74件中 51 - 60件表示
  • ボビー・ラシュリー

    ボビー・ラシュリーから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    メジャー団体のみならずインディー団体や世界各地のプロレス団体にも出場。日本の団体であるIGFに参戦し、2008年8月15日のGENOME6にて初出場。ザ・プレデターと対戦し、スピアーからの片エビ固めで勝利。以降、IGFに断続的に参戦し、2011年にはIGFチャンピオンシップトーナメントに出場し、一回戦であるGENOME15にてキース・ハンソンとの元WWE対決ながら短時間で勝利。準決勝であるGENOME16でジョシュ・バーネットと対戦するが敗れた。ボビー・ラシュリー フレッシュアイペディアより)

  • 暫定王座

    暫定王座から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    一方、選手権試合が正規王座決定戦の条件を満たさないために「暫定王座」となることもあり、この場合正規王座は置かれず、本来の「暫定王座」とはニュアンスが異なるものである。この事例としては「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜」におけるアリスター・オーフレイム対トッド・ダフィーの試合がDREAMヘビー級暫定王座決定戦として行われ、勝ったオーフレイムが同暫定王座を戴冠した。これは元々オーフレイムがジョシュ・バーネットかアンドレイ・アルロフスキーと正規王座決定戦として対戦する予定だったのが、両者とも交渉がまとまらず、折衷案としてダフィーとの「暫定王座」決定戦となったものである。暫定王座 フレッシュアイペディアより)

  • 石井慧

    石井慧から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2009年6月1日、記者会見で戦極(現SRC)と同日に仮契約したことを発表。戦極と契約した理由については「日本で育ち、日本で生まれた柔道に生かされてきた。その結果、オリンピック金メダルを手にしました。まずは、日本の格闘技界を盛り上げ、恩返しすることが私の宿命だと思った。自分の祖母は半分、片足を棺桶に突っ込んで、いつ亡くなってもおかしくない状況なので、祖母に生で試合を見せてあげたい」「日本にある団体の中で、『戦極』では、自分が最も尊敬する、世界のヘビー級で一番強い選手・エメリヤーエンコ・ヒョードルと(当時)対戦予定のジョシュ・バーネット選手がいます。もし、ジョシュ・バーネット選手が勝てば、最強はジョシュ・バーネット選手になるので、そういう選手がいるのが『戦極』なので、そういう面でも『戦極』に惹かれました。」と語った。「本契約はファンの前でしたい」とし、6月4日に新宿ステーションスクエアにて本契約の公開調印式が行われた。石井慧 フレッシュアイペディアより)

  • 高阪剛

    高阪剛から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2006年5月5日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦では、マーク・ハントと真っ向から殴り合った末にTKO負けを喫したが、ハントのパンチでフラフラになりながらも前に出続けた。敗北したことでこの試合が現役最後の試合となった。試合後に控え室を訪れたジョシュ・バーネットが、高阪の引退を想い号泣した。高阪剛 フレッシュアイペディアより)

  • パウエル・ナツラ

    パウエル・ナツラから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2006年10月21日、アメリカで開催されたPRIDE.32でジョシュ・バーネットと対戦し、アンクルホールドでタップアウト負け。試合後の薬物検査で陽性となり、9か月の出場停止と6,500ドルの罰金を受けた。パウエル・ナツラ フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    ジョルジュ・ホーネット(ジョシュ・バーネットファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • 笠原倫

    笠原倫から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    青い目のケンシロウ 実録ジョシュ・バーネット物語(2004年6月、コミック格闘王、読切)笠原倫 フレッシュアイペディアより)

  • 11月10日

    11月10日から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    1977年 - ジョシュ・バーネット、プロレスラー11月10日 フレッシュアイペディアより)

  • 総合格闘技

    総合格闘技から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    アントニオ猪木らがプロレス最強論を展開していたために、プロレスの総合適性への期待は高かったが、UFC1にプロレス(シュート・ファイテング)代表として参戦したケン・シャムロックは、ホイス・グレイシーに敗れる。しかし、ケン・シャムロックはホイス・グレイシーとUFC 5で再戦した際、前回の敗北を教訓にして引き分けている。桜庭和志がPRIDE.8でホイラー・グレイシーを下し、UFC以後、初めてグレイシー一族を総合格闘技試合で破った。その後、グレイシー一族を立て続けに破り、「グレイシーハンター」「プロレス界の救世主」と呼ばれた。PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦の準々決勝で、藤田和之が元UFC王者であり、霊長類ヒト科最強の男と言われたマーク・ケアーを破っている。ジョシュ・バーネット、ブロック・レスナーはUFC世界ヘビー級王座を獲得している。しかし、実績のあるメジャーなプロレスラーである高田延彦や永田裕志、高山善廣、ケンドー・カシン、安田忠夫、獣神サンダー・ライガーなどは総合では結果を残せなかった。プロレスラーは格闘家というよりもアクション俳優であり、プロレスラーとしては比較的マイナーな桜庭和志や藤田和之、美濃輪育久(ミノワマン)、ジョシュ・バーネット、ブロック・レスナーが総合で結果を残したのは、プロレスの技術と言うよりもレスリングやキャッチ・アズ・キャッチ・キャンの技術によるものであると言う指摘もある。総合格闘技 フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュア

    ジョシュアから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネット - アメリカの総合格闘家。ジョシュア フレッシュアイペディアより)

74件中 51 - 60件表示

「ジョシュ・バーネット」のニューストピックワード