88件中 11 - 20件表示
  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    セリエA連覇を達成。UEFAチャンピオンズリーグでは、準決勝2nd legのレアル・マドリード戦でルイス・フィーゴのPKを止めるなど大活躍を見せ決勝に進出。しかし、オールド・トラフォードで行われたミランとの決勝戦でPK戦の末に敗れて準優勝に終わった。なお、このシーズンはUEFAチャンピオンズリーグのMVP(GKとしては史上唯一)と最優秀GKに選出されている。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たFIFAワールドカップ

    自身のサッカー賭博疑惑による試合への影響が心配されたが、驚異的なセービングを連発。大会7試合を通じて2点しかゴールを許さず(1点はクリスティアン・ザッカルドのオウンゴール、1点はジネディーヌ・ジダンのPK、いわば2点とも特殊な形の失点であり、試合の流れの中でゴールを割られることはなかった。また、ファビオ・カンナバーロも素晴らしい活躍を見せ、後にバロンドールを二人で争うこととなる)、さらに、W杯史上4番目の長さとなる460分連続無失点という記録を達成し、イタリアを優勝に導き、最優秀ゴールキーパーとしてレフ・ヤシン賞を受賞。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たUEFAヨーロッパリーグ

    堅守を武器にチームはコッパ・イタリア優勝、UEFAカップ優勝、イタリア・スーパーカップ優勝という快挙を成し遂げる。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見た椎間板ヘルニア

    2010 FIFAワールドカップのイタリア代表メンバー23人に選ばれたが、連覇を狙ったこの大会でグループリーグ初戦のパラグアイ戦で負傷退場。その後、椎間板ヘルニアのため手術を受けた。11月に練習に復帰し、12月にはベンチ入りも果たしたが暫くはマルコ・ストラーリの控えとして過ごした。2011年1月14日のコパ・イタリア5回戦のカルチョ・カターニャ戦で実戦復帰。その後1月16日のASバーリ戦でリーグ戦初出場を果たした。しかし、本来のプレーには程遠く移籍後最低の16試合の出場に留まり、チームも7位に沈んでチャンピオンズリーグはおろかヨーロッパリーグの出場権すら獲得できない失意のシーズンとなった。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たサッカーパラグアイ代表

    2010 FIFAワールドカップのイタリア代表メンバー23人に選ばれたが、連覇を狙ったこの大会でグループリーグ初戦のパラグアイ戦で負傷退場。その後、椎間板ヘルニアのため手術を受けた。11月に練習に復帰し、12月にはベンチ入りも果たしたが暫くはマルコ・ストラーリの控えとして過ごした。2011年1月14日のコパ・イタリア5回戦のカルチョ・カターニャ戦で実戦復帰。その後1月16日のASバーリ戦でリーグ戦初出場を果たした。しかし、本来のプレーには程遠く移籍後最低の16試合の出場に留まり、チームも7位に沈んでチャンピオンズリーグはおろかヨーロッパリーグの出場権すら獲得できない失意のシーズンとなった。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見た2009年

    シーズン開幕から好調を維持していたが、2009年12月12日に左膝半月板の手術を行った。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たジャンルカ・ビアリ

    更に本人よると、最初は00や01の背番号を希望していたらしいが、協会から駄目出しを受けて88番を選んだとのこと。翌年にはユヴェントス移籍時に背番号に希望があるか聞かれた際には「問題になるといけないので、クラブに任せる」と答えている。なお元々ユベントスはあまり大きい背番号を認めておらず、以前にジャンルカ・ビアリが背番号99の希望を出した時は却下されている。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たロレンツォ・ブッフォン

    父親のアドリアーノは砲丸投、母親のマリアは円盤投、2人の姉は共にバレーボールのオリンピック選手、そして1962年ワールドカップ・チリ大会のイタリア代表正GKロレンツォ・ブッフォンを親戚(祖父の従兄弟)に持つというスポーツ一家に生まれた。         ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たマルチェロ・リッピ

    このシーズンにおいて自身初となるセリエA全試合出場を果たし、2001年7月2日、GKとしては史上最高額の移籍金となる5230万ユーロ(約56億円・当時)でマルチェロ・リッピ監督(前イタリア代表監督)率いるユヴェントスFC(以下ユーヴェと表記)に加入。当初はGKにこれほど多額の移籍金を支払ったユーヴェに懐疑的な見方をする専門家が多かったが、「サッカーをよく理解していない者の戯言」とブッフォンは反論し、その年のスクデット獲得に大きな貢献をする。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たクリスティアン・ザッカルド

    自身のサッカー賭博疑惑による試合への影響が心配されたが、驚異的なセービングを連発。大会7試合を通じて2点しかゴールを許さず(1点はクリスティアン・ザッカルドのオウンゴール、1点はジネディーヌ・ジダンのPK、いわば2点とも特殊な形の失点であり、試合の流れの中でゴールを割られることはなかった。また、ファビオ・カンナバーロも素晴らしい活躍を見せ、後にバロンドールを二人で争うこととなる)、さらに、W杯史上4番目の長さとなる460分連続無失点という記録を達成し、イタリアを優勝に導き、最優秀ゴールキーパーとしてレフ・ヤシン賞を受賞。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

88件中 11 - 20件表示

「ジャンルイジ・ブッフォン」のニューストピックワード