21件中 11 - 20件表示
  • ニハト・カフヴェジ

    ニハト・カフヴェジから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    2007-08シーズンはコンディションを整え、ジュゼッペ・ロッシとともに攻撃の核となり、リーグ戦で18得点を挙げてリーグ戦2位躍進の原動力となった。2008年5月のヘタフェCF戦では、産まれたばかりの娘に捧げる2得点を決めた。2008年6月にはUEFA EURO 2008に出場して負傷したが、2008-09シーズンはそれらの怪我に悩まされ、19試合(764分間)に出場したが1得点も挙げられなかった。ニハト・カフヴェジ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年北京オリンピックのサッカー競技

    2008年北京オリンピックのサッカー競技から見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    男子サッカーでは前回王者であり、2005年と2007年のFIFA U-20ワールドカップを連覇した時のメンバーであるメッシやアグエロらを擁し、オーバーエイジでマスチェラーノ、リケルメらを加えたメンバーで前評判が最も高かったアルゼンチン代表の戦いぶりと、オリンピックでは一度も金メダルを獲得をしたことがなく、オーバーエージ枠でロナウジーニョらを招集し臨戦態勢で臨んだブラジル代表の戦いぶりが注目を集めた。両チームは準決勝で対戦してアルゼンチンが圧勝、その後アルゼンチンは決勝でナイジェリアを下して連覇を達成した。一方ブラジル代表は3位決定戦でベルギー代表に勝利し銅メダルを獲得した。得点王には4得点をあげたイタリア代表のジュゼッペ・ロッシが選ばれた。2008年北京オリンピックのサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア系アメリカ人

    イタリア系アメリカ人から見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    ジュゼッペ・ロッシ:サッカー選手イタリア系アメリカ人 フレッシュアイペディアより)

  • リデル・マトス・サントス

    リデル・マトス・サントスから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    2013年6月に、ACFフィオレンティーナにレンタルバックで復帰し、トップチームに登録される。9月19日に行われたUEFAヨーロッパリーグのグループリーグ第1戦のFCパソス・デ・フェレイラ戦でフィオレンティーナでの初ゴールを記録。後半21分にホアキンと交代し出場すると、その26秒後にファーストタッチで得点した。途中出場からの得点としては同クラブの最速記録であった。その3日後に行われた9月22日のセリエA・アタランタBC戦でジュゼッペ・ロッシとの交代で出場しセリエAデビューを果たした。リデル・マトス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • 2月1日

    2月1日から見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    1987年 - ジュゼッペ・ロッシ、サッカー選手2月1日 フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・ラニエリ

    クラウディオ・ラニエリから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    空白期間を経て、2007年2月にパルマFCの監督に就任。冬の移籍市場で加入したジュゼッペ・ロッシの大活躍にも助けられ、就任時に18位だったチームを立て直し、最終的に12位まで順位を上げてセリエA残留に成功した。クラウディオ・ラニエリ フレッシュアイペディアより)

  • サンティ・カソルラ

    サンティ・カソルラから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    マヌエル・ペジェグリーニ監督に活躍が認められ、2007年夏にビジャレアルCFに買い戻され、フアン・ロマン・リケルメが着けていた背番号8を与えられた。ニハト・カフヴェジやジュゼッペ・ロッシらの得点をアシストしつつ自身も5得点を決め、チームは過去最高の2位に躍進した。2008年8月26日にはレアル・マドリードがカソルラ獲得に興味を抱いていると報道されたが、その直後にビジャレアルとの3年間の契約延長に応じた。2009年4月初旬のUDアルメリア戦で右足の腓骨を負傷し、リーグ最終節のRCDマジョルカ戦までの数試合を欠場したが、自己最多のリーグ戦8得点を記録した。2009年10月30日、椎間板ヘルニアのために戦線離脱を余儀なくされた。サンティ・カソルラ フレッシュアイペディアより)

  • 1987年

    1987年から見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    2月1日 - ジュゼッペ・ロッシ、サッカー選手1987年 フレッシュアイペディアより)

  • アンテ・レビッチ

    アンテ・レビッチから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    2013年8月28日にフィオレンティーナに450万ユーロの移籍金で移籍、5年契約を結んだ。同年9月30日に対パルマFC戦において、前半36分にジュゼッペ・ロッシとの交代出場でセリエAデビュー及びフィオレンティーナにおいての公式戦初出場を果たした。アンテ・レビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ACFフィオレンティーナ

    ACFフィオレンティーナから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    2012-13シーズンは前シーズン攻撃的なサッカーでカターニアを躍進させたヴィンチェンツォ・モンテッラを新監督に迎えた。ナスタシッチ、ガンベリーニ、ベーラミを放出した一方、レンタルバックを含め15人もの補強を敢行。フアン・クアドラード、ボルハ・バレロ、ゴンサロ・ロドリゲス、アルベルト・アクィラーニ、ダビド・ピサーロ、ステファン・サヴィッチら新加入の選手が多く主力を担った。冬の移籍市場ではジュゼッペ・ロッシも獲得している。シーズンではピサーロ、バレーロ、アクイラーニらを中心とした攻撃的なポゼッションサッカーを展開。ヨヴェティッチ、リャイッチらの活躍もあり、得点数リーグ1位のナポリと1点差の72得点を記録。最終的にはチャンピオンズリーグ出場権は逃したが4位に入り、ヨーロッパリーグ出場権を獲得した。ACFフィオレンティーナ フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示

「ジュゼッペ・ロッシ」のニューストピックワード