前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • ケビン・ラッド

    ケビン・ラッドから見たジュリア・ギラードジュリア・ギラード

    2010年6月、党首選挙への立候補を断念した。後任党首はジュリア・ギラードケビン・ラッド フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア労働党

    オーストラリア労働党から見たジュリア・ギラードジュリア・ギラード

    2007年11月24日に投開票が行われた連邦下院総選挙で11年ぶりに政権与党となり、党首のケビン・ラッドは12月3日に首相に就任した。2010年6月24日、支持率低迷にあえぐラッドに代わり、ジュリア・ギラードが党首に就任。支持率回復を果たした新党首の下で総選挙に臨み、オーストラリア政治史上まれに見る大接戦の末、無所属議員を取り込んで与党の座を維持した。オーストラリア労働党 フレッシュアイペディアより)

  • シーシェパード

    シーシェパードから見たジュリア・ギラードジュリア・ギラード

    1月6日、シーシェパードと行動を共にしている「フォレスト・レスキュー」の活動家3名が、シーシェパードのゴムボートを使って第二昭南丸に侵入して拘束された。その後3名はオーストラリア税関船に引き渡されたが、これについてギラード豪首相は同活動家達の行動を批判し費用の支払いを請求した。シーシェパード フレッシュアイペディアより)

  • ギラード

    ギラードから見たジュリア・ギラードジュリア・ギラード

    ジュリア・ギラード (Julia Gillard) - オーストラリアの政治家、第27代首相。ギラード フレッシュアイペディアより)

  • 日米豪印戦略対話

    日米豪印戦略対話から見たジュリア・ギラードジュリア・ギラード

    四カ国関係は一時期オーストラリアのケビン・ラッド政権の成立によって暗礁に乗り上げたが、アジア太平洋地域における米中関係の緊張が増す中でオーストラリアの政策はアンビバレンスを反映していた。ラッド豪労働党政権の退陣と後継のジュリア・ギラード豪労働党政権の成立によりオーストラリアは対話に復帰し、その結果ティモール海とロンボク海峡を臨むダーウィン近郊へのアメリカ海兵隊駐留に至った。対話は成長を続ける中国の経済力と政治力に対応した外交的取り決めであると新聞やシンクタンクによって広くみられる。日米豪印戦略対話 フレッシュアイペディアより)

  • 私は弾劾する

    私は弾劾するから見たジュリア・ギラードジュリア・ギラード

    2012年、当時のオーストラリア首相ジュリア・ギラードはオーストラリア連邦議会で、野党党首トニー・アボットの性差別や女性蔑視を告発する有名な女性差別糾弾のスピーチ『j'accuse speech』を行った。これに対し副首相ウェイン・スワンは「ギラード首相は極めて優れたリーダー」だと語った。私は弾劾する フレッシュアイペディアより)

  • ボクシング・カンガルー

    ボクシング・カンガルーから見たジュリア・ギラードジュリア・ギラード

    2010年の冬季バンクーバーオリンピックでは、オーストラリア選手団の選手たちが、選手村のアパートのバルコニーから垂れ下げた高さ二階分のボクシング・カンガルーの旗をめぐって論争が起こった。国際オリンピック委員会(IOC)は、この旗は商標として登録されていると考え、(商標を持っているのは非営利団体のオーストラリアオリンピック委員会であるにもかかわらず)商業主義的であるとして選手たちに旗の撤去を要請した。これに対してオーストラリア国内からは選手およびボクシング・カンガルーの旗を擁護する声が上がった。ジュリア・ギラード副首相(Julia Gillard)はIOCの要請を「ばかばかしい」と一蹴して憤りをみせた。IOCのジャック・ロゲ会長とオーストラリアオリンピック委員会のジョン・コーツ会長は話し合いを行い、ボクシング・カンガルーの旗は撤去しなくて良いという結論に達した。ボクシング・カンガルー フレッシュアイペディアより)

  • ヒルダ・ハイネ

    ヒルダ・ハイネから見たジュリア・ギラードジュリア・ギラード

    ハイネは史上初の女性のマーシャル諸島大統領である。ミクロネシア諸国の女性大統領としても初めてで、太平洋地域の女性国家元首としては史上4人目となる(ニュージーランドのジェニー・シップリーとヘレン・クラーク、オーストラリアのジュリア・ギラードに次ぐ)。2016年1月現在で3名いる、女性ニティジェラ(国会)議員のひとりである。ヒルダ・ハイネ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見たジュリア・ギラードジュリア・ギラード

    のケビン・ラッド首相が労働党党首を辞任し、ジュリア・ギラード副党首を新党首に選出、クエンティン・ブライス総督から新首相に任命され同国初の女性首相に就任。2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ハング・パーラメント

    ハング・パーラメントから見たジュリア・ギラードジュリア・ギラード

    さらに2010年の連邦議会総選挙でも与党のオーストラリア労働党、野党の保守連合が共に代議院(下院)の過半数を確保できず、ハング・パーラメントとなった。その後、労働党のジュリア・ギラード首相が緑の党や無所属議員の支持を取りつけ、辛くも政権維持に成功した。なおオーストラリア連邦議会の元老院(上院)では比例代表制の一種である単記移譲式投票が採用されていることもあり、ハング・パーラメント状況は常態化している。ハング・パーラメント フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示