886件中 41 - 50件表示
  • 豊田陽平

    豊田陽平から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2004年に名古屋グランパスエイトに加入。2004年8月21日の磐田戦にてJリーグ初出場。2005年7月13日の鹿島戦で初得点を決めた。豊田陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保嘉人

    大久保嘉人から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    複数のJクラブによる争奪戦が展開されたが小峯からはセレッソ大阪かアビスパ福岡を勧められ、2001年に目標の森島寛晃が在籍するC大阪に加入。同年3月17日にJ1・1st第2節浦和戦に途中出場しJリーグデビューを果たす。ナビスコカップ1回戦磐田戦の先制点がプロ初得点。1st第5節磐田戦でリーグ戦初得点を挙げたが、前半32分に田中誠との口論の末に両者にレッドカードが提示され退場処分を受けた。田中とはその後Jリーグアウォーズの場で和解している。その後、左三角靱帯損傷によって同年開催のワールドユース出場を逃し、リハビリ中の筋力トレーニングでキレを失ったこともあってリーグ戦も大半が途中出場で通年2得点に留まった。同年末、C大阪は総合成績で16位となりJ2へ降格したが、高校時の恩師小嶺や先輩に相談を仰いだ上でC大阪残留を選択した。大久保嘉人 フレッシュアイペディアより)

  • 中川寛斗

    中川寛斗から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2013年4月27日、J1第8節ジュビロ磐田戦で公式戦初出場。同年8月にはU-19日本代表に選出され、スペイン・バレンシアで開催されたに参加した。湘南では在籍2年間でリーグ戦10試合に出場し、2014年にはJ2リーグ優勝を達成した。中川寛斗 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    チーム成績は低迷し、V川崎とリーグ戦で初対戦 となった4月22日・1stステージ第8節の「川崎ダービー」にも敗れ、5月3日・第10節の磐田戦では藤田俊哉にペナルティーキックだけで3得点のハットトリックを許す空前絶後の記録を許して1 - 5と大敗した後にゼッカを解任し、ヘッドコーチの今井敏明が後任の監督に就任。5月27日・第15節(最終節)のC大阪戦(長居)ではシーズン後に同年のJリーグ優秀新人賞を獲得した我那覇和樹の得点に続いて浦田尚希が延長Vゴールを決め、2 - 1で勝利してC大阪の優勝を阻止した が、1stステージは16チーム中15位で終え、2ndステージでも苦戦が続いた。8月19日・第10節の市原戦に敗れてJ1残留の可能性が低くなると、その後のナビスコ杯準々決勝でV川崎に勝利してベスト4に進んだ後にクラブはシーズン2度目の監督交代に踏み切り、育成部から移動させた小林寛を監督とした。この時期までに外国人選手は全員入れ替わり、出番が減った鈴木隆行も鹿島に戻るなど、チームは開幕前から大きく様変わりしていた。新体制で臨んだナビスコ杯準決勝では京都を下して決勝に進出したが、決勝では鹿島に敗れてタイトルを逃し、リーグ戦でも11月18日・第13節(日立柏)の柏戦を戦う前に残留争いの対象チームが勝利を飾ったためJ2降格が決定した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • ジェフユナイテッド市原・千葉

    ジェフユナイテッド市原・千葉から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    主力であった茶野隆行、村井慎二が揃ってジュビロ磐田に移籍した一方、ブルガリア代表のイリアン・ストヤノフを獲得した。1シーズン制となったリーグ戦において、序盤は出遅れるも混戦となった中盤から徐々に追い上げ、最終節まで優勝争いに加わり、年間成績は2年連続の4位。ジェフユナイテッド市原・千葉 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡放送

    静岡放送から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    3月10日 - (TV)情報通信技術をテレビ放送に応用した「IPライブ」(2017年にソニーが開発)の運用を国内で始めて開始した。10日にヤマハスタジアム(磐田市)で行われたサッカーJリーグ1部(J1)のジュビロ磐田 - FC東京の試合で初めて実用した。静岡放送 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野貴章

    矢野貴章から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    小学生時代はジュビロ浜北サッカースクール付属少年団に在籍。中学生時代に在籍したヤマハジュビロSSではサイドバックを務めていたが、浜名高校在籍時にフォワードにコンバートされた。2001年にはU-17日本代表としてU-17世界選手権に出場し、5-1と大敗したフランス戦でゴールを決めた。2002年は、ジュビロ磐田の強化指定選手に登録された。矢野貴章 フレッシュアイペディアより)

  • セレッソ大阪

    セレッソ大阪から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    4月15日 - 長居での磐田戦で 1-9 の敗戦。Jリーグ最多失点・得点記録。セレッソ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 中山雅史

    中山雅史から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    日本プロサッカー選手会名誉会長。ゴン中山の愛称で知られる。ほかに、中山隊長、隊長の愛称がある。1996年から1998年までジュビロ磐田でキャプテンを務めた。中山雅史 フレッシュアイペディアより)

  • ロアッソ熊本

    ロアッソ熊本から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    シーズン開始後の4月に、2月より練習生として参加していたファビオとターレスが入団した。2010 FIFAワールドカップによる中断期間に浦和より堤俊輔がレンタル移籍で加入。中断期間終了直後の7月にターレスが退団したが、7月21日には磐田よりカレン・ロバート、8月1日には横浜FCより片山奨典が完全移籍した。ロアッソ熊本 フレッシュアイペディアより)

886件中 41 - 50件表示
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]