637件中 51 - 60件表示
  • サルヴァトーレ・スキラッチ

    サルヴァトーレ・スキラッチから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    しかし、その後は故障などもあって本来の実力を発揮できず、1992年にはインテル・ミラノへ移籍したが不振に終わり、1994年からはジュビロ磐田でプレー。磐田での登録名はスキラッチ。1995年には福田正博に次ぐ31得点を挙げた。1997年シーズン早々に腰痛が悪化して帰国。そのまま磐田を退団して現役を引退した。サルヴァトーレ・スキラッチ フレッシュアイペディアより)

  • 菊池直喜

    菊池直喜から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    1992年遠野高校を卒業後ヤマハ発動機(現 ジュビロ磐田)に入部。ジュビロ磐田を退団後は福島FC、新日鐵釜石サッカー部などに所属。菊池直喜 フレッシュアイペディアより)

  • 岬太郎

    岬太郎から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    明和FC(日向小次郎とのコンビ) - ふらの小サッカー部(松山光とのコンビ) - 難波FC(中西太一とのコンビ)でこの3校は順不同 - 南葛小サッカー部 - 南葛SC - 西峰小サッカー部 - フランス日本人学校(所属クラブなし)- 南葛中 - 南葛高校 - ジュビロ磐田 (テクモ版では南葛高校(II) - シャンゼリゼ(III) - マルセイユ(IV) - パリ(V)))岬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 茶野隆行

    茶野隆行から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2005年に10年間在籍したジェフユナイテッド市原からジュビロ磐田に移籍した。茶野隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 李根鎬

    李根鎬から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2008年シーズンオフにヨーロッパ進出を目指して大邱を退団。交渉を重ねたが不調に終わり無所属状態になっていたが、2009年4月2日にJリーグのジュビロ磐田と夏の欧州移籍を認めるとの条項を付して9ヶ月契約を結んだ。李が以前に「(ヨーロッパに比べるとレベルの低い)Jリーグには行きたくない」と発言していたため、韓国のサッカーファンはこの移籍に憤激している。Jデビュー戦でいきなり2ゴールを挙げて開幕から5試合未勝利だった磐田に初勝利をもたらし、その後の8試合で6ゴールをあげて磐田を最下位から9位まで浮上させる原動力となった。李根鎬 フレッシュアイペディアより)

  • 山西尊裕

    山西尊裕から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    1995年 - 2004年 - ジュビロ磐田山西尊裕 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯直哉

    佐伯直哉から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    小学校3年生でサッカーを始める。中学入学時に読売日本サッカークラブジュニアユースに入団し、高校入学時に読売ユースに昇格。1993年にU-17日本代表に招集された経歴も持つ。国士舘大学に進学後、ユニバーシアード代表での活躍などが認められ、2000年にジュビロ磐田に入団。2001年途中にヴィッセル神戸に期限付き移籍してレギュラーの座を掴む。その後、神戸に完全移籍。2003年には右膝前十字靭帯断裂の重傷を負い、約1年をリハビリに費やすも復活。神戸がJ2に降格した2006年に大宮アルディージャへ移籍した。大宮加入1年目は出番に恵まれず、シーズン後半は神戸時代に佐伯を重用した川勝良一が監督のアビスパ福岡にレンタル移籍。2007年から大宮に復帰、ボランチのレギュラーとして活躍。2008年シーズンを持って大宮を戦力外通告されたが、2009年、J1のジェフユナイテッド千葉・市原へ移籍が決定した。だがここでも1年で戦力外となり、ユース時代に所属しており川勝良一が新監督に就任した東京ヴェルディへ移籍した。2012年シーズンを最後に現役を引退。佐伯直哉 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原隆

    桑原隆から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    現役時代は古河電気工業サッカー部(ジェフユナイテッド市原・千葉の前身)でプレーし、現役晩年にはコーチも兼任。、PJMフューチャーズ/鳥栖フューチャーズでコーチや監督などを務めた後、1996年に強化育成アドバイザーとしてジュビロ磐田入りした。桑原隆 フレッシュアイペディアより)

  • 寺田周平

    寺田周平から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    チームがJ1に昇格した2000年にもレギュラーとなったが、5月の練習中に膝の靱帯を損傷し離脱。5月3日の磐田戦でJリーグ初ゴールと初退場を記録した直後の負傷で、さらに他の負傷なども重なって、公式戦復帰には約2年半を要した。以降、運動量が比較的少なくて済み、屈強な身体を活かせるディフェンダー(センターバック)に転向したが、度重なる怪我に悩まされ、ほとんど公式戦に出場できない日々が続いた。しかし2004年に復活を遂げ、伊藤宏樹、箕輪義信と組んだ長身3バック(通称・川崎山脈)は守備の安定に大きく貢献した。寺田周平 フレッシュアイペディアより)

  • 石神良訓

    石神良訓から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    引退後は指導者の道へ進み、2009年までジュビロ磐田の育成センター育成統括を務めた。石神良訓 フレッシュアイペディアより)

637件中 51 - 60件表示

「ジュビロ磐田」のニューストピックワード