62件中 41 - 50件表示
  • 2010 FIFAワールドカップ

    2010 FIFAワールドカップから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    公式試合球はアディダス社製のジャブラニが採用された。より真球に近いフォルムとなるよう新技術を用いて設計・製造されたが、ゴールキーパーをはじめとした各国代表選手から「軽すぎる」「不規則な変化をする」といった批判が噴出し、イタリア代表のゴールキーパーであるジャンルイジ・ブッフォンに至っては「このボールでW杯をやるのは恥」とまでコメントした。2010 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2012参加チーム

    UEFA EURO 2012参加チームから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    113 ? ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)UEFA EURO 2012参加チーム フレッシュアイペディアより)

  • ゴールキーパー (サッカー)

    ゴールキーパー (サッカー)から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    代表チームではトップクラブのGK同士のプライドがぶつかり合ってしまう事もある。フランス代表でのファビアン・バルテスとグレゴリー・クーペ、ドイツ代表でのオリバー・カーンとイェンス・レーマン、イタリア代表のフランチェスコ・トルドとジャンルイジ・ブッフォンなどといった正GK争いをめぐる相克は記憶に新しい。ゴールキーパー (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・カッサーノ

    アントニオ・カッサーノから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    EURO2008終了後にマルチェロ・リッピが監督に復帰すると、再び代表から遠ざかり、2010年W杯にも招集されなかった。しかし、2010年にチェーザレ・プランデッリが監督に就任すると、新体制の初戦となるコートジボワールとの親善試合に招集され、スタメン出場。EURO2012の予選では背番号10を与えられ、予選10試合で6ゴールを挙げる活躍でチームを本大会に導いた。2011年8月10日のスペインとの親善試合では故郷バーリでの開催ということで、ジャンルイジ・ブッフォンからキャプテンマークを譲られ初めてキャプテンとしてプレーした。アントニオ・カッサーノ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレーアス・イサクソン

    アンドレーアス・イサクソンから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    1999年に地元クラブのトレッレボリFFでキャリアをスタート。後イタリアの名門ユヴェントスFCに移籍したが、エトヴィン・ファン・デル・サールが在籍していたため正ゴールキーパーとなることはなく、さらにジャンルイジ・ブッフォンの加入もあって2001年に母国のユールゴーデンIFへ移籍。正GKとして活躍し、2002年には代表デビューを果たした。後に日韓W杯のメンバーにも選出されている。また同年にはアルスヴェンスカン最優秀ゴールキーパーにも選ばれた。アンドレーアス・イサクソン フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・アッビアーティ

    クリスティアン・アッビアーティから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    その後もジーダからレギュラーを奪えずにいたが、2005年8月17日に正GKジャンルイジ・ブッフォンが負傷離脱したユベントスへレンタル移籍。シーズン序盤こそ硬さが見られたが中盤以降はブッフォンに見劣りしないセービングを連発。また、代表でもブッフォンの代わりを務めた。クリスティアン・アッビアーティ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・アメリア

    マルコ・アメリアから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    イタリア代表としては、U-15代表から各世代で選出されている。U-21代表を経て、2005年11月16日に行われた親善試合のコートジボワール戦でフル代表デビューした。ワールドカップ・ドイツ大会では出場機会こそなかったものの、優勝メンバーの1人となった。その後のEURO2008では予選から本大会に至るまでジャンルイジ・ブッフォンに次ぐ第2GKを務めた。しかし、2009年以降は代表から遠ざかるようになり、2010年の南アフリカワールドカップのメンバーに落選。ワールドカップ以降はサルヴァトーレ・シリグの台頭もあってさらに厳しい立場となっている。マルコ・アメリア フレッシュアイペディアより)

  • 1月28日

    1月28日から見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    1978年 - ジャンルイジ・ブッフォン、サッカー選手1月28日 フレッシュアイペディアより)

  • マティアス・アルメイダ

    マティアス・アルメイダから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    その後、7年間に渡りで過ごすことになった。SSラツィオ, パルマFC, インテルナツィオナーレ・ミラノと7年の間にイタリア・セリエAのクラブを渡り歩き、常に特に後者のクラブで同胞とコンビを組んだ。ラツィオでの3シーズンでは、パルマのGKジャンルイジ・ブッフォンを相手に35ヤードものゴールを決める等ファンから人気を集め、1999-2000シーズンのリーグとコッパ・イタリアの2冠に貢献した。また、UEFAカップウィナーズカップの最後の年では、RCDマヨルカとの決勝戦に先発出場しタイトルを獲得した。マティアス・アルメイダ フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たジャンルイジ・ブッフォンジャンルイジ・ブッフォン

    thumb|160px|アレッサンドロ・デル・ピエロカルチョ・スキャンダルでの厳しい処分による影響や相次ぐ主力放出により、苦戦が予想された2006?07シーズンは、アレッサンドロ・デル・ピエロ、ダヴィド・トレゼゲ、ジャンルイジ・ブッフォン、パベル・ネドヴェドなどが残留し、ディディエ・デシャン監督の下、セリエB優勝を決めて1年でのセリエA復帰を果たした。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示

「ジャンルイジ・ブッフォン」のニューストピックワード