137件中 81 - 90件表示
  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たジュピターTV

    2007年(平成19年)9月、番組供給事業統括会社のジュピターTVと合併。合併後は社内カンパニー制に移行。ケーブルテレビ事業はJ:COMカンパニー、番組供給事業はジュピターTVカンパニーが統括していたが、2009年(平成21年)4月の組織改正で社内カンパニー制を廃止した。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た直収電話

    「J:COM PHONE」は直収電話によるアナログ回線交換による接続方式であり、技術的にはNTT固定回線と同品質であるとされている。なお、2005年(平成17年)以降、一部の地域会社では、JCN系などがKDDI網のケーブルプラス電話などで広く導入しているVoIP(IP電話)方式を用いた「J:COM PHONE-i」サービスを併用する形で提供しており、近年は回線帯域や設備の状況によっては後者のみ新規加入を受け付けている。VoIP方式は、電話機の直近にEMTAを配置する必要がある。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た株式公開買付け

    2010年(平成22年)2月18日までは、TCIの後身であるメディア関連企業・リバティ・グローバル(LGI)の連結子会社であり、かつ住友商事の持分法適用関連会社であった。両社が出資する住商/エルジーアイ・スーパー・メディア・エルピー(のちのKDDIグローバル・メディア・エルピー)が過半数を超える筆頭株主であった。2010年(平成22年)2月18日でLGIと住友商事の合弁契約が解消されることに伴い、LGI保有分については、KDDI株式会社が、LGI子会社である株式保有会社の買収という方法で取得し、筆頭株主となった。ただし、金融庁より、株式公開買付けによらない方法が金融商品取引法に違反する可能性を指摘されていたため、買収前に6.7%相当の株式を信託銀行に信託譲渡し、議決権行使ができないようにしてある(詳しくは後述)。なお、これらの中間持株会社の解散に伴い、2011年3月16日付でKDDIの直接保有に変更されている。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た日本における衛星放送

    ジュピターテレコム設立当初(それ以前より事業を行っていた地域会社を含む)は、2000年(平成12年)12月のBSデジタル放送開始後もホームターミナルを用いたアナログ放送のみ(現在のJ:COM TV)であったが、2004年(平成16年)4月にBS・地上デジタル放送をトランスモジュレーション方式で再送信する「J:COM TVデジタル」が開始された。従来のアナログ方式に数百円程度加算した利用料金でデジタル放送が視聴出来ることや、2005年(平成17年)のHDRの導入により移行加入者や新規加入者が激増し、同社の売上に貢献している。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た衛星放送

    株式会社ジュピターテレコム(Jupiter Telecommunications Co., Ltd.)は、日本において事業を行うケーブルテレビの統括運営会社(MSO)、およびケーブルテレビ局やCS放送、IP放送への番組供給事業統括会社である。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た信託銀行

    2010年(平成22年)2月18日までは、TCIの後身であるメディア関連企業・リバティ・グローバル(LGI)の連結子会社であり、かつ住友商事の持分法適用関連会社であった。両社が出資する住商/エルジーアイ・スーパー・メディア・エルピー(のちのKDDIグローバル・メディア・エルピー)が過半数を超える筆頭株主であった。2010年(平成22年)2月18日でLGIと住友商事の合弁契約が解消されることに伴い、LGI保有分については、KDDI株式会社が、LGI子会社である株式保有会社の買収という方法で取得し、筆頭株主となった。ただし、金融庁より、株式公開買付けによらない方法が金融商品取引法に違反する可能性を指摘されていたため、買収前に6.7%相当の株式を信託銀行に信託譲渡し、議決権行使ができないようにしてある(詳しくは後述)。なお、これらの中間持株会社の解散に伴い、2011年3月16日付でKDDIの直接保有に変更されている。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見た社内カンパニー

    2007年(平成19年)9月、番組供給事業統括会社のジュピターTVと合併。合併後は社内カンパニー制に移行。ケーブルテレビ事業はJ:COMカンパニー、番組供給事業はジュピターTVカンパニーが統括していたが、2009年(平成21年)4月の組織改正で社内カンパニー制を廃止した。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たホームターミナル

    ジュピターテレコム設立当初(それ以前より事業を行っていた地域会社を含む)は、2000年(平成12年)12月のBSデジタル放送開始後もホームターミナルを用いたアナログ放送のみ(現在のJ:COM TV)であったが、2004年(平成16年)4月にBS・地上デジタル放送をトランスモジュレーション方式で再送信する「J:COM TVデジタル」が開始された。従来のアナログ方式に数百円程度加算した利用料金でデジタル放送が視聴出来ることや、2005年(平成17年)のHDRの導入により移行加入者や新規加入者が激増し、同社の売上に貢献している。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たIP放送

    株式会社ジュピターテレコム(Jupiter Telecommunications Co., Ltd.)は、日本において事業を行うケーブルテレビの統括運営会社(MSO)、およびケーブルテレビ局やCS放送、IP放送への番組供給事業統括会社である。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

  • ジュピターテレコム

    ジュピターテレコムから見たスカパー! (東経110度BS・CSデジタル放送)

    J:COM TVデジタルでは2004年(平成16年)11月の「スター・チャンネル ハイビジョン」を皮切りに、専門チャンネルのHDTV化を積極的に推進している。中には、衛星放送のスカパー!やスカパー!プレミアムサービスでは放送されていないチャンネルも存在する。J:COMでは一部の局を除き、アナログ多チャンネル放送が終了する2010年10月以降に15チャンネルのHDTV化を開始することを発表した。2011年中に、チャンネルの約8割をハイビジョン化すると発表した。ジュピターテレコム フレッシュアイペディアより)

137件中 81 - 90件表示

「ジュピターテレコム」のニューストピックワード