637件中 31 - 40件表示
  • 横浜フリューゲルス

    横浜フリューゲルスから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    そんな合併消滅劇の中、第78回天皇杯が開幕し、フリューゲルスは調印式後の12月13日に初戦を迎えた。同大会においては出場機会に恵まれず翌年の所属先が決まっていなかった選手たちを出場させて他チームへのアピールの場にしようとも考えられていたが、当時ベンチ入りの機会すら少なかった桜井孝司らの「強いフリューゲルスを見せよう」という一言でチームがさらに一丸となった。負ければその時点でチーム消滅という状況下で、準々決勝でジュビロ磐田、準決勝で鹿島アントラーズと当時のJリーグで突出した強さを持っていた2チームを破り決勝まで勝ち進んだ。横浜フリューゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ヴィッセル神戸

    ヴィッセル神戸から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    キャプテンは大久保嘉人に、副キャプテンは北本久仁衛、榎本達也に決定した。開幕から好調を維持し、一時は2位につけていたが磐田戦でレアンドロが右鎖骨骨折をすると失速。その後古賀誠史、北本久仁衛ら主力が次々と怪我をし、降格圏内まで成績が落ち、昇格組との3連戦では勝ち星なしに終わったが、11月23日のFC東京戦で残留を決めた。しかし目標であった5位以内を達成する事は出来ず実質2年間指揮を執っていた松田浩が監督を解任された。ヴィッセル神戸 フレッシュアイペディアより)

  • FC東京

    FC東京から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    開幕直後はそれまで苦手とした磐田に勝利し首位に立つなどしたが、それ以後は4-3-3の新布陣や新加入MFダニーロの不発などでチームワーストの6連敗を喫し、優勝戦線から早々に脱落。5月には原の監督解任が現実味を帯びた時期もあり、9月の横浜FM戦(日産スタジアム)で石川直宏の負傷退場(膝靭帯完全断裂により復帰まで約8か月を要した)、直後のルーカスの意識不明・救急車搬送による試合終了等もあった。終盤戦は12試合負けなしの成績も残して、年間順位は10位。シーズン終了後に、原が監督を退任。また、加地亮がG大阪へ移籍した。FC東京 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    V川崎からビスマルク、平塚から名良橋晃を獲得。ゼロックス・スーパーカップで初優勝を果たした。リーグ戦は1stステージで優勝。サントリー・チャンピオンシップは2ndステージ優勝のジュビロ磐田に2連敗でタイトルはならなかった。しかし、ナビスコカップと天皇杯を初制覇した。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    柏からDF土屋征夫、波戸康広、東京VからMF小林慶行、小林大悟、神戸から佐伯直哉を獲得し、またFWには吉原宏太(G大阪)、サウル・マルティネス(前・上海申花・ホンジュラス代表)、GK江角浩司(前・大分)など各ポジションに選手を補強、シーズン途中に元磐田のFWロドリーゴ・グラウを獲得した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • セレッソ大阪

    セレッソ大阪から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    4月15日 - 長居での磐田戦で 1-9 の敗戦。Jリーグ最多失点・得点記録。セレッソ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 駒野友一

    駒野友一から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    駒野 友一(こまの ゆういち、1981年7月25日 - )は、和歌山県海南市出身のサッカー選手。日本代表。ジュビロ磐田所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。広島県立吉田高等学校卒業。駒野友一 フレッシュアイペディアより)

  • 山田松市

    山田松市から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    1990年に本田技研のヘッドコーチに就任。1992年にはJリーグ入りを目指すヤマハ(現・ジュビロ磐田)に移籍し、10年間にわたって磐田のコーチングスタッフとして活動する。山田松市 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のサッカー

    2007年のサッカーから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    5月3日 - ジュビロ磐田・中山雅史が対清水エスパルス戦でゴールを決め、14年連続得点を達成。2007年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 小林弘記

    小林弘記から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田所属時からチームに確固たる正ゴールキーパーが居る場合が多く、湘南ベルマーレに移籍するまではバックアッパーとしてチームを支える事がほとんどであった。湘南では正GKとしてリーダーシップを発揮。2007年にロッソ熊本(当時)移籍後も全試合フル出場で奮闘し、チームのJ2昇格に貢献したが、2009年シーズン終了をもって現役引退した。小林弘記 フレッシュアイペディアより)

637件中 31 - 40件表示

「ジュビロ磐田」のニューストピックワード