78件中 41 - 50件表示
  • 李明国

    李明国から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    大韓民国では、世界的に知られたイタリアのゴールキーパーであるジャンルイジ・ブッフォンになぞらえて「ブクフォン(??)」(「?」は「北」の意)とあだ名されている。李明国 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーにおけるデンマークとスウェーデンのライバル対決

    サッカーにおけるデンマークとスウェーデンのライバル対決から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    試合は28分にデンマークのヨン・ダール・トマソンが先制点を決め、その直後にスウェーデンのヘンリク・ラーションがPKで同点ゴールを決めた。66分にはトマソンが再び得点してスウェーデンを突き放したが、その数分後にはスウェーデンのマティアス・ヨンソンが得点して2-2に追いついた。一方、イタリア対ブルガリアの試合はイタリアがロスタイムの得点で2-1で勝利し、スウェーデン、デンマーク、イタリアが勝ち点5で並んだが、得点数によりスウェーデンとデンマークの決勝トーナメント進出が決まり、イタリアのグループリーグ敗退が決まった。この結果はイタリア国内で大騒動となり、GKジャンルイジ・ブッフォンとイタリアサッカー連盟のフランコ・カラッロ会長は北欧同士の対戦に八百長があったのではないかと抗議した。しかし、イタリアのジョバンニ・トラパットーニ監督は協会に対して結果に抗議すべきではないと訴えた。なお、欧州サッカー連盟(UEFA)はこの件の調査を行っていない。サッカーにおけるデンマークとスウェーデンのライバル対決 フレッシュアイペディアより)

  • マティアス・アルメイダ

    マティアス・アルメイダから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    その後、SSラツィオ、パルマAC、インテルナツィオナーレ・ミラノと7年の間にイタリア・セリエAのクラブを渡り歩いた。ラツィオでの3シーズンでは、パルマのGKジャンルイジ・ブッフォンを相手に35ヤードものゴールを決める等ファンから人気を集め、1999-2000シーズンのリーグとコッパ・イタリアの2冠に貢献した。また、UEFAカップウィナーズカップの最後の年では、RCDマヨルカとの決勝戦に先発出場しタイトルを獲得した。マティアス・アルメイダ フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    1月28日 - ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア、サッカー)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジョ・キナーリャ

    ジョルジョ・キナーリャから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    1947年、イタリア・トスカーナ州のマッサ=カッラーラ県・カッラーラに生まれた。カッラーラは人口6万人ほどの都市であるが、キナーリャの他にジャンルイジ・ブッフォンやクリスティアーノ・ザネッティなどのイタリア代表選手を輩出している。第二次世界大戦で敗れたイタリアでは仕事が少なく、1955年、両親や姉妹とともにイギリス・ウェールズのカーディフに移住した。キナーリャ家は貧しく、後に「家族4人でひとつの部屋に住んでいた。父親は鉄工員であり屈強な男だった。よく他人の家の玄関に置かれたミルクをくすねて朝食代わりに飲んだものだ」と語っており、やがて父親はカーディフでイタリアンレストランを開業した。ジョルジョは13歳の時にカーディフの学校でハットトリックを達成し、1962年にスウォンジー・シティAFCの下部組織に加わった。1964年10月、ラザーハム・ユナイテッドFC戦でシニアチームデビューし、1965年2月にリーグデビューした。1966年3月のブレントフォードFC戦でのプレーがスウォンジ・シティでの最後の出場機会となった。1965年には西ウェールズ・シニアカップの決勝でリャネリAFCを3-0で下して優勝している。ジョルジョ・キナーリャ フレッシュアイペディアより)

  • ガゼッタ・デロ・スポルト

    ガゼッタ・デロ・スポルトから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    また、2006 FIFAワールドカップでイタリア代表が優勝した時に、監督のマルチェロ・リッピ、GKのジャンルイジ・ブッフォン、DFのファビオ・カンナヴァーロに与えられたが、これは優勝チームというひいきも含まれている。ガゼッタ・デロ・スポルト フレッシュアイペディアより)

  • パベル・ネドベド

    パベル・ネドベドから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    2006-07シーズン、ユーベは不正疑惑の為にセリエB降格の処分が下され、主力だったカンナヴァロ、テュラムらが次々とユヴェントスを去り、自らにも多くのクラブからオファーがきた。シーズン終了前は引退も口にしていたネドベドだったがデル・ピエロ、ブッフォンに続き、「世話になったクラブに恩返しをしようと思う」と現役続行と残留を表明、チームを1シーズンで再昇格させる原動力となる活躍を見せた。パベル・ネドベド フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー・マンニンガー

    アレクサンダー・マンニンガーから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    しかしウディネーゼに移籍してから2か月後になる8月5日にはリーグ首位のユヴェントスFCへ4年契約で完全移籍した。9月22日のカリアリ・カルチョ戦でジャンルイジ・ブッフォンの負傷によって途中出場した。当時のブッフォンは負傷が多かったため、リーグ戦で16試合に出場した。2009年末、ブッフォンは左膝半月板を手術。それ以降はチーム成績は振るわなかったものの代役を見事に務め、ガゼッタ・デロ・スポルトからセリエA前半の最優秀GKとして表彰された。アレクサンダー・マンニンガー フレッシュアイペディアより)

  • DAYS (漫画)

    DAYS (漫画)から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    GK、3年生。背番号1。誕生日は4月12日。血液型A型。身長187センチメートル。体重87キログラム。出身地は静岡県。特技は編み物。好きなものは猫で、嫌いなものはオバケ。好きな言葉は「フットボールはシンプルだ。俺が点を取られなければ負けない」。大柄で強面。チームの守護神。DAYS (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • リリアン・テュラム

    リリアン・テュラムから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    1996年にセリエA・パルマACへ移籍し活躍。イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンとDFファビオ・カンナバーロとのトリオは世界最高の守備トリオと呼ばれた。リリアン・テュラム フレッシュアイペディアより)

78件中 41 - 50件表示

「ジャンルイジ・ブッフォン」のニューストピックワード