ジュビロ磐田 ニュース&Wiki etc.

ジュビロ磐田(ジュビロいわた、)は、日本の静岡県磐田市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ (Jリーグ) に加盟するプロサッカークラブ。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジュビロ磐田」のつながり調べ

  • AFCチャンピオンズリーグ2007

    AFCチャンピオンズリーグ2007から見たジュビロ磐田

    AFCチャンピオンズリーグ2007(AFC Champions League 2007)は、2002-2003年に第1回大会が行われて以来、5回目のAFCチャンピオンズリーグである。インドネシア、オーストラリア、韓国、中国、日本、アラブ首長国連邦、イラク、イラン、ウズベキスタン、カタール、クウェート、サウジアラビア、シリアの13の国の地域から2チーム、タイ、ベトナムの2ヶ国から1チーム、そして前回優勝チームを加えた計29チームが参加した(韓国は前回優勝チームを加え3チーム出場となる)。優勝は日本の浦和レッドダイヤモンズで、日本勢としてはアジアクラブ選手権時代の1999年のジュビロ磐田以来、現行の大会になってからは初の優勝となった。(AFCチャンピオンズリーグ2007 フレッシュアイペディアより)

  • 栗澤僚一

    栗澤僚一から見たジュビロ磐田

    2005年に大学を卒業してチームに再合流。シンプルに味方を使ってリズムを作り、豊富な運動量とミスの少ない堅実なプレーで貢献。ルーキーながら同年のリーグ戦全試合に出場した。Jリーグ初得点はJ1第4節ジュビロ磐田戦。当時FC東京が苦手としていた磐田から5年ぶりの勝利を勝ち取る値千金の決勝弾だった。2006年は負傷の影響で出場機会を減らしたが、フォアザチームを体現するプレーぶりへの信頼は厚く、同年をもって現役を引退する三浦文丈からは自身の背番号10を受け継いでほしいと後継者に指名されていた(2007年にパウロ・ワンチョペが10番を付けたため実現せず)。復調後は攻守のバランスを取りつつチームの潤滑油として奮闘を続けていたが、2008年になると新加入のMF羽生直剛と役割が重なったことなどにより、出場機会を激減させていた。(栗澤僚一 フレッシュアイペディアより)

「ジュビロ磐田」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]