88件中 71 - 80件表示
  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見た1990 FIFAワールドカップ

    しかし、12歳のとき「とりあえず1年間だけGKをやってみよう」とGKに挑戦。その年に開催された1990 FIFAワールドカップのカメルーン代表GK、トーマス・ヌコノのプレーに感化されGKへ転向した。2007年12月、長男が誕生し憧れのプレーヤー「トーマス・ヌコノ」から名前を取って「ルイス・トーマス」と名づけている。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見た脱臼

    8月14日に行われたミランとの親善試合でカカと激突し、右肩を脱臼。長期の戦線離脱を余儀なくされ、ユーヴェはその代役としてクリスティアン・アッビアーティをミランから獲得。一旦、同年12月1日のコッパ・イタリア、フィオレンティーナ戦で復帰するが、ファビオ・カペッロ監督のまだ十分に回復していないとの判断により、その後の試合には出場せず。1月15日のレッジーナ戦で再度復帰。以降は正GKの座を奪還した。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たコパ・イタリア

    2010 FIFAワールドカップのイタリア代表メンバー23人に選ばれたが、連覇を狙ったこの大会でグループリーグ初戦のパラグアイ戦で負傷退場。その後、椎間板ヘルニアのため手術を受けた。11月に練習に復帰し、12月にはベンチ入りも果たしたが暫くはマルコ・ストラーリの控えとして過ごした。2011年1月14日のコパ・イタリア5回戦のカルチョ・カターニャ戦で実戦復帰。その後1月16日のASバーリ戦でリーグ戦初出場を果たした。しかし、本来のプレーには程遠く移籍後最低の16試合の出場に留まり、チームも7位に沈んでチャンピオンズリーグはおろかヨーロッパリーグの出場権すら獲得できない失意のシーズンとなった。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たトスカーナ

    幼少時は「よく点を決めていた」と本人が語るように、トスカーナ州選抜に選出されたり、1988-89シーズン、スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで行われたインテル対エラス・ヴェローナの前座試合に出場するなどフォワードや右サイドアタッカー(少年時代の憧れの選手はローター・マテウス)として活躍。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たゲーム

    ゲーム好きであり、オフの時間は殆どをゲームに費やしている。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たFIFA 100

    3月にFIFAが100周年を迎えるにあたって、元ブラジル代表ペレが選出したFIFA 100(偉大なサッカー選手125人)に選出される。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たファシスト

    2000-2001年シーズン開幕前に背番号88で選手登録を行ったが、ユダヤ人の市民団体の猛反発に会い、結局背番号77に変更した。8はアルファベットで8番目=Hを指し、88=HH=Heil-Hitlerを表す記号としてネオナチなどが実際使っており、この前年にもファシスト的スローガン「降伏する人々への死」と書かれたシャツを着て問題になるなど、ネオナチ主義者であると言う噂もイタリア国内では流れていた。これに対して本人は「今年は怪我をする前の状態に戻らなければならないし、私の個性を見せる大切なシーズン。『誰でも玉が1つある』って決り文句がある。8は玉が2つでできてる数字だ。88なら4つの玉を持てるじゃないか」と弁明している。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ

    幼少時は「よく点を決めていた」と本人が語るように、トスカーナ州選抜に選出されたり、1988-89シーズン、スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで行われたインテル対エラス・ヴェローナの前座試合に出場するなどフォワードや右サイドアタッカー(少年時代の憧れの選手はローター・マテウス)として活躍。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たサッカールーマニア代表

    調子の上がらないチームの中、グループリーグ第2節のルーマニア戦でアドリアン・ムトゥのPKを止めるなど獅子奮迅の活躍を見せたが、チームは準々決勝でスペインにPK戦の末、敗れた。また、大会直前にファビオ・カンナバーロが負傷離脱したため、ルーマニア戦を除く3試合をキャプテンとして臨んだ。4試合出場4失点。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たペナルティーキック

    セリエA連覇を達成。UEFAチャンピオンズリーグでは、準決勝2nd legのレアル・マドリード戦でルイス・フィーゴのPKを止めるなど大活躍を見せ決勝に進出。しかし、オールド・トラフォードで行われたミランとの決勝戦でPK戦の末に敗れて準優勝に終わった。なお、このシーズンはUEFAチャンピオンズリーグのMVP(GKとしては史上唯一)と最優秀GKに選出されている。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

88件中 71 - 80件表示

「ジャンルイジ・ブッフォン」のニューストピックワード