137件中 51 - 60件表示
  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た横浜テレビ局

    2010年(平成22年)2月1日午前9時よりチャンネル番号を大幅に変更した(J:COM横浜(2010年3月1日からJ:COM TVサービス導入)、J:COM仙台キャベツ(2010年4月1日よりJ:COM TVサービス導入)、さらには左記以外の局のうちJ:COMグループ入りの前から提供していたJC-HITSを利用したデジタル多チャンネルサービスに加入している利用者は対象外)。将来のチャンネル増加に備えて空きチャンネルを確保するため、およびチャンネル番号をジャンル別に再編成するためとしている。なお、J:COMは一部の局を除き、2010年9月30日をもってアナログ多チャンネル放送サービスを終了した(BSアナログ放送は2011年7月24日、地上アナログ放送は2015年3月末日まで再送信を継続する予定)。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た日本放送協会

    別途NHKなどと受信契約が必要(★は有料の民間事業者)。なお、NHK受信料は、CATV特例割引が適用される。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た親会社

    9月30日 - 株式会社小田急情報サービス(株式会社ジェイコムせたまちを経て2007年8月1日に株式会社ジェイコム関東に吸収合併し消滅)の親会社の小田急電鉄株式会社から同社の発行済株式の総てを譲り受け、同社を子会社とする。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たZAQ

    CATV回線によるインターネット接続(ケーブルインターネット)サービスで、ISP部分は子会社の株式会社テクノロジーネットワークスが「@NetHome」または「ZAQ」(株式会社ジェイコムウエスト、株式会社ケーブルネット神戸芦屋、吹田ケーブルテレビジョン株式会社、豊中・池田ケーブルネット株式会社、高槻ケーブルネットワーク株式会社、東大阪ケーブルテレビ株式会社)のブランド名で提供を行う。下り160Mbpsの超高速サービスを2007年(平成19年)秋に一部で開始し、2008年(平成20年)7月より全国に展開。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たジェイコム福岡

    9月1日 - 関連会社の福岡ケーブルネットワークを事前に連結子会社化した上で、連結子会社のケーブルビジョン21を吸収合併し、社名を「ジェイコム福岡」に変更した。(ジュピターテレコムのニュースリリースより)ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た高槻ケーブルネットワーク

    CATV回線によるインターネット接続(ケーブルインターネット)サービスで、ISP部分は子会社の株式会社テクノロジーネットワークスが「@NetHome」または「ZAQ」(株式会社ジェイコムウエスト、株式会社ケーブルネット神戸芦屋、吹田ケーブルテレビジョン株式会社、豊中・池田ケーブルネット株式会社、高槻ケーブルネットワーク株式会社、東大阪ケーブルテレビ株式会社)のブランド名で提供を行う。下り160Mbpsの超高速サービスを2007年(平成19年)秋に一部で開始し、2008年(平成20年)7月より全国に展開。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たJSBC2

    2008年(平成20年)4月、ジュピターテレコムをはじめとするケーブルテレビ局、および東北新社・国際メディア・コーポレーションが出資する新チャンネル「チャンネル銀河」を放送開始する一方、2008年3月限りでリアリティTVを放送終了、同チャンネルの電気通信役務利用放送事業者であったJSBC2をNBCユニバーサルに売却した(2008年4月よりSCI FI(サイファイチャンネル、現・ユニバーサル チャンネル)を放送開始)。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た電気通信事業者

    なお、KDDIは、当社に次ぐケーブルテレビ事業者であるジャパンケーブルネット(JCN)や旧中部電力系の電気通信事業者である中部テレコミュニケーション(CTC)を連結子会社としている。KDDIはJ:COMをグループ傘下に収める事により、JCNやCTC、東京電力からFTTH事業を取得・KDDIの同事業と統合させた「auひかり」などと共に、固定回線とブロードバンド事業、顧客基盤を強化させ、ライバル会社で通信業界最大手のNTTグループに対抗する方針だったと見られる。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たチャンネル銀河

    2008年(平成20年)4月、ジュピターテレコムをはじめとするケーブルテレビ局、および東北新社・国際メディア・コーポレーションが出資する新チャンネル「チャンネル銀河」を放送開始する一方、2008年3月限りでリアリティTVを放送終了、同チャンネルの電気通信役務利用放送事業者であったJSBC2をNBCユニバーサルに売却した(2008年4月よりSCI FI(サイファイチャンネル、現・ユニバーサル チャンネル)を放送開始)。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たJ SPORTS

    また、合併当時J:COM社長であった森泉知行は、ジュピターTVの前身であるジュピター・プログラミングの社長からジュピターテレコムに転じたこともあり、番組内容の強化に積極的に関わりたいとコメント。チャンネルの再編を進めるほか、持分法適用会社であるジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング (J SPORTS) の役員として参画する意向を示し、2007年7月から2009年9月まで同社監査役を務めた。さらに、2009年10月1日付で同社を連結子会社とした。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

137件中 51 - 60件表示

「ジュピターテレコム」のニューストピックワード