142件中 11 - 20件表示
  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2009年8月1日、Affliction: Trilogyでエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦予定であったが、カリフォルニア州アスレチック・コミッションが実施した試合前のドーピング検査でアナボリックステロイドの一種であるドロスタノロンの陽性反応が検出されたため出場停止となり、その影響で同大会は開催中止となった。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た前田日明

    アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ戦でのデスバレーボム、近藤有己戦でのジャーマン・スープレックス、吉田秀彦戦でのバックドロップなど、総合格闘技の試合でプロレス技を披露することがある。また、UWFをこよなく愛し、前田日明の名を度々口に出したり、UWFインターナショナルについての論文をネット上に公表した他、やはりU系派生団体の一つであるパンクラス無差別級王者となった際には「UWFハシナナイ」と発言したほど。自らを「プロレスラー」と呼び、「プロレスこそが最強」を声高らかに叫ぶ。U系の技術の根本となるキャッチ・アズ・キャッチ・キャンこそ、ブラジリアン柔術を超えるグラウンドの技術であると提唱していたが、近年はヒーガン・マチャドの下でブラジリアン柔術を学び黒帯を授与されている。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た中村和裕

    2006年2月26日、「PRIDE.31」で中村和裕と対戦、1Rにチョークスリーパーで一本勝ち。ジョシュはPRIDE初勝利を収めた。同年5月5日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦」におけるグランプリ1回戦でエメリヤーエンコ・アレキサンダーと対戦、激しい打撃戦の末、相手のスタミナが切れたところでテイクダウンを取りV1アームロックでタップを奪う。同年7月1日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND」におけるグランプリ2回戦でマーク・ハントと対戦、1Rにチキンウィングアームロックで一本勝ち。同年9月10日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦」におけるグランプリ準決勝で、Dynamite!での対戦要求以来4年越しとなるアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとの対戦が実現。PRIDE史上に残る寝技対決となり、判定2-1で勝利。その後決勝戦にてミルコ・クロコップとの3度目の対戦に挑むが、1Rにパウンドでギブアップ負けを喫し準優勝に終わった。同年10月21日、「PRIDE.32」においてUFC以来の母国アメリカへの凱旋を果たし、パウエル・ナツラと対戦、2Rにアンクルホールドで勝利を収めた。同年12月31日、「PRIDE 男祭り 2006」においてアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとの再戦を行ない、0-3の判定負け。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た吉田秀彦

    2008年3月5日、戦極旗揚げ戦「戦極 〜第一陣〜」のメインイベントで吉田秀彦と対戦、1Rにバックドロップで投げるなどし、3Rにヒールホールドで一本勝ち。同年5月18日、前回に引き続き「戦極 〜第二陣〜」のメインイベントでジェフ・モンソンと対戦、3-0の判定勝ち。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た田村潔司

    2005年、新日本プロレスのG1クライマックスにエントリーされるも、直前で川田利明に変更された(新日サイド側より「川田の方が集客力があるから」と説明を受けたとしている)。同年11月23日、U-STYLE Axisで田村潔司と対戦、腕ひしぎ十字固めで一本負け。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た安田忠夫

    2007年6月29日、IGF旗揚げ興行「闘今 BOM-BA-YE」で安田忠夫に4分17秒腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。2007年12月20日、IGF「GENOME2」でモンターニャ・シウバと対戦、シウバのパンチで苦戦を強いられるもゴッチスペシャルで勝利。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た北斗の拳

    ニックネームは「ザ・ウォーマスター」、「ザ・ベビーフェイスド・アサシン」(ベビーフェイスの暗殺者)。また、漫画・アニメをこよなく愛し、おたく文化にも造詣が深く、特に『北斗の拳』のケンシロウの熱烈なファンであることから、日本では「蒼い瞳のケンシロウ」、「世界最強のオタク」の異名を持つ。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たアマチュアレスリング

    レスリング、柔道、ムエタイを学び、1997年に18歳でプロ総合格闘技デビュー。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たパウエル・ナツラ

    2006年2月26日、「PRIDE.31」で中村和裕と対戦、1Rにチョークスリーパーで一本勝ち。ジョシュはPRIDE初勝利を収めた。同年5月5日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦」におけるグランプリ1回戦でエメリヤーエンコ・アレキサンダーと対戦、激しい打撃戦の末、相手のスタミナが切れたところでテイクダウンを取りV1アームロックでタップを奪う。同年7月1日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND」におけるグランプリ2回戦でマーク・ハントと対戦、1Rにチキンウィングアームロックで一本勝ち。同年9月10日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦」におけるグランプリ準決勝で、Dynamite!での対戦要求以来4年越しとなるアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとの対戦が実現。PRIDE史上に残る寝技対決となり、判定2-1で勝利。その後決勝戦にてミルコ・クロコップとの3度目の対戦に挑むが、1Rにパウンドでギブアップ負けを喫し準優勝に終わった。同年10月21日、「PRIDE.32」においてUFC以来の母国アメリカへの凱旋を果たし、パウエル・ナツラと対戦、2Rにアンクルホールドで勝利を収めた。同年12月31日、「PRIDE 男祭り 2006」においてアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとの再戦を行ない、0-3の判定負け。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たベン・ロズウェル

    2016年1月30日、UFC on FOX 18でヘビー級ランキング7位のベン・ロズウェルと対戦。2Rにタックルした際にゴゴチョークで捉えられそのままタップアウト。総合格闘技においてキャリア初の一本負けを喫した。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

142件中 11 - 20件表示

「ジョシュ・バーネット」のニューストピックワード