122件中 31 - 40件表示
  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た佐藤光留

    2007年12月9日、フィリピン、マニラにて開催された「リング・オブ・ファイヤー」にチームジョシュ・バーネットのコーチとして参加(自身は試合なし)。同年12月22日、4年4か月ぶりの参戦となったパンクラスで佐藤光留とキャッチレスリングルールで対戦し勝利。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た高阪剛

    親指で首を切る動きをしながら。2002年、名古屋での新日本プロレス興行において、永田裕志が試合を勝利で終えた直後にリングに上がりこの言葉を放った。試合直後とはいえ、激昂した当時のIWGP王者である永田をフロントチョークで絞め落とした。高阪剛に片手で絞め落とされたとき同様、動かなくなった永田の姿に新日本プロレスファンを始めとするプロレスファンは衝撃を受けた。お気に入りの言葉なのか、総合格闘技進出後もインタビューなどで度々この言葉を使っている。彼がこの言葉を言う場合、「シ」の部分にアクセントを置くのが特徴的である。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たギルバート・アイブル

    2008年7月19日、Affliction旗揚げ戦Affliction: Bannedでペドロ・ヒーゾと約7年半振りに再戦し、左フックによるKO勝ちでリベンジに成功、2009年1月24日に開催されたAffliction: Day of Reckoningでギルバート・アイブルに3R TKO勝ち。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た高橋和生

    2003年5月2日、新日本プロレス主催「ULTIMATE CRUSH」にてジミー・アンブリッツと対戦し、グラウンドでの打撃によるタップアウトで勝利。同年8月31日、パンクラスで近藤有己と対戦、ジャーマン・スープレックスを連続で決めるなどし、最後はチョークスリーパーで勝利し、第10代パンクラス無差別級王者となった。10月13日の「ULTIMATE CRUSH」では高橋義生にタップアウト勝ちで初防衛に成功。12月31日の「INOKI BOM-BA-YE 2003」ではセーム・シュルトに腕ひしぎ十字固めで一本勝ちで2回目の防衛に成功した。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たエリック・パーソン

    フリーランスの期間を経て、現在は以前からトレーナーを務めているエリック・パーソンのジム、CSWに正式所属となっている。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たプロレスラー

    ジョシュ・バーネット(Josh Barnett、男性、1977年11月10日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家、プロレスラー。ワシントン州シアトル出身。CSW所属。現無差別級キング・オブ・パンクラシスト。元UFC世界ヘビー級王者。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たリコ・ロドリゲス (格闘家)

    1999年2月、第2回アブダビコンバット99kg未満級および無差別級出場、マーク・ケアーに敗れる。同年9月、「SuperBrawl 13」のヘビー級トーナメントにおいてボビー・ホフマン、ヒース・ヒーリング、リコ・ロドリゲス等世界の強豪が参加する中優勝。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たボビー・ホフマン

    1999年2月、第2回アブダビコンバット99kg未満級および無差別級出場、マーク・ケアーに敗れる。同年9月、「SuperBrawl 13」のヘビー級トーナメントにおいてボビー・ホフマン、ヒース・ヒーリング、リコ・ロドリゲス等世界の強豪が参加する中優勝。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たドラゴンボール

    日本に立ち寄るときは秋葉原や中野ブロードウェイにフィギュアなどを買い求めに赴くことが多いという。「世界最強のオタク」と呼ばれる所以でもある。好きなキャラクターは『北斗の拳』のケンシロウ。また、ロボットアニメでは『機動戦士ガンダム』を好み、ガンダムを好きじゃない人間が地球上にいるわけがないと断言するほど。ほかに『装甲騎兵ボトムズ』や『ファイブスター物語』を好み、ボトムズが何の略か(Vertical One-man Tank for Offence & Maneuver-S)をソラで言える上、FSSは紀伊國屋書店で英訳版を取り寄せるほど。日本のアニメへの馴れ初めは『宇宙戦艦ヤマト』で、この作品をきっかけにアニメに没頭するようになった。この頃はインターネットもあまり普及していなかったため、雑誌やテレビ・ラジオなどを通してそれら作品を研究していた。また、そのような自身を「アメリカンオタクスタイル初期型」と語り、自らを旧ザクに喩えた。ヤマトや『マクロス』等の有名どころは勿論、一般人では到底知らないアニメや特撮までもその範疇としており、「好きではないけど一応知っている」というオタク特有の性質までも併せ持っている。通訳者が「ガチャガチャって単語伝わるかな?」と説明に苦慮していると、「これガチャポンでしょ?」と言ったり、「高校鉄拳伝タフ」を説明しようとしていると、「知ってるよ」と言いながら財布から同作品のテレカを出した。「『ジョジョ』よりも、『バオー』の方が好き」という一風変わった趣味とオタクぶりを見せる。『ドラゴンボール』については「強さに際限がなく、現実的でない」などと辛辣な評価を下している。どちらかというとリアリティの高い作品を好む傾向にあるが、作品に誠実さがあれば多少リアリティがなくとも問題ないとのこと。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た漫画

    ニックネームは「ザ・ベビーフェイスド・アサシン」(ベビーフェイスの暗殺者)。また、漫画・アニメをこよなく愛し、おたく文化にも造詣が深く、特に『北斗の拳』のケンシロウの熱烈なファンであることから、日本では「蒼い瞳のケンシロウ」、「世界最強のオタク」の異名を持つ。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

122件中 31 - 40件表示

「ジョシュ・バーネット」のニューストピックワード