886件中 51 - 60件表示
  • 澤登正朗

    澤登正朗から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    1998年は、5月9日の1st第12節のヴィッセル神戸戦で、リーグ戦初となるハットトリックを達成。1stステージはジュビロ磐田と優勝争いを演じ、最終節で勝ち点が並ぶ接戦となったが得失点差で2位に終わった。同年9月23日、2nd第7節の鹿島アントラーズ戦では、Jリーグ史上初のリーグ戦200試合出場を達成した。また、1998年はシーズン序盤に突発性難聴発症というアクシデントに見舞われたが、自身のプロキャリアの中で最多得点となる公式戦15得点を挙げる活躍を魅せた。澤登正朗 フレッシュアイペディアより)

  • 石野竜二

    石野竜二から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田ユース出身者として、佃賢典に続く2人目のトップ昇格選手。ユース時代は広い視野と正確なパスが持ち味の攻撃的なMFとして活躍し、サテライトリーグでは1995年高校2年次に5試合、3年次には13試合に出場した。1997年にトップチームに昇格するも出場機会に恵まれず、1998年オフに退団しそのまま引退した。石野竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田正義

    岡田正義から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2001年12月2日、J1チャンピオンシップジュビロ磐田-鹿島アントラーズ戦岡田正義 フレッシュアイペディアより)

  • 佃賢典

    佃賢典から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田ユース出身者として、初のトップ昇格選手。1977年に北海道に生まれ、小学校2年生からサッカーを始める。小学校3年生の時に静岡県浜松市に移住し、ヤマハサッカースクールに通い始める。ジュビロ磐田ユースでは空中戦と1対1に強い長身ストッパーとして活躍し、1995年にはU-19日本代表に招集された。佃賢典 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池直喜

    菊池直喜から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    1992年遠野高校を卒業後ヤマハ発動機(現 ジュビロ磐田)に入部。ジュビロ磐田を退団後は福島FC、新日鐵釜石サッカー部などに所属。菊池直喜 フレッシュアイペディアより)

  • 高円宮杯第18回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会

    高円宮杯第18回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田ユース (準優勝クラブ・東海地区第1代表・3年ぶり4回目)高円宮杯第18回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • どんなに どんなに

    どんなに どんなにから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    「ウィーアーワン」は、ジュビロ磐田の2014年シーズンソングとなっており、当時ジュビロ所属でMVにも出演している山田大記が歌詞に参加している。どんなに どんなに フレッシュアイペディアより)

  • 堀井美晴

    堀井美晴から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    引退後はヤンマーのコーチ、セレッソ大阪のスカウト、ガンバ大阪のコーチ、サテライトチームの監督を務めた後、2001年に川崎フロンターレ監督に就任した。しかしチームの調子は上がらずシーズン途中で解任された。その後は2003年に神戸国際大学サッカー部監督、2004年にジュビロ磐田ヘッドコーチを務め、2005年から2007年まで川崎フロンターレU-18の監督であった。堀井美晴 フレッシュアイペディアより)

  • 小林稔 (サッカー選手)

    小林稔 (サッカー選手)から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    小林 稔(こばやし みのる、1976年5月14日 - )は、神奈川県綾瀬市綾西出身のサッカー指導者、元プロサッカー選手。現在はジュビロ磐田のコーチ。現役時代のポジションはディフェンダー(主に右サイドバック)。小林稔 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 小長谷喜久男

    小長谷喜久男から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    明治大学卒業後、ヤマハ発動機サッカー部(現・ジュビロ磐田)に入部して選手としてプレー。小長谷喜久男 フレッシュアイペディアより)

886件中 51 - 60件表示

「ジュビロ磐田」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]