前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示
  • アルトゥーロ・ルポリ

    アルトゥーロ・ルポリから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    パルマの下部組織出身であり、将来的にはイタリア代表のフォワードをジュゼッペ・ロッシと共に担う存在といわれている。下の世代の代表はU-16から各年代に呼ばれ、2007年現在はU-21イタリア代表に招集されている。17歳にして国外のトップリーグに移籍した異色のキャリアの持ち主でもある。2004-2005シーズンのイングランドプレミアリーグのリザーブリーグ得点王。アルトゥーロ・ルポリ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・ロイグ

    フェルナンド・ロイグから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    1997年、それまでに一度もプリメーラ・ディビシオン在籍経験がないビジャレアルCFの会長職に就くと、就任会見で"3年以内に1部に昇格し、いずれはチャンピオンズリーグに出場する"と公約した。下部組織の充実や練習環境の整備、移動用の専用機の購入などに着手し、1年で1部昇格というひとつめの目標をクリアした。2005-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグに出場し、ふたつめの目標をクリアしている。マヌエル・ペジェグリーニ監督による長期的なチーム作りを援助し(2004年-2009年)、ジュゼッペ・ロッシ、サンティ・カソルラの獲得など選手補強の面でも優れた手腕を発揮している。フェルナンド・ロイグ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ロッシ (1987年生のサッカー選手)

    マルコ・ロッシ (1987年生のサッカー選手)から見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    パルマFCのユース出身。パルマでは、ジュゼッペ・ロッシ、ダニエレ・デッセーナ、ルカ・チガリーニなど有望な若手と共にプレーしていた。その後伸び悩み、パルマのセリエB降格(2008年)など不遇の時を過ごした。マルコ・ロッシ (1987年生のサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • イタリアのサッカークラブの下部組織

    イタリアのサッカークラブの下部組織から見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    この年代からは、プロを目指し本格的にビッグクラブの下部組織へ進む者と、地元クラブでサッカーを続ける者に分かれる。プロを目指す選手達の中には、クラブが所在する地域に住む選手だけではなく、イタリア全国や国外からスカウトされてきた選手達も所属する。レベルに応じてイタリア全国のチームが参加するナッツィオナーリ、州周辺地域のチームが参加するレッジョナーリ、県内のチームが参加するプロヴィンチャーリなどの3段階のリーグ戦があり、この段階で選手達はふるいにかけられていく。また、これらのリーグ戦で戦う選手はイタリア国外からのスカウトの対象にもなっており、近年ではパルマFCのアッリエーヴィに所属していたジュゼッペ・ロッシやアルトゥーロ・ルポリがそれぞれ国外のマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルに引き抜かれたりしている。しかし、日本で中学生に相当するこの年代の過剰なスカウティングは近年問題にもなっている。イタリアのサッカークラブの下部組織 フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックにおけるサッカー競技

    北京オリンピックにおけるサッカー競技から見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    男子サッカーでは前回王者であり、2005年と2007年のFIFA U-20ワールドカップを連覇した時のメンバーであるメッシやアグエロらを擁し、オーバーエイジでマスチェラーノ、リケルメらを加えたメンバーで前評判が最も高かったアルゼンチン代表の戦いぶりと、オリンピックでは一度も金メダルを獲得をしたことがなく、オーバーエージ枠でロナウジーニョらを招集し臨戦態勢で臨んだブラジル代表の戦いぶりが注目を集めた。両チームは準決勝で対戦してアルゼンチンが圧勝、その後アルゼンチンは決勝でナイジェリアを下して連覇を達成した。一方ブラジル代表は3位決定戦でベルギー代表に勝利し銅メダルを獲得した。得点王には4得点をあげたイタリア代表のジュゼッペ・ロッシ北京オリンピックにおけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッペ

    ジュゼッペから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    ジュゼッペ・ロッシ - サッカー選手ジュゼッペ フレッシュアイペディアより)

  • ロッシ

    ロッシから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    ジュゼッペ・ロッシ (Giuseppe Rossi, 1987年 - ) は、アメリカ合衆国出身のサッカー選手。イタリア代表。ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • イタリア系アメリカ人

    イタリア系アメリカ人から見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    ジュゼッペ・ロッシ:サッカー選手イタリア系アメリカ人 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マリア・ロメロ・ポジョン

    ホセ・マリア・ロメロ・ポジョンから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    2003年夏、ビジャレアルCFと契約した。移籍金は公開されていない。同年夏のUEFAインタートトカップでは重要な役割を果たして優勝し、2004-05シーズンは30試合に出場して4得点してクラブ史上最高位の3位フィニッシュに貢献した。2007年夏にはマンチェスター・ユナイテッドFCからジュゼッペ・ロッシが加入し、さらにニハト・カフヴェジが長期の離脱から復帰したため、ホセ・マリは地元セビージャのレアル・ベティスと1年契約を結んだ。2007-08シーズンは無得点に終わり、2008年9月24日のFCバルセロナ戦(2-3)で移籍後初得点を挙げた。契約は2010年6月までであったが、2008年12月にレアル・ベティスとの契約を解除し、2009年1月、セグンダ・ディビシオン(2部)のジムナスティック・タラゴナと契約を結んだ。2009-10シーズンは6得点を挙げたが、2010年6月に契約満了によりクラブを離れた。2010年7月、31歳のホセ・マリはセグンダ・ディビシオンに降格したばかりのヘレスCDと契約した。ホセ・マリア・ロメロ・ポジョン フレッシュアイペディアより)

  • ニハト・カフヴェジ

    ニハト・カフヴェジから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    2007-08シーズンはコンディションを整え、ジュゼッペ・ロッシとともに攻撃の核となり、リーグ戦で18得点を挙げてリーグ戦2位躍進の原動力となった。2008年5月のヘタフェCF戦では、産まれたばかりの娘に捧げる2得点を決めた。2008年6月にはUEFA欧州選手権2008に出場して負傷したが、2008-09シーズンはそれらの怪我に悩まされ、19試合(764分間)に出場したが1得点も挙げられなかった。ニハト・カフヴェジ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示

「ジュゼッペ・ロッシ」のニューストピックワード