886件中 111 - 120件表示
  • 半場康好

    半場康好から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    現在は、ジュビロ磐田のスクールコーチをしている。半場康好 フレッシュアイペディアより)

  • 野沢拓也

    野沢拓也から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2006年シーズン途中に小笠原がイタリアへ移籍する際には後継者に指名され、レギュラーとしての地位を築いた。12月2日に行われた磐田戦(カシマ)では、自身初となるハットトリックも達成した。野沢拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地直哉

    菊地直哉から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    高校卒業後はジュビロ磐田に入団。2005年途中に出場機会を求めてアルビレックス新潟へ期限付き移籍。同年10月1日に開催された第26節(対戦相手: 川崎フロンターレ)では、交代枠を使い切った後にゴールキーパーの野澤洋輔がゴールエリア外でハンドを取られて退場処分となったため、急遽ゴールキーパーを務めるという経験もした。菊地直哉 フレッシュアイペディアより)

  • 柳下正明

    柳下正明から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    卒業後はヤマハ発動機サッカー部(後のジュビロ磐田)でDFとして活躍。1982年の天皇杯優勝、1987年の日本リーグ優勝などに貢献した。本人は現役時代の自分を「もともとは激しいプレーヤー。だんだん経験を積み、また体もそんなに大きくなかったので、徐々にポジショニングや予測を生かしてボールを奪うという守備をするようになった」と回想している。柳下正明 フレッシュアイペディアより)

  • 第78回全国高等学校サッカー選手権大会

    第78回全国高等学校サッカー選手権大会から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    松井大輔(鹿児島実→京都→ル・マン→サンテティエンヌ→グルノーブル→トム・トムスク→ディジョン→PFCスラヴィア・ソフィア→レヒア・グダニスク→磐田)第78回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 高木和道

    高木和道から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2016年1月7日にジュビロ磐田へ完全移籍する事が発表されたが、シーズン終了後に退団。高木和道 フレッシュアイペディアより)

  • 榎本哲也

    榎本哲也から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2003年のJ1ファーストステージ開幕戦のジュビロ磐田戦でデビュー。J1セカンドステージ、優勝が懸かった最終節の磐田戦で前半16分、フィードキックを邪魔されたとしてグラウのラフプレーから小競り合いを起こしレッドカードで退場、下川健一が緊急出場した。榎本哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 牟田雄祐

    牟田雄祐から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2013年3月2日の開幕戦となるジュビロ磐田戦で、クラブとしては片山奨典以来7年ぶりの新人開幕スタメンを果たしたが、後半で途中交代となりほろ苦いデビューとなった。その後は試合にほとんど絡むことができず、第25節の清水エスパルス戦から5試合連続で先発出場するなどしたものの、出場機会は限られた。牟田雄祐 フレッシュアイペディアより)

  • 平戸太貴

    平戸太貴から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2016年、町田、田中、垣田とともにトップチームに昇格した。5月25日、ナビスコカップ第6節のジュビロ磐田戦で公式戦初出場を果たした。平戸太貴 フレッシュアイペディアより)

  • 成岡翔

    成岡翔から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    ワールドユースに出場したユース代表でも中心選手として活躍し将来を嘱望されていたが、高校時代の目立ったタイトルはないため「無冠の帝王」と呼ばれていた。高校卒業時、Jリーグの各クラブが獲得に名乗りを上げたが、最終的に当時Jリーグ二強を誇った鹿島アントラーズと強化指定選手に登録されていたジュビロ磐田に進路を絞る。成岡翔 フレッシュアイペディアより)

886件中 111 - 120件表示
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]