62件中 31 - 40件表示
  • 東口順昭

    東口順昭から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    憧れのスポーツ選手はイチロー。ゴールキーパーだとジャンルイジ・ブッフォンがお気に入り。東口順昭 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    更に同年12月、大宮在籍時の2001年にイタリアに短期留学した際に出会った代表GKジャンルイジ・ブッフォンの育ての親でもあるエルメ・フルゴーニ(現モデナFCGKコーチ)からマンツーマン指導を受ける為、自費で単身イタリア・パルマに渡った。フルゴーニの自宅に約1週間泊まり込んで、連日土のグラウンドで猛特訓を受けたという。2001年から独学でイタリア語を勉強。フルゴーニからはことあるごとにメールで助言を受けており、その師匠からは「守るのではなく攻めろ」と、サイドからのクロスボールなどに対して攻撃的に守ることを徹底された。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • オスカル・ドス・サントス・エンボアバ・ジュニオール

    オスカル・ドス・サントス・エンボアバ・ジュニオールから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2012年7月25日、ロンドンオリンピックを前にしてイングランドのチェルシーFCに移籍が決定。8月19日のウィガン・アスレティックFC戦にエデン・アザールと交代で出場し、プレミアデビューを果たした。9月19日のユヴェントスFC戦ではUEFAチャンピオンズリーグ初出場を飾ると、チェルシーの全2得点を挙げる活躍をみせた。特に巧みなターンからゴール隅にミドルシュートを決めた2得点目は監督のロベルト・ディ・マッテオや相手GKのジャンルイジ・ブッフォンからも称賛を受けた。オスカル・ドス・サントス・エンボアバ・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ヌコノ

    トーマス・ヌコノから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    またジャンルイジ・ブッフォンが憧れたGKとしても知られる。トーマス・ヌコノ フレッシュアイペディアより)

  • ファビアン・カリーニ

    ファビアン・カリーニから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    8歳の頃から在籍するダヌービオFCでプロデビューした。2000年、SSラツィオに移籍しかけたが、ユヴェントスに移籍した。ユヴェントスではエドウィン・ファン・デル・サールやジャンルイジ・ブッフォンの控えを務めた。2002年、アーセナルFCにレンタル移籍目前だったが、ベルギーのスタンダール・リエージュにレンタル移籍した。リエージュでの2年間は、カリーニがレギュラーとして過ごした数少ない期間である。試合中にPKを決めたこともある。2004年、ファビオ・カンナヴァーロとのトレードでインテル・ミラノに移籍する。しかしフランチェスコ・トルドの壁は厚く、数試合にしか出場できなかった。トルドの退場で訪れたセリエAデビュー戦では、PKを止める活躍を見せている。レンタル移籍したカリアリでも、アントニオ・キメンティにポジションを阻まれる。ファビアン・カリーニ フレッシュアイペディアより)

  • サミール・ハンダノヴィッチ

    サミール・ハンダノヴィッチから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    若手時代に手本とし憧れたキーパーとしてピーター・シュマイケルとジャンルイジ・ブッフォンの名前を挙げている。サミール・ハンダノヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • トビアス・ヒーセン

    トビアス・ヒーセンから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05予選3回戦で、自身も1ゴール決めたユヴェントスとの対戦。アレッサンドロ・デル・ピエロやジャンルイジ・ブッフォンとのマッチアップは、キャリア最大の経験にして絶対に忘れられないと語った。トビアス・ヒーセン フレッシュアイペディアより)

  • イェジー・ドゥデク

    イェジー・ドゥデクから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2001年8月31日、移籍期間終了直前にイングランドのリヴァプールFCに移籍すると、ジェラール・ウリエ監督はオランダ代表のサンデル・ヴェステルフェルトではなくドゥデクをレギュラーで起用した。2001-02シーズンは2冠を達成したアーセナルFCに次ぐ2位でリーグ戦を終えたが、リーグ最少失点に抑え、UEFAチャンピオンズリーグではベスト8に入るなど、チームの好成績に大きく貢献したため、オリバー・カーンやジャンルイジ・ブッフォンなどとともにUEFAゴールキーパー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた。2002-03シーズンのリーグ戦では凡ミスを繰り返したが、カーリングカップ決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦では立ち直ってマン・オブ・ザ・マッチに選ばれる活躍を見せた。ポーランド出身のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世はかつてゴールキーパーとしてプレーしていたことがあり、2004年にドゥデクと個人的に対面し、彼がドゥデクのファンであることやリヴァプールの試合を常に気にかけていることなどを伝え、ドゥデクは試合で着用するユニフォームをプレゼントした。ヨハネ・パウロ2世は2005年4月2日に他界したが、後述のUEFAチャンピオンズリーグで優勝を果たした際にドゥデクは優勝を教皇に捧げた。イェジー・ドゥデク フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・セーレンセン

    トーマス・セーレンセンから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    ユーロ2004では代表としてプレーし、特に対イタリア戦ではイタリア代表のGKジャンルイジ・ブッフォンを相手に一歩も引かない守備を見せた。トーマス・セーレンセン フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・マンニンガー

    アレクサンダー・マンニンガーから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    しかしウディネーゼでは1度も試合に出場しないまま同年8月5日にはセリエAのユヴェントスFCへ完全移籍。怪我によりジャンルイジ・ブッフォンが離脱中であったため、試合出場の機会を得た。アレクサンダー・マンニンガー フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示

「ジャンルイジ・ブッフォン」のニューストピックワード