前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
886件中 1 - 10件表示
  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    GK小針清允、DF白井博幸等7選手がシーズン終了をもって退団。また、ジョニウソン、ロペス、ファビーニョのブラジル人3選手全員もチームを退団。さらに、チーム最多得点を挙げたFW萬代宏樹も磐田へ完全移籍。望月も監督を退任した(「クラブスタッフ」としてフロント入り)。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原慎也

    吉原慎也から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2005年シーズンは昨シーズンからの右足首の怪我のため、開幕節から第3節までは下川誠吾の控えとしてベンチ入りし 第4節の東京ヴェルディ1969戦から出場したが、第13節のジュビロ磐田戦からは再び控えとしてベンチに入るようになった。吉原慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 松森亮

    松森亮から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    松森 亮(まつもり あきら 1977年11月19日 - )は日本の千葉県出身の元サッカー選手。ジュビロ磐田 広報、宣伝、企画、Webプランナー、運営、モデル。アパレルブランド SOPH. プレス。FC十文字VENTUS GM。妻はリポーターの細田阿也。松森亮 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県立清水東高等学校

    静岡県立清水東高等学校から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    長澤和明(元ヤマハ発動機(現ジュビロ磐田)、元日本代表 浜松大学監督、長澤まさみの父)静岡県立清水東高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 名波浩

    名波浩から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    名波 浩(ななみ ひろし、1972年11月28日 - )は、日本・静岡県藤枝市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者、解説者。J1リーグ・ジュビロ磐田監督。名波浩 フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    1990年にプロリーグ(Jリーグ=1993年創設)参加を表明。1992年4月、運営会社となる株式会社日立スポーツを設立。1993年、日立FC柏レイソルとクラブ名称を変更し、フジタ(現:湘南ベルマーレ)、ヤマハ(現:ジュビロ磐田)と共にJリーグ準会員に承認された。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • アビスパ福岡

    アビスパ福岡から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    中払大介・山下芳輝らが退団した一方、呂比須ワグナー・内藤就行・盧廷潤などが残留し、横浜FMから古賀誠史、磐田から元日本代表GKの大神友明などを補強し1年でのJ1復帰を目指したが、後半戦はわずか3勝に留まり、8位の成績。アビスパ福岡 フレッシュアイペディアより)

  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2000年、早野体制2年目。1stステージは5勝2分8敗の13位。2ndステージは開幕から5連勝。第10節の広島戦での勝利で3年ぶりに首位に立った。鹿島と優勝を争ったが、第14節で鹿島、最終節で磐田に破れ、順位は4位。なお、年間成績では6位、15勝2分13敗と3年ぶりに勝ち越した。また、天皇杯では3年ぶりにベスト4へ進出。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • サガン鳥栖

    サガン鳥栖から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    岸野体制3年目。藤田祥史が大宮に移籍し、期限付き移籍の船谷圭祐が所属元の磐田に復帰した一方、ブラジル2部・3部のクラブで42試合29得点のFWトジン、MF島田裕介、元日本代表の山田卓也や、右SB柳沢将之、左SB磯崎敬太などを獲得した。サガン鳥栖 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤洋平

    佐藤洋平から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    1997年にはジョアン・カルロス監督によって正GKに起用される。リーグ第1ステージとナビスコカップの制覇に貢献するが、ジュビロ磐田とのチャンピオンシップでは第2戦で中山雅史にボールを奪われて失点し、チームは優勝を逃した。しかし、同年の天皇杯では優勝した。しかし、1998年は膝を痛めて離脱し、高桑大二朗に正GKの座を奪われた。佐藤洋平 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
886件中 1 - 10件表示
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]