886件中 121 - 130件表示
  • 菊池忍

    菊池忍から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2002年 - 2005年 ジュビロ磐田:トレーナー フィジカルコーチ菊池忍 フレッシュアイペディアより)

  • 神田夢実

    神田夢実から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2013年3月3日、J2第1節千葉戦において、クラブとしては前年の奈良竜樹に続く通算4人目の高卒新人開幕スタメンを飾った。その後出場機会に恵まれない時期も続いたが、10月13日、天皇杯3回戦磐田戦に先発出場し決勝点となる公式戦初ゴールを挙げた。神田夢実 フレッシュアイペディアより)

  • 前田俊介

    前田俊介から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    また、この年は2種登録選手としてJ1に数試合出場、2ndステージジュビロ磐田戦でJリーグ初得点、チームの勝利とJ1残留を決定付ける決勝点を挙げた。前田俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 山本脩斗

    山本脩斗から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    高校時代は岩手の盛岡商業高校で、2年生から背番号「10」を背負いレギュラーとして選手権に出場した。早稲田大学では、2006年に北京オリンピック日本代表候補にも選出されている。2008年シーズンよりJリーグのジュビロ磐田に加入することが内定していたが、入団前のメディカルチェックにおいて、原発性左鎖骨下静脈血栓症(ページェット・シュレッター症候群)であることが判明。契約社員として磐田に籍のみを置き、完治後の正式契約を目指して治療に専念していたが完治し、2008年6月7日付で正式にチームと契約を結んだ。山本脩斗 フレッシュアイペディアより)

  • 菅沼駿哉

    菅沼駿哉から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2012年はジュビロ磐田へ期限付き移籍で加入した。序盤は出番は少なかったが、中盤以降は怪我人が多く出たこともあり、徐々に出場機会を増やし、後半戦はレギュラーとなった。菅沼駿哉 フレッシュアイペディアより)

  • 大石健太

    大石健太から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田の下部組織出身。駒澤大学の4年時、関東大学サッカーリーグ戦2部でベストイレブンに選出される活躍を見せ、チームの1部復帰に貢献した。大石健太 フレッシュアイペディアより)

  • 川島大地

    川島大地から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2014年、ギラヴァンツ北九州へ移籍。4月13日の対ジュビロ磐田戦で初先発を勝ち取り、リーグ戦初ゴールを決めた。同試合で右膝前十字靭帯を損傷。戦線を離脱する。川島大地 フレッシュアイペディアより)

  • 藤ヶ谷陽介

    藤ヶ谷陽介から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    しかし、2012年は開幕から不安定なプレーを露呈。4月28日の鹿島アントラーズ戦では、遠藤康からのスルーパスをクリアできず空振りし、大迫勇也にゴールを許したミスを含めて5失点で大敗すると、5月6日の大宮アルディージャ戦からは木村敦志にレギュラーを奪われた。6月26日に木村が負傷離脱した後は再びレギュラーに戻るも、28試合出場で58失点を喫し、リーグ戦17試合以上に出場したGKの中で最低のセーブ率を記録するなどシーズン通して安定感の欠ける1年となり、チームも終始低迷。最終節のジュビロ磐田戦で敗れ、J2降格が決まった。藤ヶ谷陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 上原力也

    上原力也から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    上原 力也(うえはら りきや、1996年8月25日 - )は、静岡県伊東市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ジュビロ磐田所属。ポジションはMF。上原力也 フレッシュアイペディアより)

  • 井澤惇

    井澤惇から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2011年には自身初のJ1を経験。リーグ戦終盤になってレギュラーに据えられると、11月19日の第32節磐田戦でJ1初得点を挙げた。2012年からは背番号10を任され、その重圧と戦いながらのシーズンとなったが、中盤の様々なポジションに順応。J1復帰の懸かった湘南戦で得点を挙げ、J2優勝及び1年でのJ1復帰に貢献した。同年入籍。2013年は序盤こそ先発出場を続けたものの、右膝内側側副靱帯を痛めたことでシーズン半ばから導入した新布陣への適応に遅れ、9月には同箇所の負傷により再離脱する苦しい1年となった。井澤惇 フレッシュアイペディアより)

886件中 121 - 130件表示
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]