886件中 21 - 30件表示
  • 栗澤僚一

    栗澤僚一から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2005年に大学を卒業してチームに再合流。シンプルに味方を使ってリズムを作り、豊富な運動量とミスの少ない堅実なプレーで貢献。ルーキーながら同年のリーグ戦全試合に出場した。Jリーグ初得点はJ1第4節ジュビロ磐田戦。当時FC東京が苦手としていた磐田から5年ぶりの勝利を勝ち取る値千金の決勝弾だった。2006年は負傷の影響で出場機会を減らしたが、フォアザチームを体現するプレーぶりへの信頼は厚く、同年をもって現役を引退する三浦文丈からは自身の背番号10を受け継いでほしいと後継者に指名されていた(2007年にパウロ・ワンチョペが10番を付けたため実現せず)。復調後は攻守のバランスを取りつつチームの潤滑油として奮闘を続けていたが、2008年になると新加入のMF羽生直剛と役割が重なったことなどにより、出場機会を激減させていた。栗澤僚一 フレッシュアイペディアより)

  • 赤嶺真吾

    赤嶺真吾から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2007年は、原博実監督から「使い続ければ二桁は(得点を)取れる」と期待を寄せられてはいたものの、原は4-2-3-1の布陣を採用し、センターフォワードとしてルーカスを固定的に起用。これにより、途中出場の機会が与えられるのは2列目の攻撃的MFに限定され、赤嶺は練習試合で得点を重ねていたものの、ベンチ入りもままならなかった。しかし、第20節磐田戦で大敗したことをきっかけに、第21節柏戦からは赤嶺とルーカスが2トップを組む形での4-4-2に変更。シーズン終盤には右膝外側半月板損傷により欠場したが、スターティングメンバーに定着し、前線からの果敢なプレスでチームを活性化。FWの一角として存在感を示した。シーズン終了後入籍。赤嶺真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 茶野隆行

    茶野隆行から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2005年に10年間在籍したジェフユナイテッド市原からジュビロ磐田に移籍した。茶野隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のサッカー

    2014年のサッカーから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    【Jリーグ】J2第33節首位の湘南ベルマーレが京都サンガと2-2で引き分け勝点84とし3位のジュビロ磐田が水戸ホーリーホックに1-4で敗れた為両チームの勝点差が28となり、湘南が9試合を残し2位以内が確定し2年ぶりのJ1復帰が決定。2014年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • ハーフナー・ディド

    ハーフナー・ディドから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    その後はジュビロ磐田(GKコーチ兼任)、コンサドーレ札幌などで選手として活躍。ハーフナー・ディド フレッシュアイペディアより)

  • 菅沼実

    菅沼実から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2010年は出場機会を減らしていたところ、7月に中盤の選手の競争活性化などを目論むジュビロ磐田のオファーを受けてレンタル移籍。途中出場が主ではあったがこの年のナビスコカップ優勝に貢献するなど活躍し、同年12月29日に古賀正紘と共に完全移籍した。菅沼実 フレッシュアイペディアより)

  • 山本康裕

    山本康裕から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    山本 康裕(やまもと こうすけ、1989年10月29日 - )は静岡県浜松市出身のサッカー選手。ポジションはMF。Jリーグ・ジュビロ磐田所属。山本康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田光範

    吉田光範から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    刈谷市立衣浦小学校、刈谷市立刈谷南中学校、愛知県立刈谷工業高校卒業。小学2年生の時に体育の授業で初めてサッカーボールに触れ、小学4年生の時に刈谷サッカースクールに入団した。中学校時代の1976年には刈谷サッカースクールの代表選手としてアメリカに遠征している。高校卒業後、杉山隆一が監督を務める日本サッカーリーグ(JSL)のヤマハ発動機サッカー部に入団。1981年シーズンは10位で2部降格となったが、ハンス・オフトが監督に就任した1982年シーズンには2部で優勝して1部昇格。1983年には天皇杯で優勝し、1987年にはJSLで優勝した。日本代表やジュビロ磐田での職人的な守備的MFとしての印象が強いが、選手経歴の中盤まではセンターフォワードとしてプレーしていた。1982年の天皇杯決勝、フジタ工業戦では延長前半4分にボレーシュートで決勝ゴールを決め、同サッカー部に初タイトルをもたらした。吉田光範 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のサッカー

    2010年のサッカーから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    【Jリーグ】ヤマザキナビスコカップ決勝でジュビロ磐田がサンフレッチェ広島を延長の末5-3で下し、12年ぶり2回目の優勝。2010年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木政一

    鈴木政一から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    サッカーを始めたのは中学3年の時と遅かったが、山梨県立石和高等学校、日本体育大学ではそれぞれ主将を務めた。大学時代は全日本大学サッカー選手権大会で法政大学を破り優勝も経験している。その後1977年にヤマハ発動機サッカー部(Jリーグ所属のジュビロ磐田の前身)に入団。以来、2010年まで選手・指導者時代を通して30年以上ヤマハ・磐田に在籍した(ちなみにプロ契約はしていない「サラリーマン」であった)。選手としては1982年の天皇杯に優勝している。鈴木政一 フレッシュアイペディアより)

886件中 21 - 30件表示
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]