1 2 次へ
15件中 11 - 15件表示
  • 2月1日

    2月1日から見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    1987年 - ジュゼッペ・ロッシ、サッカー選手2月1日 フレッシュアイペディアより)

  • サンティ・カソルラ

    サンティ・カソルラから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    マヌエル・ペジェグリーニ監督に活躍が認められ、2007年夏にビジャレアルCFに買い戻され、フアン・ロマン・リケルメが着けていた背番号8を与えられた。ニハト・カフヴェジやジュゼッペ・ロッシらの得点をアシストしつつ自身も5得点を決め、チームは過去最高の2位に躍進した。2008年8月26日にはレアル・マドリードがカソルラ獲得に興味を抱いていると報道されたが、その直後にビジャレアルとの3年間の契約延長に応じた。2009年4月初旬のUDアルメリア戦で右足の腓骨を負傷し、リーグ最終節のRCDマジョルカ戦までの数試合を欠場したが、自己最多のリーグ戦8得点を記録した。2009年10月30日、椎間板ヘルニアのために戦線離脱を余儀なくされた。サンティ・カソルラ フレッシュアイペディアより)

  • 1987年

    1987年から見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    2月1日 - ジュゼッペ・ロッシ、サッカー選手1987年 フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・ラニエリ

    クラウディオ・ラニエリから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    空白期間を経て、2007年2月にパルマFCの監督に就任。冬の移籍市場で加入したジュゼッペ・ロッシの大活躍にも助けられ、就任時に18位だったチームを立て直し、最終的に12位まで順位を上げてセリエA残留に成功した。クラウディオ・ラニエリ フレッシュアイペディアより)

  • ビジャレアルCF

    ビジャレアルCFから見たジュゼッペ・ロッシジュゼッペ・ロッシ

    2008年、スペインサッカー史上初の女性監督としてヨーロッパサッカー界に話題を呼んだ日本人の佐伯夕利子が育成部スタッフに就任。2008-09シーズンはCLの決勝トーナメント1回戦でパナシナイコスFCを破るが、準々決勝でアーセナルに破れ、同大会はベスト8、リーグ戦は5位で終えた。しかし、2011-12シーズンは開幕前にサンティ・カソルラ、ジョアン・カプデビラら主力が移籍したほか、獲得した新戦力もフィットせず、さらにはジュゼッペ・ロッシを筆頭に怪我人も続出。UEFAチャンピオンズリーグではSSCナポリ、マンチェスター・シティFC、バイエルン・ミュンヘンらと同組になるなどの不運も重なり大ブレーキ。6戦全敗でチャンピオンズリーグの舞台を去ると、国内リーグでも勝ち点を積み上げることができなかった。最終節ではビジャレアルと残留を争っていたラージョ・バジェカーノが後半ロスタイムに得点をあげて勝利し、ビジャレアルはアトレティコ・マドリードに敗戦したために18位となり、13シーズンぶりの降格が決定した。ビジャレアルCF フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
15件中 11 - 15件表示

「ジュゼッペ・ロッシ」のニューストピックワード