637件中 71 - 80件表示
  • 朴柱昊

    朴柱昊から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2010年、ジュビロ磐田へ完全移籍。1月に初めてフル代表に招集され、1月18日に行われたフィンランド戦で初キャップを得た。さらにチームメイトのイ・グノとともに東アジアサッカー選手権2010の代表にも選出された。J1第5節・G大阪戦では2ゴールを決める活躍をみせ、チーム初勝利に貢献した。磐田では左サイドバックのレギュラーとしてプレーしていたが、9月29日のヤマザキナビスコカップ準決勝川崎戦(第1戦)で試合開始早々、森勇介から悪質なタックルを受けて腓骨を骨折し、全治3・4か月と診断された。朴柱昊 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚翔平

    大塚翔平から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2008年11月に菅沼駿哉、宇佐美貴史とともにトップチームへの昇格が発表され、翌2009年に正式に入団した。同年にはU-20日本代表に選出され、カタール国際ユーストーナメントに出場した。クラブでは3月14日のJ1第2節ジュビロ磐田戦でJリーグ初出場を果たすも、この年のリーグ戦出場はこの1試合に終わる。大塚翔平 フレッシュアイペディアより)

  • アルノ・ヴァンズワム

    アルノ・ヴァンズワムから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    1999/2000年シーズンの終了後、ヴァンズワムは初の移籍先としてJリーグのジュビロ磐田と契約し、同チームでも正GKを務めた。ヴァンズワム在籍時の磐田はチームの絶頂期で、ヴァンズワムがJ1リーグ戦30試合中26試合に出場した2001年には1stステージ優勝を果たし、ヴァンズワムはJリーグベストイレブンに選ばれた(「個人タイトル」参照)。山本浩正とレギュラーを争った2002年には1stと2ndの双方のステージで優勝する年間完全優勝を果たした。アルノ・ヴァンズワム フレッシュアイペディアより)

  • 佃賢典

    佃賢典から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田ユース出身者として、初のトップ昇格選手。1977年に北海道に生まれ、小学校2年生からサッカーを始める。小学校3年生の時に静岡県浜松市に移住し、ヤマハサッカースクールに通い始める。ジュビロ磐田ユースでは空中戦と1対1に強い長身ストッパーとして活躍し、1995年にはU-19日本代表に招集された。佃賢典 フレッシュアイペディアより)

  • 永井謙佑

    永井謙佑から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2011年3月1日のAFCチャンピオンズリーグ2011(ACL2011)開幕戦の杭州緑城(中国)戦で後半から途中出場しプロデビュー。同年3月5日のJリーグ開幕戦の横浜FM戦で後半から途中出場し、Jリーグデビュー。同点となるPKを獲得するなど活躍を見せた。4月6日のACL2011第2節のFCソウル(韓国)戦でプロ初得点。J1第10節の清水戦でプロ初アシスト。J1第20節磐田戦でJリーグ初得点。リーグ戦終盤からスーパーサブとして起用され、金崎夢生とともに流れを変える役割となった。永井謙佑 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢浄

    金沢浄から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    金沢 浄(かなざわ じょう、1976年7月9日 - )は、埼玉県出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ジュビロ磐田所属。ポジションはディフェンダーまたはミッドフィールダー。金沢浄 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡亮輔

    松岡亮輔から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    松岡 亮輔(まつおか りょうすけ、1984年10月23日 - )は、兵庫県出身のサッカー選手(ミッドフィールダー)。Jリーグ・ジュビロ磐田所属。松岡亮輔 フレッシュアイペディアより)

  • 山本脩斗

    山本脩斗から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    山本 脩斗(やまもと しゅうと、1985年6月1日 - )は、岩手県盛岡市出身のジュビロ磐田所属のサッカー選手。ポジションはMF、DF、FW。山本脩斗 フレッシュアイペディアより)

  • 北脇里規

    北脇里規から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    北脇 里規(きたわき りき、1985年11月22日 - )は、Jリーグ・ジュビロ磐田に所属するプロサッカー選手。ポジションはMF、DF。北脇里規 フレッシュアイペディアより)

  • 植村慶

    植村慶から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    植村慶(うえむら けい、1981年9月24日 - )はJリーグ・ジュビロ磐田に所属するプロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。植村慶 フレッシュアイペディアより)

637件中 71 - 80件表示

「ジュビロ磐田」のニューストピックワード