137件中 11 - 20件表示
  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た廣済堂

    9月28日 - ケーブルウエストグループの親会社兼MSOおよび呼称「ケーブルウエスト大阪セントラル」の事業会社ケーブルウエスト株式会社の発行済株式の松下電器産業、廣済堂保有分を譲り受け、同社を子会社とする。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た東京電力

    なお、KDDIは、当社に次ぐケーブルテレビ事業者であるジャパンケーブルネット(JCN)や旧中部電力系の電気通信事業者である中部テレコミュニケーション(CTC)を連結子会社としている。KDDIはJ:COMをグループ傘下に収める事により、JCNやCTC、東京電力からFTTH事業を取得・KDDIの同事業と統合させた「auひかり」などと共に、固定回線とブロードバンド事業、顧客基盤を強化させ、ライバル会社で通信業界最大手のNTTグループに対抗する方針だったと見られる。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たジェイコムホールディングス

    ケーブルテレビ事業はJ:COM(ジェイコム)のブランドで展開し、グループにも「ジェイコム」の文字を含む会社が多いが、ジェイコム株式会社(並びに親会社のジェイコムホールディングス株式会社)及びJTBグループの株式会社ジェイコムとは無関係である。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たマイクロソフト

    2000年(平成12年)9月1日 - 株式会社タイタス・コミュニケーションズ(マイクロソフト、伊藤忠商事、東芝等が出資。現・株式会社ジェイコム関東)を完全子会社とする株式交換を行い同社を子会社とする。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たパナソニック

    9月28日 - ケーブルウエストグループの親会社兼MSOおよび呼称「ケーブルウエスト大阪セントラル」の事業会社ケーブルウエスト株式会社の発行済株式の松下電器産業、廣済堂保有分を譲り受け、同社を子会社とする。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た中部電力

    なお、KDDIは、当社に次ぐケーブルテレビ事業者であるジャパンケーブルネット(JCN)や旧中部電力系の電気通信事業者である中部テレコミュニケーション(CTC)を連結子会社としている。KDDIはJ:COMをグループ傘下に収める事により、JCNやCTC、東京電力からFTTH事業を取得・KDDIの同事業と統合させた「auひかり」などと共に、固定回線とブロードバンド事業、顧客基盤を強化させ、ライバル会社で通信業界最大手のNTTグループに対抗する方針だったと見られる。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たライブドア

    2010年(平成22年)2月15日、住友商事株式会社は、ジュピターテレコムの株券等のTOBを行うことを発表した。住友商事は2月18日時点で約27%保有するジュピターテレコム株式を、最大約40%に高め、筆頭株主の立場を確保。これまでの主導的な立場を維持したい考えである。各種新聞報道によると、住商グループとしてはJ:COMを多チャンネル放送事業の中軸に据え、積極的な同業者買収などを先導してきた経緯がある。NTTに対抗すべくインフラの増強を目指すKDDIとは、J:COMに対する経営思想に相反するものがあり、かつての「フジテレビ vs ライブドア」「TBS vs 楽天」のような展開に発展することも予想される。なお、ジュピターテレコムは住友商事のTOBに賛同する一方、KDDI側から住友商事と同数の取締役3人と監査役1人を迎え入れる予定である事を発表している。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た東北新社

    2008年(平成20年)4月、ジュピターテレコムをはじめとするケーブルテレビ局、および東北新社・国際メディア・コーポレーションが出資する新チャンネル「チャンネル銀河」を放送開始する一方、2008年3月限りでリアリティTVを放送終了、同チャンネルの電気通信役務利用放送事業者であったJSBC2をNBCユニバーサルに売却した(2008年4月よりSCI FI(サイファイチャンネル、現・ユニバーサル チャンネル)を放送開始)。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たリクルート

    さらに、2007年(平成19年)6月には、リクルートから、「大人の趣味と生活向上◆アクトオンTV」を運営する株式会社リクルートビジュアルコミュニケーションズ (RVC) の全株式を2回に分けて譲受することに同意、同年7月、社名をジュピタービジュアルコミュニケーションズに変更した。従来、同チャンネルはJ:COMではVODで放送されていたが、2007年(平成19年)11月1日(2007年10月23日から10月31日までは試験放送)よりベーシックチャンネルにて放送開始した。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た伊藤忠商事

    2000年(平成12年)9月1日 - 株式会社タイタス・コミュニケーションズ(マイクロソフト、伊藤忠商事、東芝等が出資。現・株式会社ジェイコム関東)を完全子会社とする株式交換を行い同社を子会社とする。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

137件中 11 - 20件表示

「ジュピターテレコム」のニューストピックワード