886件中 91 - 100件表示
  • 2008年J1最終節

    2008年J1最終節から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2008年J1最終節(2008ねんJ1さいしゅうせつ)は、2008年12月6日に行われた日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)ディビジョン1(J1)第34節のことを指すが、本項ではその中でJ2降格の可能性があった大宮アルディージャ(以下「大宮」)、アルビレックス新潟(以下「新潟」)、ジュビロ磐田(以下「磐田」)、東京ヴェルディ(以下「東京V」)、ジェフユナイテッド千葉(以下「千葉」)の試合について記す。2008年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 寺田周平

    寺田周平から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    チームがJ1に昇格した2000年にもレギュラーとなったが、5月の練習中に膝の靱帯を損傷し離脱。5月3日の磐田戦でJリーグ初ゴールと初退場を記録した直後の負傷で、さらに他の負傷なども重なって、公式戦復帰には約2年半を要した。以降、運動量が比較的少なくて済み、屈強な身体を活かせるディフェンダー(センターバック)に転向したが、度重なる怪我に悩まされ、ほとんど公式戦に出場できない日々が続いた。しかし2004年に復活を遂げ、伊藤宏樹、箕輪義信と組んだ長身3バック(通称・川崎山脈)は守備の安定に貢献した。寺田周平 フレッシュアイペディアより)

  • 坪内秀介

    坪内秀介から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2014年8月6日、ジュビロ磐田へのレンタル移籍が発表され、翌年1月7日に完全移籍が発表された。2015年4月19日に行われた東京ヴェルディ戦でシーズン初スタメンで、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。その事について「人生で初めてでしたし、正直、冗談かなと思いました(笑)」と話している。坪内秀介 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のサッカー

    2007年のサッカーから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    5月3日 - ジュビロ磐田・中山雅史が対清水エスパルス戦でゴールを決め、14年連続得点を達成。2007年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のサッカー

    2012年のサッカーから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    【Jリーグ】アルビレックス新潟が解任した黒崎久志監督の後任に柳下正明前ジュビロ磐田監督の就任を発表。2012年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のサッカー

    2013年のサッカーから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    【Jリーグ】ジュビロ磐田が森下仁志監督の退任を発表。2013年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のアルビレックス新潟

    2005年のアルビレックス新潟から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2005シーズンはシーズンを通して守備が安定せず厳しい戦いが続いたが、ベテラン選手やシーズン途中に磐田から期限付き移籍で獲得したMF菊地直哉ら守備陣のふんばりとファビーニョ、エジミウソン、アンデルソン・リマのブラジル人トリオを軸にした攻撃陣の奮闘もありJ1残留を果たし、最終的には11勝9分14敗(勝点42)の12位でリーグ戦を終えた。シーズン終了後、5年間にわたり指揮を執った反町康治監督が勇退した。2005年のアルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原隆

    桑原隆から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    現役時代は古河電気工業サッカー部(ジェフユナイテッド市原・千葉の前身)でプレーし、現役晩年にはコーチも兼任。PJMフューチャーズ/鳥栖フューチャーズでコーチや監督などを務めた後、1996年に強化育成アドバイザーとしてジュビロ磐田入りした。桑原隆 フレッシュアイペディアより)

  • チョ宰榛

    チョ宰榛から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2010年はルーカスの負傷、その他ブラジル人選手の調整不足やペドロ・ジュニオールの造反行為もあり、開幕から主力を張るが、度重なる負傷に加え平井将生や宇佐美貴史といった若手FWの台頭、更には7月にジュビロ磐田から同じ韓国人の李根鎬の加入もありシーズン終了後、ガンバ大阪を退団。チョ宰榛 フレッシュアイペディアより)

  • クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレス

    クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレスから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2005年12月17日、ガンバでのラストマッチとなった天皇杯5回戦柏レイソル戦でも2ゴールを挙げ、ナビスコカップでの6ゴールも合わせて公式戦年間41ゴールを達成。これは中山雅史(磐田)が1998年シーズンに記録した40ゴールを上回るJリーグ新記録で、合計41得点のなかにPKでの得点は1点も無かった。この成績から2005年度JリーグアウォーズでMVPや「日本年間最優秀選手賞」を受賞。2005年に彼が33得点を決めて以来、リーグ戦で30得点以上を記録した選手は現れていない。クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレス フレッシュアイペディアより)

886件中 91 - 100件表示
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]