122件中 81 - 90件表示
  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た東京ドーム

    2002年12月、新日本プロレス大会に登場。2003年1月4日、新日東京ドーム大会で初参戦にしてIWGP王者永田裕志と対戦(経緯後述)。2003年は新日の地方巡業にも参加すると共に、新日主催の総合格闘技イベントへも参戦。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たイノキ・ゲノム・フェデレーション

    2007年6月29日、IGF旗揚げ興行「闘今 BOM-BA-YE」で安田忠夫に4分17秒腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。2007年12月20日、IGF「GENOME2」でモンターニャ・シウバと対戦、シウバのパンチで苦戦を強いられるもゴッチスペシャルで勝利。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たフィリピン

    2007年12月9日、フィリピン、マニラにて開催された「リング・オブ・ファイヤー」にチームジョシュ・バーネットのコーチとして参加(自身は試合なし)。同年12月22日、4年4か月ぶりの参戦となったパンクラスで佐藤光留とキャッチレスリングルールで対戦し勝利。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たINOKI BOM-BA-YE 2003

    2003年5月2日、新日本プロレス主催「ULTIMATE CRUSH」にてジミー・アンブリッツと対戦し、グラウンドでの打撃によるタップアウトで勝利。同年8月31日、パンクラスで近藤有己と対戦、ジャーマン・スープレックスを連続で決めるなどし、最後はチョークスリーパーで勝利し、第10代パンクラス無差別級王者となった。10月13日の「ULTIMATE CRUSH」では高橋義生にタップアウト勝ちで初防衛に成功。12月31日の「INOKI BOM-BA-YE 2003」ではセーム・シュルトに腕ひしぎ十字固めで一本勝ちで2回目の防衛に成功した。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たUFC 30

    2001年2月23日、「UFC 30」でペドロ・ヒーゾにKO負け。同年6月29日の「UFC 32」では元パンクラス王者、セーム・シュルトに腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た脱臼

    2004年5月22日、「K-1 MMA Championship ROMANEX」にてレネ・ローゼにマウントパンチの連打でKO勝ち。同年10月31日、PRIDEデビューとなった「PRIDE.28」でミルコ・クロコップと対戦するが、開始早々に左肩を脱臼。1R46秒、自身初のタップアウト負け。ケガが癒えた翌2005年10月23日の「PRIDE.30」で再戦するが、フルラウンドの攻防の末判定負け。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たアブダビコンバット

    1999年2月、第2回アブダビコンバット99kg未満級および無差別級出場、マーク・ケアーに敗れる。同年9月、「SuperBrawl 13」のヘビー級トーナメントにおいてボビー・ホフマン、ヒース・ヒーリング、リコ・ロドリゲス等世界の強豪が参加する中優勝。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たUFC 36

    2002年3月22日、「UFC 36」で当時無敵の王者だったランディ・クートゥアをTKOで下し、史上最年少で第7代UFC世界ヘビー級王座を獲得するが、後のステロイド・ドーピング薬物検査にて陽性反応が出たとして、1度も防衛戦を行なうことなく王座を剥奪されている。これに関して、ジョシュは禁止薬物(ステロイド)使用については否定しているが、その前駆体であるプロホルモンについては摂取したことを認めている。このドーピング疑惑については、試合後のPRIDE移籍を臭わせた彼の発言に対する制裁ではないかとの見方もあった。同年8月28日、「Dynamite!」でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦したボブ・サップのセコンドに付き、試合に勝って喜ぶノゲイラに対し「オマエハ モウ シンデイル」と日本語で挑戦表明した。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たPRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦

    2006年2月26日、「PRIDE.31」で中村和裕と対戦、1Rにチョークスリーパーで一本勝ち。ジョシュはPRIDE初勝利を収めた。同年5月5日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦」におけるトーナメント1回戦でエメリヤーエンコ・アレキサンダーと対戦、激しい打撃戦の末、相手のスタミナが切れたところでテイクダウンを取りV1アームロックでタップを奪う。同年7月1日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUND」におけるトーナメント2回戦でマーク・ハントと対戦、1Rにチキンウィングアームロックで一本勝ち。同年9月10日、「PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦」におけるトーナメント準決勝で、Dynamite!での対戦要求以来4年越しとなるアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとの対戦が実現。PRIDE史上に残る寝技対決となり、判定2-1で勝利。その後決勝戦にてミルコ・クロコップとの3度目の対戦に挑むが、1Rにギブアップ負けを喫し、GP準優勝に収まる。同年10月21日、「PRIDE.32」においてUFC以来の母国アメリカへの凱旋を果たし、パウエル・ナツラと対戦、2Rにアンクルホールドで勝利を収めた。同年12月31日、「PRIDE 男祭り 2006」においてアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラとの再戦を行ない、0-3の判定負け。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見た装甲騎兵ボトムズ

    日本に立ち寄るときは秋葉原や中野ブロードウェイにフィギュアなどを買い求めに赴くことが多いという。「世界最強のオタク」と呼ばれる所以でもある。好きなキャラクターは『北斗の拳』のケンシロウ。また、ロボットアニメでは『機動戦士ガンダム』を好み、ガンダムを好きじゃない人間が地球上にいるわけがないと断言するほど。ほかに『装甲騎兵ボトムズ』や『ファイブスター物語』を好み、ボトムズが何の略か(Vertical One-man Tank for Offence & Maneuver-S)をソラで言える上、FSSは紀伊國屋書店で英訳版を取り寄せるほど。日本のアニメへの馴れ初めは『宇宙戦艦ヤマト』で、この作品をきっかけにアニメに没頭するようになった。この頃はインターネットもあまり普及していなかったため、雑誌やテレビ・ラジオなどを通してそれら作品を研究していた。また、そのような自身を「アメリカンオタクスタイル初期型」と語り、自らを旧ザクに喩えた。ヤマトや『マクロス』等の有名どころは勿論、一般人では到底知らないアニメや特撮までもその範疇としており、「好きではないけど一応知っている」というオタク特有の性質までも併せ持っている。通訳者が「ガチャガチャって単語伝わるかな?」と説明に苦慮していると、「これガチャポンでしょ?」と言ったり、「高校鉄拳伝タフ」を説明しようとしていると、「知ってるよ」と言いながら財布から同作品のテレカを出した。「『ジョジョ』よりも、『バオー』の方が好き」という一風変わった趣味とオタクぶりを見せる。『ドラゴンボール』については「強さに際限がなく、現実的でない」などと辛辣な評価を下している。どちらかというとリアリティの高い作品を好む傾向にあるが、作品に誠実さがあれば多少リアリティがなくとも問題ないとのこと。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

122件中 81 - 90件表示

「ジョシュ・バーネット」のニューストピックワード