前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
637件中 1 - 10件表示
  • 吉原慎也

    吉原慎也から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2005年シーズンは開幕節から第3節までは下川誠吾の控えとしてベンチ入りし第4節の東京ヴェルディ1969戦から出場したが、第13節のジュビロ磐田戦からは再び控えとしてベンチに入るようになった。吉原慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 松森亮

    松森亮から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    松森 亮(まつもり あきら 1977年11月19日 - )は日本の千葉県出身の元サッカー選手。ジュビロ磐田広報、宣伝、企画、Webプランナー、モデル。妻はリポーターの細田阿也。松森亮 フレッシュアイペディアより)

  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    GK小針清允、DF白井博幸等7選手がシーズン終了をもって退団。また、ジョニウソン、ロペス、ファビーニョのブラジル人3選手全員もチームを退団。さらに、チーム最多得点を挙げたFW萬代宏樹も磐田へ完全移籍。望月も監督を退任した。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 柏レイソル

    柏レイソルから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    1990年にプロリーグ(Jリーグ=1993年創設)参加を表明。1992年には運営会社となる株式会社日立スポーツを設立し、初年度からのJリーグ参加は成らなかったが、「日立FC柏レイソル」(後に「日立FC」は日本協会正式登録名からは除去)とクラブ名称を改称して、フジタ(現:湘南ベルマーレ)、ヤマハ(現:ジュビロ磐田)と共にJリーグ準会員に認可された。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤洋平

    佐藤洋平から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    1997年にはジョアン・カルロス監督によって正GKに起用される。リーグ第1ステージとナビスコカップの制覇に貢献するが、ジュビロ磐田とのチャンピオンシップでは第2戦で中山雅史にボールを奪われて失点し、優勝をさらわれるという屈辱を味わう。しかし、同年の天皇杯では優勝した。佐藤洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 名波浩

    名波浩から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    名波 浩(ななみ ひろし、1972年11月28日 - )は、静岡県藤枝市出身の元プロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。Jリーグのジュビロ磐田、セレッソ大阪、東京ヴェルディ1969、イタリア・セリエAのACヴェネツィアでプレーし、2008年に現役引退。現在はジュビロ磐田のアドバイザーおよびサッカー解説者として活動を行なっている。Jリーグベストイレブンを4度受賞。名波浩 フレッシュアイペディアより)

  • 菅沼実

    菅沼実から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    菅沼 実(すがぬま みのる、1985年5月16日 - )は、埼玉県岩槻市(現さいたま市岩槻区)出身のサッカー選手である。Jリーグ・ジュビロ磐田所属。菅沼実 フレッシュアイペディアより)

  • 赤嶺真吾

    赤嶺真吾から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2007年は原博実監督が、4-2-3-1の布陣を採用し、センターフォワードとしてルーカスを固定的に起用。これにより、途中出場の機会が与えられるのは2列目の攻撃的MFに限定され、赤嶺は練習試合で得点を重ねていたものの、ベンチ入りもままならなかった。しかし、第20節磐田戦で大敗したことをきっかけに、第21節柏戦からは赤嶺とルーカスが2トップを組む形での4-4-2に変更。シーズン終盤には右膝外側半月板損傷により欠場したが、スターティングメンバーに定着しFWの一角として存在感を示した。赤嶺真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヴェルディ1969

    東京ヴェルディ1969から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2005年、ブラジル全国選手権得点王のワシントンを獲得したが、7月2日のG大阪戦、7月6日の浦和戦、7月17日の磐田戦での大量失点が響き、アルディレスが解任され、バドンが監督に就任したが、思うように試合が運ばず、11月26日の柏戦で1-5の大敗を喫し、Jリーグ ディビジョン2(J2)降格が決まった(柏は、後の監督であるラモス瑠偉がコーチを務めていた)。これを受けてバドンは退任した。天皇杯優勝によって獲得した2006年度AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権がJ2降格によって剥奪されるのではないかと心配されていたが、AFCから出場が認められた。東京ヴェルディ1969 フレッシュアイペディアより)

  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2000年、1stステージは5勝2分8敗の13位。2ndステージは開幕から5連勝。第10節の広島戦での勝利で3年ぶりに首位に立った。鹿島と優勝を争ったが、第14節で鹿島、最終節で磐田に破れ、順位は4位。なお、年間成績では6位、15勝2分13敗と3年ぶりに勝ち越した。また、天皇杯では3年ぶりにベスト4へ進出。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
637件中 1 - 10件表示

「ジュビロ磐田」のニューストピックワード