142件中 111 - 120件表示
  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たSENGOKU RAIDEN CHAMPIONSHIP

    2008年3月5日、戦極旗揚げ戦「戦極 〜第一陣〜」のメインイベントで吉田秀彦と対戦、1Rにバックドロップで投げるなどし、3Rにヒールホールドで一本勝ち。同年5月18日、前回に引き続き「戦極 〜第二陣〜」のメインイベントでジェフ・モンソンと対戦、3-0の判定勝ち。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た腕挫十字固

    2001年2月23日、「UFC 30」でペドロ・ヒーゾにKO負け。キャリア11戦目で初黒星を喫した。同年6月29日の「UFC 32」では無差別級キング・オブ・パンクラシストのセーム・シュルトに腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たAffliction: Banned

    2008年7月19日、Affliction旗揚げ戦Affliction: Bannedでペドロ・ヒーゾと約7年半振りに再戦し、左フックによるKO勝ちでリベンジに成功、2009年1月24日に開催されたAffliction: Day of Reckoningでギルバート・アイブルにマウントパンチでギブアップ勝ち。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たUFC Fight Night: Arlovski vs. Barnett

    2016年9月3日、UFC Fight Night: Arlovski vs\. Barnettで、ヘビー級ランキング6位のアンドレイ・アルロフスキーと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトとパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たPRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦

    2006年2月26日、「PRIDE.31」で中村和裕と対戦、1Rにチョークスリーパーで一本勝ち。ジョシュはPRIDE初勝利を収めた。同年5月5日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦」におけるグランプリ1回戦でエメリヤーエンコ・アレキサンダーと対戦、激しい打撃戦の末、相手のスタミナが切れたところでテイクダウンを取りV1アームロックでタップを奪う。同年7月1日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND」におけるグランプリ2回戦でマーク・ハントと対戦、1Rにチキンウィングアームロックで一本勝ち。同年9月10日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦」におけるグランプリ準決勝で、Dynamite!での対戦要求以来4年越しとなるアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとの対戦が実現。PRIDE史上に残る寝技対決となり、判定2-1で勝利。その後決勝戦にてミルコ・クロコップとの3度目の対戦に挑むが、1Rにパウンドでギブアップ負けを喫し準優勝に終わった。同年10月21日、「PRIDE.32」においてUFC以来の母国アメリカへの凱旋を果たし、パウエル・ナツラと対戦、2Rにアンクルホールドで勝利を収めた。同年12月31日、「PRIDE 男祭り 2006」においてアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとの再戦を行ない、0-3の判定負け。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たマニラ

    2007年12月9日、フィリピン・マニラにて開催された「リング・オブ・ファイヤー」にチームジョシュ・バーネットのコーチとして参加(自身は試合なし)。同年12月22日、4年4か月ぶりの参戦となったパンクラスで佐藤光留とキャッチレスリングルールで対戦し勝利。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たノーザンライト・スープレックス

    2017年2月16日、TNA・Impact Wrestlingにてボビー・ラシュリーより呼び込まれる形で登場。ラシュリーが保持するTNA世界ヘビー級王座のベルトを懸けて勝負する事を約束した。同月23日、バッド・ボーンズと対戦。打撃技を多用して寄せ付けず、最後にノーザンライト・スープレックスからキーロックへと繋げてギブアップを奪い勝利。3月2日、TNA世界ヘビー級王座を保持するボビー・ラシュリーに挑戦。MMAで培った打撃技と関節技を駆使して試合を優位に進めるが、終盤にクローズラインを防御され倒されるとスピアーを喰らい敗戦した。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たデスバレーボム

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ戦でのデスバレーボム、近藤有己戦でのジャーマン・スープレックス、吉田秀彦戦でのバックドロップなど、総合格闘技の試合でプロレス技を披露することがある。また、UWFをこよなく愛し、前田日明の名を度々口に出したり、UWFインターナショナルについての論文をネット上に公表した他、やはりU系派生団体の一つであるパンクラス無差別級王者となった際には「UWFハシナナイ」と発言したほど。自らを「プロレスラー」と呼び、「プロレスこそが最強」を声高らかに叫ぶ。U系の技術の根本となるキャッチ・アズ・キャッチ・キャンこそ、ブラジリアン柔術を超えるグラウンドの技術であると提唱していたが、近年はヒーガン・マチャドの下でブラジリアン柔術を学び黒帯を授与されている。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たUFC 32

    2001年2月23日、「UFC 30」でペドロ・ヒーゾにKO負け。キャリア11戦目で初黒星を喫した。同年6月29日の「UFC 32」では無差別級キング・オブ・パンクラシストのセーム・シュルトに腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たファイヤープロレスリング

    日本のアニメ声優にも詳しい。雑誌「CONTINUE」でインタビューを受けた際、バックナンバーを流し読みした時に「あ、林原めぐみだ」とポロっともらした。テレビゲームも大好きであり、日米版それぞれのプレイステーション2を保有している。最も好きなプロレスゲームは『ファイヤープロレスリング』シリーズ。レスラーの行動パターンロジックを調整して、自動で戦わせて観戦するのが好き。映画『ブレードランナー』のマニアであり、ビデオ、LD、DVDなど様々なバージョンの同作をコレクションしている。ホラー映画、スプラッター映画も好きで恋人とデートでスプラッター映画を見に行くほど。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

142件中 111 - 120件表示

「ジョシュ・バーネット」のニューストピックワード