前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • UFC Fight Night: Arlovski vs. Barnett

    UFC Fight Night: Arlovski vs. Barnettから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    本大会ではアンドレイ・アルロフスキーとジョシュ・バーネットによるヘビー級戦が組まれた。UFC Fight Night: Arlovski vs. Barnett フレッシュアイペディアより)

  • ミルコ・クロコップ

    ミルコ・クロコップから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    10月31日、PRIDE.28での第10代パンクラス無差別級王者・元UFC世界ヘビー級王者ジョシュ・バーネットと対戦。「最後の大物」とも呼ばれたバーネットとの対決は、ファンの期待を大いに高めたが、1R46秒、バーネットの左肩の脱臼によるタップアウトにより、勝利するも消化不良のまま終わった。12月31日の「PRIDE 男祭り 2004」ではケビン・ランデルマンと再戦、フロントチョークで一本勝ちを収め、リベンジを果たした。ミルコ・クロコップ フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ロジャース

    ブレット・ロジャースから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2009年8月1日に開催予定であったAffliction: Trilogyで、薬物問題で欠場となったジョシュ・バーネットの代替選手としてエメリヤーエンコ・ヒョードルとの対戦が噂されたものの、結局大会がキャンセルとなった。ブレット・ロジャース フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE.28

    PRIDE.28から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    メインイベントのミドル級タイトルマッチでは、ヴァンダレイ・シウバが膝蹴りでKO勝ちを収め3度目の王座防衛に成功した。ミルコ・クロコップとジョシュ・バーネットの試合は、ジョシュの左肩脱臼というアクシデントでミルコの勝利に終わった。また、ヒース・ヒーリングはこの大会を最後にPRIDEとの契約が終了した。PRIDE.28 フレッシュアイペディアより)

  • UFC Fight Night: Barnett vs. Nelson

    UFC Fight Night: Barnett vs. Nelsonから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    本大会ではRoad to UFC: Japan決勝とジョシュ・バーネットとロイ・ネルソンによるコーチ対決が組まれた。UFC Fight Night: Barnett vs. Nelson フレッシュアイペディアより)

  • 近藤有己

    近藤有己から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2003年8月31日、無差別級キング・オブ・パンクラス王座決定戦でジョシュ・バーネットと対戦し、チョークスリーパーで一本負けを喫し王座獲得に失敗した。近藤有己 フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・ヒーゾ

    ペドロ・ヒーゾから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    アメリカのWorld Vale Tudo Championshipで活躍後、UFCに参戦。タンク・アボット、マーク・コールマン、高阪剛、ダン・スバーン、ジョシュ・バーネット、アンドレイ・アルロフスキーなどの強豪を撃破して名を馳せた。ただし、3度行われた世界ヘビー級タイトルマッチではケビン・ランデルマンに1度、ランディ・クートゥアに2度敗れ、タイトルには手が届かなかった。ペドロ・ヒーゾ フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・モンソン

    ジェフ・モンソンから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2007年12月9日、フィリピンで開催されたリング・オブ・ファイヤーにジョシュ・バーネット率いるチームの一員として参戦。ハキム・ゴーラムに判定勝ち。ジェフ・モンソン フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬昌由

    成瀬昌由から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    総合格闘技では、フリー参戦の2001年から新日本選手の参戦に際し、その練習パートナーとして常に帯同。永田裕志、ケンドー・カシン、安田忠夫、獣神サンダー・ライガー、矢野通、ブルー・ウルフ、ジョシュ・バーネットといったメンバーの練習や本番のセコンドに就き、徹底したバックアップを行った。これは当時新日本にセコンドを務められる人材が非常に不足していたため、リングス時代の長い経験を持つ成瀬が多くセコンドに付いている。自らも、2003年12月31日のK-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!でK-1の大巨人ヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤと対戦。身長差38cm、体重差50kgのハンデをひっくり返し、チョークスリーパーで一本勝ちを納めている。なぜかこの時は同日参戦した新日本選手の中で唯一の勝利者であったにもかかわらずリングスのバスタオルを掲げていた。また、新日本プロレスの総合ルールULTIMATE CRASHルールの作成にも携わった。成瀬昌由 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤光留

    佐藤光留から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2004年1月18日、DEMOLITIONで行われた「DEMOLITION MIDDLE WEIGHT 4MEN TOURNAMENT」決勝で中村大介に判定勝ち、優勝を果たした。この試合は両者の怪我の影響で2度延期されていた。試合後、リング上でパンクラス無差別級王者ジョシュ・バーネットに宣戦布告した。佐藤光留 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「ジョシュ・バーネット」のニューストピックワード