ジュリア・ギラード ニュース&Wiki etc.

ジュリア・アイリーン・ギラード(Julia Eileen Gillard、1961年9月29日 - )は、オーストラリアの政治家。第27代首相、オーストラリア労働党党首(2010年6月24日 - 2013年6月27日)を歴任した。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジュリア・ギラード」のつながり調べ

  • 私は弾劾する

    私は弾劾するから見たジュリア・ギラード

    2012年、当時のオーストラリア首相ジュリア・ギラードはオーストラリア連邦議会で、野党党首トニー・アボットの性差別や女性蔑視を告発する有名な女性差別糾弾のスピーチ『j'accuse speech』を行った。これに対し副首相ウェイン・スワンは「ギラード首相は極めて優れたリーダー」だと語った。(私は弾劾する フレッシュアイペディアより)

  • 第4回20か国・地域首脳会合

    第4回20か国・地域首脳会合から見たジュリア・ギラード

    経済協力開発機構(OECD)、国際労働機関、エチオピア、マラウイ、ナイジェリア、ベトナムは、このトロント・サミットが初のG20サミット参加となる。イギリスのキャメロン首相と日本の菅直人総理大臣は第36回G8サミットとこのG20サミットが初の国際会議出席である。オーストラリアからは、2010年6月24日に首相となったばかりのジュリア・ギラード首相の代理としてウェイン・スワン副首相がサミットに参加した。ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領は同国で起きた大洪水の対応のためブラジルに留まり、代りにグイド・マンテガ財務大臣がサミットに出席した。ハンツビルでのG8サミット終了後、英キャメロン首相は予定していた飛行機が悪天候で離陸できなくなったため、米国大統領の専用ヘリコプター「マリーンワン」に同乗しバラク・オバマ大統領と共にトロント入りした。(第4回20か国・地域首脳会合 フレッシュアイペディアより)

「ジュリア・ギラード」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ