37件中 11 - 20件表示
  • ニック・プント

    ニック・プントから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    の8月25日、ジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレス、カール・クロフォードと金銭と共に、ジェームズ・ローニー、イバン・デヘスース、アレン・ウェブスターと後日発表の2選手(ルビー・デラロサとジェリー・サンズ)とのトレードでロサンゼルス・ドジャースへ移籍した。ニック・プント フレッシュアイペディアより)

  • ポール・マホーム

    ポール・マホームから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    2月8日にロサンゼルス・ドジャースと150万ドル+出来高の1年契約に合意した。開幕後は先発として登板していたが、ドジャースにはクレイトン・カーショウ、ザック・グレインキー、ダン・ヘイレン、ジョシュ・ベケット、柳賢振とリーグ屈指の先発陣を擁していたため、5月からリリーフに転向。しかし8月2日に右の前十字靭帯断裂で15日間の故障者リスト入りし、8月4日に60日間の故障者リストへ異動した。そのまま、シーズンを終えた。オフに、契約満了でFAとなった。ポール・マホーム フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ローニー (野球)

    ジェームズ・ローニー (野球)から見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    8月25日にジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレス、カール・クロフォード、ニック・プント+金銭のトレードで、イバン・デヘスース・ジュニア、アレン・ウェブスターほか2選手と共にボストン・レッドソックスへ移籍した。ジェームズ・ローニー (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ギレルモ・モタ

    ギレルモ・モタから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    11月24日、ハンリー・ラミレスおよびアニバル・サンチェス、ヘスス・デルガド、ハービー・ガルシアとのトレードで、ジョシュ・ベケットおよびマイク・ローウェルと共にボストン・レッドソックスへ移籍。ギレルモ・モタ フレッシュアイペディアより)

  • レウリー・ガルシア

    レウリー・ガルシアから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    3月1日にホワイトソックスと1年契約に合意し、開幕ロースター入りした。4月16日のボストン・レッドソックス戦では延長14回表から登板し、決勝打を打たれて負け投手となった。6月4日のロサンゼルス・ドジャース戦では、3回表の第一打席にジョシュ・ベケットからメジャー初本塁打を放った。同年は74試合に出場してホームランを6本放ったが、打率は.166と前年から更に低下した。走塁面でも不振で、盗塁は成功1に対して失敗5だった。守備では、内外野のユーティリティ選手として起用され、三塁・二塁・中堅・遊撃等のポジションを万遍なく守った。レウリー・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表から見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケット(ボストン・レッドソックス / 右投手):のMLBレギュラーシーズン中に故障した箇所の治療を優先するため辞退。2009 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュア

    ジョシュアから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケット - アメリカの野球選手(投手)。ジョシュア フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ローウェル

    マイク・ローウェルから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    2004年シーズン終了後、マーリンズは年俸総額削減のため主力選手の多くを放出し、ローウェルもジョシュ・ベケットとともにボストン・レッドソックスへトレードされた。若い先発投手を獲得して常勝球団を築くことを目論んでいたレッドソックスが欲しかったのは当時25歳のベケットであり、前年不調に陥っていたベテランのローウェルはマーリンズが「抱き合わせ」としてレッドソックスに押し付けたようなものだった。マイク・ローウェル フレッシュアイペディアより)

  • ドントレル・ウィリス

    ドントレル・ウィリスから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    、マイナーリーグAA級カロライナで6試合に先発して4勝0敗・防御率1.49の好成績を挙げると、5月9日にジョシュ・ベケットが故障者リスト入りし、AAA級を飛び越してにメジャーに昇格し、同日の対コロラド・ロッキーズ戦でにデビュー。デビュー戦から3回目の登板まで1勝1敗、防御率7.07だったが、その後7月13日までの10回の登板で8連勝をマークし、防御率は1.05。6月にはナリーグ新人選手としては野茂英雄(1995年6月)以来となるピッチャー・オブ・ザ・マンスを受賞した。7月12日に行われたMLBオールスターゲームにも選出され、ナリーグの投手として1985年のドワイト・グッデン以来の若さでの選出となった。ウィリスの登場は、ブラッド・ペニーやカール・パバーノら伸び悩んでいた他の投手にも刺激をもたらし、その結果マーリンズはワールドシリーズを制覇。シーズン終了後、ウィリスは球団史上初の新人王を受賞した。ドントレル・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ロフトン

    ケニー・ロフトンから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    4月3日の開幕戦で2盗塁を記録し、史上17人目の通算600盗塁を達成。打率.300を維持するなど好調だったが、7月27日にマックス・ラミレスとの交換トレードで古巣インディアンスに移籍。過去2回の在籍時とは違い、中堅手にはグレイディ・サイズモアがいたため、メジャー昇格後初めて主に左翼手として出場した。チームは6年ぶりの地区優勝を果たし、レッドソックスとリーグチャンピオンシップシリーズで対戦。第5戦ではジョシュ・ベケットと乱闘騒ぎを起こした。3勝1敗とレッドソックスを追い詰めたがそこから3連敗を喫し、またしてもワールドシリーズ出場を逃した。オフにフリーエージェントとなり、そのまま引退。ロフトンのポストシーズンにおける34盗塁はリッキー・ヘンダーソンの33盗塁を上回る最高記録であり、ギネス世界記録に認定されている。ケニー・ロフトン フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示