87件中 71 - 80件表示
  • 11月10日

    11月10日から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    1977年 - ジョシュ・バーネット、プロレスラー11月10日 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・アルロフスキー

    アンドレイ・アルロフスキーから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2016年9月3日、UFC Fight Night: Arlovski vs. Barnettでヘビー級ランキング9位のジョシュ・バーネットと対戦し、リアネイキドチョークで一本負け。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。アンドレイ・アルロフスキー フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ラシュリー

    ボビー・ラシュリーから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    以降、IGFに断続的に参戦し、2011年にはIGFチャンピオンシップトーナメントに出場し、一回戦であるGENOME15にてキース・ハンソンとの元WWE対決ながら短時間で勝利。準決勝であるGENOME16でジョシュ・バーネットと対戦するが敗れた。ボビー・ラシュリー フレッシュアイペディアより)

  • 大羽武士

    大羽武士から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    マッド・ウォーリアーズ 頂上決戦(ブロディ・ジェームス【ジョシュ・バーネット】)大羽武士 フレッシュアイペディアより)

  • 暫定王座

    暫定王座から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    一方、選手権試合が正規王座決定戦の条件を満たさないために「暫定王座」となることもあり、この場合正規王座は置かれず、本来の「暫定王座」とはニュアンスが異なるものである。この事例としては「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜」におけるアリスター・オーフレイム対トッド・ダフィーの試合がDREAMヘビー級暫定王座決定戦として行われ、勝ったオーフレイムが同暫定王座を戴冠した。これは元々オーフレイムがジョシュ・バーネットかアンドレイ・アルロフスキーと正規王座決定戦として対戦する予定だったのが、両者とも交渉がまとまらず、折衷案としてダフィーとの「暫定王座」決定戦となったものである。暫定王座 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田和之

    藤田和之から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2011年8月27日、イノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)の両国国技館大会「INOKI GENOME 〜Super Stars Festival 2011〜」でジョシュ・バーネットが契約問題により欠場となったため緊急参戦、1年8ヶ月ぶり復帰。藤田和之 フレッシュアイペディアより)

  • ギルバート・アイブル

    ギルバート・アイブルから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2009年1月24日、Affliction: Day of Reckoningでジョシュ・バーネットと対戦し、マウントパンチでギブアップ負け。6月27日、Ultimate Chaosでペドロ・ヒーゾと対戦し、パウンドでKO勝ち。ギルバート・アイブル フレッシュアイペディアより)

  • 石原夜叉坊

    石原夜叉坊から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    2015年、リアリティ番組「Road to UFC: Japan」に参加。ジョシュ・バーネット率いるチーム・バーネットに所属。フェザー級トーナメント1回戦で安藤達也と対戦し、2-0の判定勝ち。準決勝で西浦"ウィッキー"聡生と対戦し、2-1の判定勝ちを収め決勝進出を果たした。石原夜叉坊 フレッシュアイペディアより)

  • 高田延彦

    高田延彦から見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    PRIDE・シウバ編 ヴァンダレイ・シウバ、ジョシュ・バーネットと共演高田延彦 フレッシュアイペディアより)

  • エメリヤーエンコ・ヒョードル

    エメリヤーエンコ・ヒョードルから見たジョシュ・バーネットジョシュ・バーネット

    同年8月1日、Affliction: Trilogyでジョシュ・バーネットと対戦予定であったが、ジョシュが試合前のドーピング検査で陽性反応が出たとして出場中止となり、その影響で同大会は開催中止、さらにAfflictionのMMA興行からの撤退が発表された。その後、UFCとの交渉も伝えられたが、8月3日にStrikeforceと出場契約を交わしたことが発表された。後年ヒョードル自身がUFC参戦に至らなかった理由について「基本的に、私は無敗でUFCを離脱することができませんでした。私はインタビューをすることも、映画や広告の仕事もできません。UFCの合意なしでは何をする権利もありません。」と契約に理不尽を感じたことをインタビューで明確に語った。このような契約をすればロシア国内で開かれるコンバットサンボの大統領杯に参加することも不可能になり、国民性の観点からヒョードルにとっては納得のいかない条件であった。エメリヤーエンコ・ヒョードル フレッシュアイペディアより)

87件中 71 - 80件表示

「ジョシュ・バーネット」のニューストピックワード