886件中 71 - 80件表示
  • 長澤徹

    長澤徹から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    清水東高校(武田修宏の1年後輩)から筑波大学へ進み、筑波大では中山雅史、井原正巳の1年後輩。大学卒業後1991年に日本サッカーリーグ1部に所属していたヤマハ発動機サッカー部に入団、ヤマハからジュビロ磐田への変革期に主に右サイドバックとしてチームを支え、磐田のJリーグ昇格に貢献した。長澤徹 フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・オフト

    ハンス・オフトから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    1982年杉山隆一に招かれ当時日本サッカーリーグ (JSL) 2部のヤマハ発動機(現・ジュビロ磐田)2ヶ月間の短期コーチとしてオファーされ就任、1部昇格および天皇杯優勝に貢献。1984年に今西和男に招かれJSL2部のマツダSC(現・サンフレッチェ広島)コーチに就任。2年目の1985年にJSL1部昇格に導くと1987年には監督に就任し天皇杯決勝へ導いた。しかし1987-88シーズンにクラブはJSL2部に降格し、オフトも監督を辞任した。ハンス・オフト フレッシュアイペディアより)

  • 杉山直 (タレント)

    杉山直 (タレント)から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    杉山 直(すぎやま ちょく、1957年5月28日 - )は、フリーアナウンサー。ジュビロ磐田のホームゲームのスタジアムDJ。新朗読家。杉山直 (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • 服部公太

    服部公太から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    Jリーグ公認のJ1のみ連続記録は、2007年10月6日第28節対ジュビロ磐田戦(広島ビッグアーチ)まで126試合。服部公太 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯直哉

    佐伯直哉から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    小学校3年生でサッカーを始める。中学入学時に読売日本サッカークラブジュニアユースに入団し、高校入学時に読売ユースに昇格。1993年にU-17日本代表に招集された経歴も持つ。国士舘大学に進学後、ユニバーシアード代表での活躍などが認められ、2000年にジュビロ磐田に入団。2001年途中にヴィッセル神戸に期限付き移籍してレギュラーの座を掴む。その後、神戸に完全移籍。2003年には右膝前十字靭帯断裂の重傷を負い、約1年をリハビリに費やすも復活。神戸がJ2に降格した2006年に大宮アルディージャへ移籍した。大宮加入1年目は出番に恵まれず、シーズン後半は神戸時代に佐伯を重用した川勝良一が監督のアビスパ福岡にレンタル移籍。2007年から大宮に復帰、ボランチのレギュラーとして活躍。2008年シーズンを持って大宮を戦力外通告されたが、2009年、J1のジェフユナイテッド千葉・市原へ移籍が決定した。だがここでも1年で戦力外となり、ユース時代に所属しており川勝が新監督に就任した東京ヴェルディへ移籍した。2012年シーズンを最後に現役を引退。佐伯直哉 フレッシュアイペディアより)

  • 小林弘記

    小林弘記から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    恵まれた体格と跳躍力から複数クラブのオファーを受けたが、コーチ陣の充実を理由に1996年よりジュビロ磐田に加入。磐田では大神友明が正GKとして定着しており、大神が負傷離脱した1999年以後も出場機会を得られなかったことから、2000年シーズン途中にヴェルディ川崎への期限付き移籍を経て、コンサドーレ札幌へと完全移籍。同年11月5日のJ2第41節サガン鳥栖対札幌においてJリーグ初出場を果たすも、正GK佐藤洋平の壁は厚く、2001年限りで退団。小林弘記 フレッシュアイペディアより)

  • 在日朝鮮蹴球団

    在日朝鮮蹴球団から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    1995年 - 東京都社会人リーグ加盟、4部リーグ優勝。金鍾成がジュビロ磐田移籍。在日朝鮮蹴球団 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ中継 (NHK)

    Jリーグ中継 (NHK)から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    上述のとおりステージ優勝決定試合は基本的に地上波で中継を行うが、編成の都合で地上波で放送されないケースもあった(例・1998年第2ステージの鹿島アントラーズや1999年第1ステージ、2002年第2ステージのジュビロ磐田など。但し、ジュビロが優勝した1999年第1ステージと2002年第2ステージは、仮に最終節まで優勝が決まらなければという前提で、総合テレビでの生放映予定が予め組まれていた)。また、1997年のステージ優勝の試合(第1ステージ・鹿島、第2ステージ・磐田)については、BSでの生放送をそのまま総合テレビで深夜(ミッドナイトチャンネル)に録画中継したこともあった。Jリーグ中継 (NHK) フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・アルベルト・スリアーノ・ジュニオール

    カルロス・アルベルト・スリアーノ・ジュニオールから見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2014年、ジュビロ磐田のフィジカルコーチに就任。カルロス・アルベルト・スリアーノ・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • 日高拓磨

    日高拓磨から見たジュビロ磐田ジュビロ磐田

    2012年、日高にとって初めてのJ1の舞台となったが、オーストラリア代表のノース、清水における史上最年少出場記録を持つ山本真希に加え、高卒新人で前年に高円宮杯U-18プレミアリーグイーストで優勝を果たした札幌U-18から昇格を果たした前貴之、小山内貴哉が加入しサイドバックのポジション争いが激化する。更には日高自身も年間を通してグロインペイン症候群の怪我に悩まされることとなった。このため、シーズン序盤から調子が上がらずリーグ戦の序盤の多くの試合を欠場した。一方で、ヤマザキナビスコカップには全試合に出場し、4月4日の予選第2節横浜FM戦では決勝点となる榊翔太のゴールをアシストし、4月18日の予選第3節鹿島戦でも榊の先制点をアシストする など活躍を見せたが、チームは予選リーグ敗退を喫した。これらの活躍が裏付けるように調子を上げると、4月21日J1第7節川崎戦でスタメンに起用されたことでJ1初出場を果たす。この試合では敗戦したものの、高木純平の得点をアシストするなど活躍を見せると、以降は主力サイドバックとして定着した。ところが、チームはリーグ戦の前半を終えて僅か1勝しか挙げられない深刻な事態に陥っており、シーズン序盤から最下位に低迷し続けた。そうした苦しい戦いの中で日高は7月に入ると上原慎也と共に孤軍奮闘の活躍でチームの攻撃を支えるようになる。7月14日のJ1第18節磐田戦では大敗を喫したものの、一矢報いる反撃のゴールを挙げる。この得点が日高にとって札幌移籍後初ゴールであるのと同時にJ1初ゴールとなった。8月11日のJ1第21節仙台戦では同点弾となるゴールを挙げ勝利に貢献。更には8月25日のJ1第23節G大阪戦ではコーナーキックを頭で合わせ同点弾となるゴールを挙げる など、サイドバックでの起用ながら短期間でゴールを積み重ねた。しかし、9月に入るとグロインペイン症候群の症状が悪化し欠場を余儀なくされる。この間に前貴之がサイドバックのポジションで台頭を見せたことなどもあって残りのシーズンを棒に振ることとなった。日高が不在の間にチームはJリーグ史上最速降格が決定し、シーズンオフにはJ2降格に伴う緊縮財政の影響により、多くの主力選手の移籍が決定していく中で日高も移籍を考えるが、最終的にチーム残留を決断する。翌年の1月8日には契約合意の旨がクラブから正式に発表され、札幌での3年目のシーズンを迎えることが決まった。日高拓磨 フレッシュアイペディアより)

886件中 71 - 80件表示
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]