62件中 21 - 30件表示
  • アントニオ・ディ・ナターレ

    アントニオ・ディ・ナターレから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2009年11月18日の親善試合・スウェーデン戦では、キャプテンのファビオ・カンナヴァーロや副キャプテンのジャンルイジ・ブッフォンが欠場したことから初めてイタリア代表のキャプテンとして試合に出場した。アントニオ・ディ・ナターレ フレッシュアイペディアより)

  • 碓井健平

    碓井健平から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    凄い選手としてイケル・カシージャスとジャンルイジ・ブッフォンの名前を挙げている。碓井健平 フレッシュアイペディアより)

  • フェデリコ・マルケッティ

    フェデリコ・マルケッティから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    年代別のイタリア代表での招集及び出場経験はないがカリアリでの大活躍により、マルチェロ・リッピ・イタリア代表監督にも認められて2009年6月6日に北アイルランド代表との親善試合にてデビューを果たした。2010 FIFAワールドカップのエントリーメンバーに選出され、ジャンルイジ・ブッフォンの怪我で出場機会が巡ってきたが、世界的名手でもあるブッフォンの「代役」という重圧に押されて本来のプレーを披露できなかった。チームもグループリーグ敗退に終わり、戦犯の一人となってしまった。フェデリコ・マルケッティ フレッシュアイペディアより)

  • 木村敦志

    木村敦志から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    クラブやサポーターからは、その風貌やプレースタイルから「浪速のブッフォン」という愛称で呼ばれている。木村敦志 フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・ブッチ

    ルカ・ブッチから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    1990年代のパルマの正GKを長く務めていたが、その後若手のジャンルイジ・ブッフォン(現・ユヴェントス)にポジションを奪われると、ペルージャ、トリノ、エンポリなどへ移籍した。ルカ・ブッチ フレッシュアイペディアより)

  • ロレンツォ・ブッフォン

    ロレンツォ・ブッフォンから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    ロレンツォ・ブッフォン(Lorenzo Buffon, 1929年12月19日 - )は、イタリア・マヤーノ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはGK。現同国代表ジャンルイジ・ブッフォンは、親戚(従兄弟の孫に当たる)。ロレンツォ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ネウソン・デ・ジェズス・シウヴァ

    ネウソン・デ・ジェズス・シウヴァから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    長きにわたってミランの守護神を務めた。以前は安定感のなさが指摘されていたものの、徐々に改善され、2002年?2005年ごろまではジャンルイジ・ブッフォンにならんで、「現役最高のGK」と称された。身体能力が高く、反応の速さが最大の武器で、ハイボールにも強い。しかし、彼の代名詞といえば、やはりPKストップで、阻止率も高い。足をゴール中央に残して長い腕でサイドをカバーする独特のスタイルである。コーチングも極めて的確。ネウソン・デ・ジェズス・シウヴァ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・マテラッツィ

    マルコ・マテラッツィから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2006年ドイツW杯では、グループステージのチェコ戦で前回大会同様に負傷したネスタに代わって途中出場。決勝点となる代表初得点を決める活躍でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。以後、出場停止となったウクライナ戦を除く全ての試合でファビオ・カンナヴァーロ、ジャンルイジ・ブッフォンらと共に鉄壁のディフェンスを築いた。マルコ・マテラッツィ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・パヌッチ

    クリスティアン・パヌッチから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    代表としての成績はクラブでの成績ほどは思わしくなく、UEFA EURO '96では予選こそレギュラーで出場するも本大会前に当時のアッリーゴ・サッキ監督と対立しメンバーリストから漏れてしまう。ワールドカップフランス大会でも当時監督のチェーザレ・マルディーニに嫌われメンバーから漏れた。ワールドカップ日韓大会には出場している。イタリアが優勝したワールドカップドイツ大会にはインテル時代から犬猿の仲であるマルチェロ・リッピ監督が率いていたため、出場できなかった。その後監督がロベルト・ドナドーニに代わってからは代表に招集されている。UEFA EURO 2008予選のスコットランド戦では後半終了間際にアンドレア・ピルロのフリーキックをヘディングで決める決勝点を挙げ、イタリアの本戦出場を決めた。UEFA EURO 2008ではファビオ・カンナヴァーロの怪我によりセンターバックとして出場。グループリーグのルーマニア戦ではアドリアン・ムトゥにPKを与えてしまう(PK自体はジャンルイジ・ブッフォンがセーブ)が、自らゴールを決めて引き分けに持ち込んだ。大会終了後、ドナドーニが退任し、再びリッピが就任したため、その後代表に招集されることはなかった。クリスティアン・パヌッチ フレッシュアイペディアより)

  • セスク・ファブレガス

    セスク・ファブレガスから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    EURO2008本大会グループステージ1戦目のロシア戦で、代表初ゴール。シャビやマルコス・セナの控えとして臨んだ大会であったが、スーパーサブとして活躍。準々決勝のイタリア戦のPK戦では5人目のキッカーを務め、「15歳の時からまともにPKを蹴ったことがない(本人談)」にも関わらず、イタリアのGKジャンルイジ・ブッフォンの動きを読み、落ち着いて沈め、スペインの勝利を決めた。準決勝のロシア戦では、セルヒオ・ラモスからのグラウンダーのパスを、柔らかいタッチでふわりと浮かせ、前方へ走り込むダニエル・グイサの胸にピタリと合わせ、華麗なゴールを演出。更に、左サイドに大きく空いたスペースでイニエスタからの絶妙なパスを受けると、相手守備陣が戻り切れていないゴール前に走り込むシルバへ低い弾道の正確なセンタリングを送り、これをシルバが落ち着いてゴール左隅に決めた。これら2アシストを含む4アシスト(大会最多)を記録するなど、スペインの優勝に大きく貢献した。セスク・ファブレガス フレッシュアイペディアより)

62件中 21 - 30件表示

「ジャンルイジ・ブッフォン」のニューストピックワード