前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
148件中 1 - 10件表示
  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たジャパンケーブルネット

    2013年(平成25年)12月2日、KDDIの完全子会社であったジャパンケーブルネット(JCN)の全株式を取得、2014年(平成26年)4月1日にJCNを吸収合併した。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たKDDI

    株式会社ジュピターテレコム(J:COM)は、東京都千代田区に本社を置き、日本においてケーブルテレビ事業統括運営(MSO)および番組供給事業統括運営(MCO)を主たる業務とする、KDDI株式会社の連結子会社である。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た住友商事

    1995年(平成7年)、住友商事とアメリカ合衆国の最大手MSOであったTCI(現:リバティ・グローバル(LGI))の合弁によって設立。TCI同様、積極的なM&Aで規模を拡大、日本最大のケーブルテレビ事業者となった。傘下のケーブルテレビ局の多くは都道府県や市区町村といった地方自治体と地元民間企業が合弁で設立した「第三セクター方式」の事業者を買収や提携で傘下に収めたものである。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た内田恭子

    かつてジュピターテレコムのCMには内田恭子が出演していた。2009年(平成21年)10月1日から内田恭子をキャスティングして「外国人プレス」「のぼせてます(海外)」篇等を放映。2011年末で契約が終わったため、現在はカタログ類に内田恭子の写真は使われていない。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た東京放送ホールディングス

    2010年(平成22年)2月15日、住友商事株式会社は、ジュピターテレコムの株券等のTOBを行うことを発表した。住友商事は2月18日時点で約27%保有するジュピターテレコム株式を、最大約40%に高め、筆頭株主の立場を確保。これまでの主導的な立場を維持する意向を示した。各種新聞報道によると、住商グループとしてはJ:COMを多チャンネル放送事業の中軸に据え、積極的な同業者買収などを先導してきた経緯がある。NTTに対抗すべくインフラの増強を目指すKDDIとは、J:COMに対する経営思想に相反するものがあり、かつての「フジテレビ vs ライブドア」「TBS vs 楽天」のような展開に発展することも予想された。なお、ジュピターテレコムは住友商事のTOBに賛同する一方、KDDI側から住友商事と同数の取締役3人と監査役1人を迎え入れる予定である事を発表。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たディスカバリーチャンネル

    ディスカバリー・ジャパン株式会社(持分法適用関連会社)ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たライク (企業)

    ブランド名は「J:COM(ジェイコム)」で展開し、グループ会社で「ジェイコム」の文字を含む商号が多いが、ジェイコム株事件のジェイコム株式会社(並びに親会社のジェイコムホールディングス株式会社)及びJTBグループの株式会社ジェイコムとは無関係である。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たライブドア

    2010年(平成22年)2月15日、住友商事株式会社は、ジュピターテレコムの株券等のTOBを行うことを発表した。住友商事は2月18日時点で約27%保有するジュピターテレコム株式を、最大約40%に高め、筆頭株主の立場を確保。これまでの主導的な立場を維持する意向を示した。各種新聞報道によると、住商グループとしてはJ:COMを多チャンネル放送事業の中軸に据え、積極的な同業者買収などを先導してきた経緯がある。NTTに対抗すべくインフラの増強を目指すKDDIとは、J:COMに対する経営思想に相反するものがあり、かつての「フジテレビ vs ライブドア」「TBS vs 楽天」のような展開に発展することも予想された。なお、ジュピターテレコムは住友商事のTOBに賛同する一方、KDDI側から住友商事と同数の取締役3人と監査役1人を迎え入れる予定である事を発表。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たフジ・メディア・ホールディングス

    2010年(平成22年)2月15日、住友商事株式会社は、ジュピターテレコムの株券等のTOBを行うことを発表した。住友商事は2月18日時点で約27%保有するジュピターテレコム株式を、最大約40%に高め、筆頭株主の立場を確保。これまでの主導的な立場を維持する意向を示した。各種新聞報道によると、住商グループとしてはJ:COMを多チャンネル放送事業の中軸に据え、積極的な同業者買収などを先導してきた経緯がある。NTTに対抗すべくインフラの増強を目指すKDDIとは、J:COMに対する経営思想に相反するものがあり、かつての「フジテレビ vs ライブドア」「TBS vs 楽天」のような展開に発展することも予想された。なお、ジュピターテレコムは住友商事のTOBに賛同する一方、KDDI側から住友商事と同数の取締役3人と監査役1人を迎え入れる予定である事を発表。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た中部電力

    なお、KDDIは、ケーブルテレビ事業者であるジャパンケーブルネット(JCN)や旧中部電力系の電気通信事業者である中部テレコミュニケーション(CTC)を連結子会社としている。KDDIはJ:COMをグループ傘下に収める事により、JCNやCTC、東京電力からFTTH事業を取得・KDDIの同事業と統合させた「auひかり」などと共に、固定回線とブロードバンド事業、顧客基盤を強化させ、ライバル会社で通信業界最大手のNTTグループに対抗する方針だったと見られる。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
148件中 1 - 10件表示

「ジュピターテレコム」のニューストピックワード