前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • マイアミ・マーリンズ

    マイアミ・マーリンズから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    MLBの球団拡張政策により、1993年にコロラド・ロッキーズと共に誕生。歴史はまだそれほど長くないが、これまでワールドシリーズに1997年、2003年に進出して、いずれも世界一に輝いている。しかし、(後に詳述するように)1997年、2005年、2012年、2017年とわずか20年ほどの間に4回もの「ファイヤーセール」を決行しており、このことから「スター選手を放出することで解体と再構築を繰り返してきた球団」「スター選手の切り売りが悪しき伝統(として根付いている)」と評されている。実際、ファイヤーセールで放出した選手は、ゲイリー・シェフィールド、ジョシュ・ベケット、ホセ・レイエス、ジャンカルロ・スタントンなど、その時々での球界を代表する選手が多く名を連ねている。これがファンがチームに対して愛着が持てず、地元の人気を得られない原因と指摘されている。マイアミ・マーリンズ フレッシュアイペディアより)

  • ボストン・レッドソックス

    ボストン・レッドソックスから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    最多勝利投手:ジョシュ・ベケットボストン・レッドソックス フレッシュアイペディアより)

  • アレン・ウェブスター

    アレン・ウェブスターから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    2012年8月22日にジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレスらとのトレードでボストン・レッドソックスへ移籍。アレン・ウェブスター フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ゴンザレス (1977年生の内野手)

    アレックス・ゴンザレス (1977年生の内野手)から見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    2月6日にハンリー・ラミレスらとのトレードで、ジョシュ・ベケットらとともにボストン・レッドソックスに移籍。111試合の出場で、わずか7失策と堅実な守備を披露。レッドソックスの遊撃手としては史上最高の守備率を記録した。10月30日にFAとなった。アレックス・ゴンザレス (1977年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • デバーン・ハンサック

    デバーン・ハンサックから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    は、スプリングトレーニングで好成績を収めるも、開幕は傘下AAAポータケットで迎えた。5月3日に、マイク・ティムリンのDL入りに伴ってメジャーに昇格した。しかし、5月11日に傘下AAAポータケットへ降格した。5月18日に、ジョシュ・ベケットのDL入りに伴ってメジャーに再昇格した。しかし、すぐに傘下AAAポータランドに再降格となった。最終的にこの年は、3試合の登板に終わった。デバーン・ハンサック フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・フランシス

    ジェフ・フランシスから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    、AA級タルサ・ドリラーズで球団史上初となる開幕からの10連勝を記録し、さらに昇格したAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスとの合計で16勝3敗・防御率2.21・196奪三振・29与四球という成績を残す。この年の8月に開催されるアテネ五輪では、フランシスはカナダ代表のエースとして期待されていたが、ロッキーズがフランシスをメジャーへ昇格させることになったため五輪出場は見送られた。五輪の3位決定戦でカナダ代表が日本代表に敗れメダル獲得を逃した8月25日、フランシスはメジャー昇格を果たし、同日行われたアトランタ・ブレーブス戦でメジャーデビュー。5回で三振を8個奪うも6失点を喫し、敗戦投手になる。メジャー初勝利を挙げたのは3度目の登板となった9月5日で、サンディエゴ・パドレス打線を5.1回無失点に抑えてのことだった。この年は全て先発で7試合に登板し3勝2敗・防御率5.15を記録した。シーズン終了後にはマイナーリーグでの活躍が高く評価され、『ベースボール・アメリカ』と『USAトゥデイ』のマイナー最優秀選手賞をダブル受賞。2賞の同時受賞はアンドリュー・ジョーンズ(・)、リック・アンキール()、ジョシュ・ベケット()に次ぐ史上4人目・5度目である。ジェフ・フランシス フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のワールドシリーズ

    2003年のワールドシリーズから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    MVPは1勝1敗、防御率1.13、19奪三振の成績をあげたジョシュ・ベケットが初選出。2003年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

    2007年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    MVPは2勝0敗、防御率1.93、18奪三振の成績を残したジョシュ・ベケットが受賞した。2007年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイムソン・タイヨン

    ジェイムソン・タイヨンから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    テキサス州の時代のにはベネズエラで開催されたパン・アメリカンU-18大会に米国代表として出場し、決勝のキューバ戦で7回2/3を16三振、無失点に抑えて金メダル獲得に大きく貢献した。3月23日には19奪三振ノーヒットノーランを達成。ジョシュ・ベケット以降では最高の高校生投手との評価を受け、スティーブン・ストラスバーグとも比較された。ジェイムソン・タイヨン フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のメジャーリーグベースボール

    2014年のメジャーリーグベースボールから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    5月25日 - ロサンゼルス・ドジャースのジョシュ・ベケットが対フィラデルフィア・フィリーズ戦でノーヒッター達成2014年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示