前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示
  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た住友商事

    1995年(平成7年)、住友商事とアメリカ合衆国の最大手MSOであったTCIの合弁によって設立。TCI同様、積極的なM&Aで規模を拡大、日本最大のケーブルテレビ事業者となった。当社傘下のケーブルテレビ局の多くは都道府県や市区町村といった地方自治体と地元民間企業が合弁で設立した「第三セクター方式」の事業者を買収や提携で傘下に収めたものである。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たジャパンケーブルネット

    10月24日 - 住友商事とKDDIは、共同でTOBを実施すると発表。ジュピターテレコムも賛同を決議。2013年夏をめどに上場廃止し両者折半出資の合弁会社化を目指す。またKDDI傘下のジャパンケーブルネット(JCN)との統合も予定している。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た内田恭子

    ジュピターテレコムのCMには内田恭子が出演。2009年(平成21年)10月1日から内田恭子をキャスティングして「外国人プレス」「のぼせてます(海外)」篇等を放映。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たウィルコム

    ウィルコムとの提携で提供されるPHSサービス。2006年(平成18年)3月からサービス開始。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たKDDI

    2010年(平成22年)2月18日までは、TCIの後身であるメディア関連企業・リバティ・グローバル(LGI)の連結子会社であり、かつ住友商事の持分法適用関連会社であった。両社が出資する住商/エルジーアイ・スーパー・メディア・エルピー(のちのKDDIグローバル・メディア・エルピー)が過半数を超える筆頭株主であった。2010年(平成22年)2月18日でLGIと住友商事の合弁契約が解消されることに伴い、LGI保有分については、KDDI株式会社が、LGI子会社である株式保有会社の買収という方法で取得し、筆頭株主となった。ただし、金融庁より、株式公開買付けによらない方法が金融商品取引法に違反する可能性を指摘されていたため、買収前に6.7%相当の株式を信託銀行に信託譲渡し、議決権行使ができないようにしてある(詳しくは後述)。なお、これらの中間持株会社の解散に伴い、2011年3月16日付でKDDIの直接保有に変更されている。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たケーブルテレビ

    株式会社ジュピターテレコム(Jupiter Telecommunications Co., Ltd.)は、日本において事業を行うケーブルテレビの統括運営会社(MSO)、およびケーブルテレビ局やCS放送、IP放送への番組供給事業統括会社である。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た東京放送ホールディングス

    2010年(平成22年)2月15日、住友商事株式会社は、ジュピターテレコムの株券等のTOBを行うことを発表した。住友商事は2月18日時点で約27%保有するジュピターテレコム株式を、最大約40%に高め、筆頭株主の立場を確保。これまでの主導的な立場を維持したい考えである。各種新聞報道によると、住商グループとしてはJ:COMを多チャンネル放送事業の中軸に据え、積極的な同業者買収などを先導してきた経緯がある。NTTに対抗すべくインフラの増強を目指すKDDIとは、J:COMに対する経営思想に相反するものがあり、かつての「フジテレビ vs ライブドア」「TBS vs 楽天」のような展開に発展することも予想される。なお、ジュピターテレコムは住友商事のTOBに賛同する一方、KDDI側から住友商事と同数の取締役3人と監査役1人を迎え入れる予定である事を発表している。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た小田急電鉄

    9月30日 - 株式会社小田急情報サービス(株式会社ジェイコムせたまちを経て2007年8月1日に株式会社ジェイコム関東に吸収合併し消滅)の親会社の小田急電鉄株式会社から同社の発行済株式の総てを譲り受け、同社を子会社とする。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た東芝

    2000年(平成12年)9月1日 - 株式会社タイタス・コミュニケーションズ(マイクロソフト、伊藤忠商事、東芝等が出資。現・株式会社ジェイコム関東)を完全子会社とする株式交換を行い同社を子会社とする。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たジェイティービー

    ケーブルテレビ事業はJ:COM(ジェイコム)のブランドで展開し、グループにも「ジェイコム」の文字を含む会社が多いが、ジェイコム株式会社(並びに親会社のジェイコムホールディングス株式会社)及びJTBグループの株式会社ジェイコムとは無関係である。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示

「ジュピターテレコム」のニューストピックワード