78件中 31 - 40件表示
  • モルガン・デ・サンクティス

    モルガン・デ・サンクティスから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2005年3月30日のアイスランド戦で代表初キャップを記録。2008年にユヴェントス時代の恩師であるマルチェロ・リッピが代表監督に就任してからは代表に定着したが、同世代で長年正GKを務めるジャンルイジ・ブッフォンからポジションを奪うことはできなかった。モルガン・デ・サンクティス フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・パヌッチ

    クリスティアン・パヌッチから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    代表としての成績はクラブでの成績ほどは思わしくなく、EURO1996では予選こそレギュラーで出場するも本大会前に当時のアッリーゴ・サッキ監督と対立しメンバーリストから漏れてしまう。ワールドカップフランス大会でも当時監督のチェーザレ・マルディーニに嫌われメンバーから漏れた。ワールドカップ日韓大会には出場している。イタリアが優勝したワールドカップドイツ大会にはインテル時代から犬猿の仲であるマルチェロ・リッピ監督が率いていたため、出場できなかった。その後監督がロベルト・ドナドーニに代わってからは代表に招集されている。EURO2008予選のスコットランド戦では後半終了間際にアンドレア・ピルロのフリーキックをヘディングで決める決勝点を挙げ、イタリアの本戦出場を決めた。EURO2008ではファビオ・カンナヴァーロの怪我によりセンターバックとして出場。グループリーグのルーマニア戦ではアドリアン・ムトゥにPKを与えてしまう(PK自体はジャンルイジ・ブッフォンがセーブ)が、自らゴールを決めて引き分けに持ち込んだ。大会終了後、ドナドーニが退任し、再びリッピが就任したため、その後代表に招集されることはなかった。クリスティアン・パヌッチ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ディ・ナターレ

    アントニオ・ディ・ナターレから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2009年11月18日の親善試合・スウェーデン戦では、キャプテンのファビオ・カンナヴァーロや副キャプテンのジャンルイジ・ブッフォンが欠場したことから初めてイタリア代表のキャプテンとして試合に出場した。アントニオ・ディ・ナターレ フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・ブッチ

    ルカ・ブッチから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    1990年代のパルマの正GKを長く務めていたが、その後若手のジャンルイジ・ブッフォン(現・ユヴェントス)にポジションを奪われると、ペルージャ、トリノ、エンポリなどへ移籍した。ルカ・ブッチ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・カッサーノ

    アントニオ・カッサーノから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    EURO2008終了後にマルチェロ・リッピが監督に復帰すると、再び代表から遠ざかり、2010年W杯にも招集されなかった。しかし、2010年にチェーザレ・プランデッリが監督に就任すると、新体制の初戦となるコートジボワールとの親善試合に招集され、スタメン出場。EURO2012の予選では背番号10を与えられ、予選10試合で6ゴールを挙げる活躍でチームを本大会に導いた。2011年8月10日のスペインとの親善試合では故郷バーリでの開催ということで、ジャンルイジ・ブッフォンからキャプテンマークを譲られ初めてキャプテンとしてプレーした。アントニオ・カッサーノ フレッシュアイペディアより)

  • 碓井健平

    碓井健平から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    凄い選手としてイケル・カシージャスとジャンルイジ・ブッフォンの名前を挙げている。碓井健平 フレッシュアイペディアより)

  • ダマルカス・ビーズリー

    ダマルカス・ビーズリーから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2006 FIFAワールドカップでは、チェコとの初戦 (0-3) でのパフォーマンスの悪さからブルース・アリーナ監督から公に名指しで戦犯として批判されたが、次のイタリア戦で途中出場すると、シュートを放ってネットを揺らしたかに思われたが、ゴール前にいた味方FWブライアン・マクブライドが相手GKジャンルイジ・ブッフォンの動きを遮断したことがプレーに関与したと判断されオフサイドとなった。ガーナとのグループリーグ最終戦では、デレク・ボアテングのパスを奪ってからクリント・デンプシーの得点をアシストし、同大会のアメリカ代表の唯一の得点に関与した。ダマルカス・ビーズリー フレッシュアイペディアより)

  • オスカル・ドス・サントス・エンボアバ・ジュニオール

    オスカル・ドス・サントス・エンボアバ・ジュニオールから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    。9月19日のユヴェントスFC戦ではUEFAチャンピオンズリーグ初出場を飾ると、チェルシーの全2得点を挙げる活躍をみせた。特に巧みなターンからゴール隅にミドルシュートを決めた2得点目は監督のロベルト・ディ・マッテオや相手GKのジャンルイジ・ブッフォンからも称賛を受けた。オスカル・ドス・サントス・エンボアバ・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2006年に発覚したカルチョ・スキャンダルでユベントスはセリエBへと降格するが、デル・ピエロはイングランドの強豪マンチェスター・ユナイテッドFCからのオファーを断り、真っ先にチームへの残留を表明した。彼に続くようにネドベドやブッフォンらも残留を決意した。セリエB降格に伴い年間試合数が減ったことから、チームの練習とは別に専属トレーナーと契約し肉体改造に取り組んだ。その結果、20代の頃の体のキレを取り戻すことに成功し、セリエB得点王となりチームを1年でセリエAに復帰させる原動力となった。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • イェジー・ドゥデク

    イェジー・ドゥデクから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2001年8月31日、移籍期間終了直前にイングランドのリヴァプールFCに移籍すると、ジェラール・ウリエ監督はオランダ代表のサンデル・ヴェステルフェルトではなくドゥデクをレギュラーで起用した。2001-02シーズンは2冠を達成したアーセナルFCに次ぐ2位でリーグ戦を終えたが、リーグ最少失点に抑え、UEFAチャンピオンズリーグではベスト8に入るなど、チームの好成績に大きく貢献したため、オリバー・カーンやジャンルイジ・ブッフォンなどとともにUEFAゴールキーパー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた。2002-03シーズンのリーグ戦では凡ミスを繰り返したが、カーリングカップ決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦では立ち直ってマン・オブ・ザ・マッチに選ばれる活躍を見せた。ポーランド出身のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世はかつてゴールキーパーとしてプレーしていたことがあり、2004年にドゥデクと個人的に対面し、彼がドゥデクのファンであることやリヴァプールの試合を常に気にかけていることなどを伝え、ドゥデクは試合で着用するユニフォームをプレゼントした。ヨハネ・パウロ2世は2005年4月2日に他界したが、後述のUEFAチャンピオンズリーグで優勝を果たした際にドゥデクは優勝を教皇に捧げた。イェジー・ドゥデク フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「ジャンルイジ・ブッフォン」のニューストピックワード