前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示
  • 佐藤光留

    佐藤光留から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2004年1月18日、DEMOLITIONで行われた「DEMOLITION MIDDLE WEIGHT 4MEN TOURNAMENT」決勝で中村大介に判定勝ち、優勝を果たした。この試合は両者の怪我の影響で2度延期されていた。試合後、リング上でパンクラス無差別級王者ジョシュ・バーネットに宣戦布告した。佐藤光留 フレッシュアイペディアより)

  • ミルコ・クロコップ

    ミルコ・クロコップから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2004年2月1日、PRIDE.27でロン・ウォーターマンと対戦。序盤からいきなりテイクダウンを奪われるも、スタンドに復帰後すぐさま左ハイキックでダウンを奪い、サッカーボールキックを浴びせてKO勝利。2週間後、2月15日の「PRIDE 武士道 -其の弐-」では山本宜久にKO勝利する。4月25日、「PRIDE GRANDPRIX 2004 開幕戦」のPRIDEヘビー級GP1回戦でケビン・ランデルマンと対戦。1R1分57秒、左フックからのパウンドでまさかの失神KO負けを喫した。トーナメントから早々に脱落したミルコはワンマッチでの出場を続け、5月23日の「PRIDE 武士道 -其の参-」では金原弘光に粘られて判定に持ち込まれるが7月19日の「PRIDE 武士道 -其の四-」では大山峻護と対戦し1分で試合を終わらせた。8月15日の「PRIDE GRANDPRIX 2004 決勝戦」ではエメリヤーエンコ・アレキサンダー相手に左ハイキックで試合を決めている。10月31日、PRIDE.28での第10代パンクラス無差別級王者・元UFCヘビー級王者ジョシュ・バーネットとの対決は、1R46秒、バーネットの左肩の脱臼によるタップアウトにより、消化不良のまま終わった。12月31日の「PRIDE 男祭り 2004」ではケビン・ランデルマンと再戦、フロントチョークで一本勝ちを収めた。ミルコ・クロコップ フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・ヒーゾ

    ペドロ・ヒーゾから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    アメリカのWVC (World Vale Tudo Championship) で活躍後、UFCに参戦。タンク・アボット、マーク・コールマン、高阪剛、ダン・スバーン、ジョシュ・バーネット、アンドレイ・アルロフスキーなどの強豪を撃破して名を馳せた。ただし、3度行われたヘビー級タイトルマッチではケビン・ランデルマンに1度、ランディ・クートゥアに2度敗れ、タイトルには手が届かなかった。ペドロ・ヒーゾ フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬昌由

    成瀬昌由から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    総合格闘技では、フリー参戦の2001年から新日本選手の参戦に際し、その練習パートナーとして常に帯同。永田裕志、ケンドー・カシン、安田忠夫、獣神サンダー・ライガー、矢野通、ブルー・ウルフ、ジョシュ・バーネットといったメンバーの練習や本番のセコンドに就き、徹底したバックアップを行った。これは当時新日本にセコンドを務められる人材が非常に不足していたため、リングス時代の長い経験を持つ成瀬が多くセコンドに付いている。自らも、2003年12月31日のK-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!でK-1の大巨人ヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤと対戦。身長差38cm、体重差50kgのハンデをひっくり返し、チョークスリーパーで一本勝ちを納めている。なぜかこの時は同日参戦した新日本選手の中で唯一の勝利者であったにもかかわらずリングスのバスタオルを掲げていた。また、新日本プロレスの総合ルールULTIMATE CRASHルールの作成にも携わった。成瀬昌由 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・モンソン

    ジェフ・モンソンから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2007年12月9日、フィリピンマニラにて開催された『リング・オブ・ファイヤー』にジョシュ・バーネット率いるチームの一員として参戦。ハキム・ゴーラムに判定勝ち。ジェフ・モンソン フレッシュアイペディアより)

  • セミー・シュルト

    セミー・シュルトから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    6月29日、UFC 32ではジョシュ・バーネットと対戦。1ラウンド一本負け。セミー・シュルト フレッシュアイペディアより)

  • ジェロム・レ・バンナ

    ジェロム・レ・バンナから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2011年8月22日、8月27日のIGFトーナメント決勝戦の対戦相手であるジョシュ・バーネットの欠場が決まったため、バンナの不戦勝扱いとして初代IGF王者に認定された。8月24日、IGF王座のチャンピオンベルトが授与された。同日に放送されたSアリーナに生出演した際には、「今日は友人であるアンディ・フグの命日だから、このベルトを手に入れたことでアンディに良い報告が出来ると思う」と語り、「皆さんは僕の人生の一部です」と日本語でコメントして日本のファンへの感謝を現した。ジェロム・レ・バンナ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ハント

    マーク・ハントから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2006年7月1日、『PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND』ではジョシュ・バーネットと対戦し、1ラウンド2分2秒、チキンウィングアームロックで一本負け。マーク・ハント フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ロジャース

    ブレット・ロジャースから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2009年8月1日に開催予定であったAffliction: Trilogyで、薬物問題で欠場となったジョシュ・バーネットの代替選手としてエメリヤーエンコ・ヒョードルとの対戦が噂されたものの、結局大会がキャンセルとなった。ブレット・ロジャース フレッシュアイペディアより)

  • Impact Fighting Championships

    Impact Fighting Championshipsから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2010年7月、ブリズベンにて旗揚げ戦「Impact FC 1」を開催。元UFC世界ヘビー級王者ジョシュ・バーネットとジェロニーモ・ドス・サントスの一戦をメインイベントに据えた。その約1週間後にはシドニーで第2回大会を開催。Impact Fighting Championships フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示

「ジョシュ・バーネット」のニューストピックワード