ジュリア・ギラード ニュース&Wiki etc.

ジュリア・アイリーン・ギラード(、1961年9月29日 - )は、オーストラリアの政治家。第27代首相、オーストラリア労働党党首(2010年6月 - )。 (出典:Wikipedia)

「ジュリア・ギラード」Q&A

  • Q&A

    オーストラリアのジュリア・ギラード首相がいっている、教育予算の削減budget cu…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年4月18日 10:08

  • Q&A

    オーストラリア首相によると世界滅亡の日が近づいているらしいですが 滅亡の日までにあ…

    [続きを読む]

    回答数:7質問日時 - 2012年12月7日 19:45

  • Q&A

    米豪、駐豪米軍増強を発表予定 豪州は、近年の中国のミサイルが日本、グアムの射程範囲…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2011年11月14日 16:17

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジュリア・ギラード」のつながり調べ

  • 日豪関係

    日豪関係から見たジュリア・ギラード

    近年オーストラリアの白人の間では日本の調査捕鯨に反対する世論が高まり、環境問題に関して過激な思想を持つ団体の支持を公然と行う者が現れたり、本来豪州の主権が及ばない海域で日本船に対して、日本やノルウェーなどの捕鯨船に対する発砲や爆破、当て逃げ行為といったシーシェパードの一連の破壊活動をオーストラリア政府が黙認している状況である。特にケビン・ラッド政権になってからは、「日本の調査捕鯨を国際法廷に訴える」と言った公約を掲げ、エコテロリストであるシーシェパードの活動を半ば支援・黙認する方向性を取った事と、安全保障協力に関する日豪共同宣言の先送り等の日豪関係の急速な悪化が懸念されており、日本が主要貿易国(輸出に関しては1位)であるだけに、野党及びオーストラリア国内の各誌からラッド政権への非難が起こった。反捕鯨政策で支持率を得ていた為、更に力を入れたものの、環境政策などから支持率が急落し、2010年6月にケビン・ラッドは辞任し、ジュリア・ギラード政権になった。そして、2011年1月にジュリア・ギラードは日本の捕鯨船への妨害行為を行う、シーシェパードに対して警告を発した。(日豪関係 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田憲彦

    藤田憲彦から見たジュリア・ギラード

    2005年9月の衆議院選挙のボランティアをした事がきっかけで政治に興味を抱く。2006年9月、民主党の国会議員公募で合格し、参議院議員選挙のボランティアも経て、2007年12月18日に民主党東京都第4区総支部長に就任。2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙で民主党公認候補として東京都第4区から立候補し、10万67票を獲得して初当選。自由民主党の平将明を6484票差で破り初当選した(平も比例復活)。?2010年、民主党東京都連においては政調会副会長、常任幹事、および民主党大学東京副学長などを務める。党本部においては、ITのスペシャリストとして参議院選挙のホームページ戦略に関わり、広報委員会副委員長を務め、現在は広報委員長補佐として、党の広報インターネット生放送番組「スタジオ民主なう」のアンカーマンを務める。2010年に行われた2回の代表選においては菅直人を支持し、選対本部メンバーに加わる。代表選後は玄葉光一郎政調会長の下で政調会長補佐として政策のとりまとめに尽力する。また、蓮舫行政刷新担当大臣の下で、事業仕分け第3弾の再仕分けグループBの主査として長妻昭衆議院議員らと共に再仕分けの責任者となる。社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度の法案取りまとめ担当者。 民主党日豪議連の役員として日豪EPAの推進に尽力し、ジュリア・ギラード首相と親交があり、オーストラリアとのパイプを持つ。政調会長補佐、広報委員長補佐、幹事長補佐を歴任。(藤田憲彦 フレッシュアイペディアより)

「ジュリア・ギラード」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ