた。エルメス・フルゴーニ フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・トルド

    フランチェスコ・トルドから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    1989年にACミランでキャリアをスタート。その後下部クラブを転々とし、1993年にフィオレンティーナへ移籍し正GKとして活躍。同時にアズーリにも招集され、1995年10月8日のクロアチア戦で代表デビューを果たす。以来ジャンルイジ・ブッフォンと並ぶゴールキーパーとしてイタリア代表を牽引していたが、EURO2004終了後に代表は引退した。フランチェスコ・トルド フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・アッビアーティ

    クリスティアン・アッビアーティから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    その後もジーダからレギュラーを奪えずにいたが、2005年8月17日に正GKジャンルイジ・ブッフォンが負傷離脱したユヴェントスへレンタル移籍。シーズン序盤こそ硬さが見られたが、中盤以降はブッフォンに見劣りしないセービングを連発。また、代表でもブッフォンの代わりを務めた。クリスティアン・アッビアーティ フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・クルス

    フリオ・クルスから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    、2003年のユヴェントスFC戦ではジャンルイジ・ブッフォンからゴールを奪った。この試合を初めユヴェントスとの試合では度々活躍を見せており、。。フリオ・クルス フレッシュアイペディアより)

  • グレゴリー・クーペ

    グレゴリー・クーペから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    かつてオリンピック・リヨンやフランス代表の監督を務めたジャック・サンティニは、クペを「トレーニングの段階からチームに影響を与える人格者」と評している。2005年、IFFHSの世界最優秀ゴールキーパー投票では43票を獲得し、ペトル・チェフ、ジーダ、ジャンルイジ・ブッフォンに次ぐ4位に選出された。すでに33歳であったが、トップ10に選ばれたのは初めてのことであった。また、2004年と2005年にはリーグ・アンの最優秀ゴールキーパー賞に選ばれている。グレゴリー・クーペ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・アメリア

    マルコ・アメリアから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    その後、EURO2008では予選から本大会に至るまでジャンルイジ・ブッフォンに次ぐ第2GKを務めた。しかしFIFAコンフェデレーションズカップ2009以降は代表から遠ざかるようになり、2010年の南アフリカW杯のメンバーに落選。それ以降はサルヴァトーレ・シリグ等の台頭もあってさらに厳しい立場となっている。マルコ・アメリア フレッシュアイペディアより)

78件中 21 - 30件表示

「ジャンルイジ・ブッフォン」のニューストピックワード