37件中 21 - 30件表示
  • 岡島秀樹

    岡島秀樹から見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    レッドソックスに移籍するまでは「メジャーはスピードとパワーが売りで、戦略的には大ざっぱな面がある」と思っていたが、チームメイトのジョシュ・ベケットやジョン・レスター、ジョナサン・パペルボンの投球や、カート・シリングの緻密な研究を見て、『“日本に来る助っ人外国人”と“本物の一流メジャーリーガー”の違い』や『相手を研究することの大切さ』を改めて痛感したという。また、移籍前は「メジャーリーグは練習時間が短い」、「日本に来る外国人選手には練習熱心と呼べる選手は少ない」というイメージがあったため、「外国人選手は練習嫌い」という印象を抱いていたが、レッドソックス移籍1年目のスプリングキャンプでチームメイトたちが朝6時に球場入りして個人でのトレーニングに励んだ後にチームの全体練習に臨んでいたことに衝撃を受けたという。岡島自身も毎朝6時に起床して散歩する習慣があったがこういったアーリーワークには慣れることができず、チームでの全体練習終了後に個人練習を行うという日本式のスタイルで練習をしていた。こうしたNPB/MLBでの経験を経て、個人的には日本プロ野球の全体主義よりもメジャーリーグの個人主義の方が好みになったといい、2011年にレッドソックスから解雇された時も「マイナー契約でもアメリカに残りたい。絶対にメジャーへ復帰して、岡島はまだできるんだといことをみせつけてやる」と思うようになり、2012年に日本球界に復帰してからもメジャー再挑戦の想いを持ち続けた。岡島秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    5月15日 - ジョシュ・ベケット(アメリカ、野球)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • スコット・カズミアー

    スコット・カズミアーから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    は、4月3日のボルチモア・オリオールズ戦で22歳69日で開幕投手となる。これはのドワイト・グッデン(メッツ=当時)以来の若さだった。7月3日のボストン・レッドソックス戦でジョシュ・ベケットに投げ勝ちメジャー初完封を記録した。その後、前半戦だけで10勝を挙げ、125奪三振を記録し、オールスターに選出されたが、左腕の炎症で7月30日に故障者リスト入り。8月11日に復帰したものの、3試合に投げたところで再発し、そのままシーズンを終えた。規定投球回数に満たなかったとはいえ奪三振率は10.14を記録し、この年のアメリカンリーグ奪三振王ヨハン・サンタナの9.44を上回っていた。スコット・カズミアー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・マスターソン

    ジャスティン・マスターソンから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    の開幕前にはベースボールアメリカの有望株ランキングで64位に選ばれる。開幕はマイナーで迎えたが、4月24日にジョシュ・ベケット、松坂大輔とインフルエンザによる先発投手の登板回避が相次いだ為に代役としてメジャー初昇格を果たす。その当日に先発としてメジャーデビューを果たし、6回を投げ2被安打4四球4奪三振1被本塁打1失点という内容だったが勝敗はつかなかった。しかし5月20日、本拠地フェンウェイ・パークでのカンザスシティ・ロイヤルズ戦にて6.1回を3被安打3四球1死球5奪三振1失点という投球を見せ、ついにメジャー初勝利を飾った。ジャスティン・マスターソン フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルス・ドジャース

    ロサンゼルス・ドジャースから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    のシーズン中にキューバから亡命したヤシエル・プイグを獲得し、他球団からジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレス、カール・クロフォード、ハンリー・ラミレスなどをトレードで獲得した。トレードで獲得した彼らは将来にわたって高額な契約を残しており、資金力によって戦力補強を行った。オフには投手として史上2番目の大型契約でザック・グレインキーを獲得し、韓国プロ野球からポスティングシステムを申請した柳賢振に入札し獲得した。ロサンゼルス・ドジャース フレッシュアイペディアより)

  • アニバル・サンチェス

    アニバル・サンチェスから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    2005年11月24日にジョシュ・ベケット、マイク・ローウェル、ギレルモ・モタとのトレードで、ヘスス・デルガド、ハービー・ガルシアと共にフロリダ・マーリンズへ移籍した。アニバル・サンチェス フレッシュアイペディアより)

  • イバン・デヘスース・ジュニア

    イバン・デヘスース・ジュニアから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    8月25日にエイドリアン・ゴンザレス、ジョシュ・ベケット、カール・クロフォード、ニック・プントがドジャースに移籍する大型トレードにおいて、ジェームズ・ローニーら4選手と共にボストン・レッドソックスへ移籍した。11月20日に40人枠から外された。イバン・デヘスース・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • カール・クロフォード

    カール・クロフォードから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    2012年8月25日にジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレス、ニック・プントと金銭と共に、ジェームズ・ローニー、イバン・デヘスース・ジュニア、アレン・ウェブスター、ルビー・デラロサ、ジェリー・サンズとのトレードで、ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した。移籍後は同年の手術の影響で出場はなかった。カール・クロフォード フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    シーズンよりテリー・フランコーナの後を引き継いで、第45代ボストン・レッドソックス監督に就任。12月1日に、ホームグラウンドのフェンウェイ・パークに於いて監督就任記者会見を執り行った。背番号は25。開幕直後に主砲のケビン・ユーキリスについて「以前のように気持ちを入れてプレーしていない」と米メディアに語るなど、自ら選手との溝を深くした。選手を批判する事が多くチームは空中分解した。ダスティン・ペドロイアは「全員ユーキリスの味方。日本では通用しても、その手法はここでは通用しない」と激怒するなど選手は猛反発した。その後もバレンタインに対する選手の反発が表面化し、ユーキリス、ジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレスら主力はトレードで他球団へ放出。チームの調子も上がらず、本拠地ファンから容赦ないブーイングが飛んだ。レギュラーシーズンでは20年ぶりの地区最下位、球団47年ぶりの93敗と成績を残せず、契約を1年残して解任となった。選手たちとの対立の深刻さはデービッド・オルティスが「彼(バレンタイン)は精神的に問題があるか、薬か何かが必要な人間なんだ」と差別的とも取れる発言してしまうほどの有様であった。またオルティスは2017年自叙伝「パピ:マイ・ストーリー」の中で「(2012年)私の人生の中で最悪のシーズンだった」と表現、「ドラマはスプリング・トレーニングに入ってすぐに始まった。そこで見せた彼の行動にすべてが凝縮されていた」と開幕前からチーム内に不協和音が存在したことを告白、「日本式のトレーニングを持ち込むことで自分がいかに賢明な人間であるかを証明したがっているようだった」、「打撃練習で選手たちにゴロを打つように命じた。レッドソックスは私にゴロを打ってもらいたくてお金を払っているわけではない。月まで届くような球を打つために私はここにいる」などと具体例を挙げ、「無礼」、「愚か」、「傲慢」といった過激な言葉のオンパレードでバレンタインをこき下ろした。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ジョナサン・パペルボン

    ジョナサン・パペルボンから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    戦線離脱する原因となった右肩痛は、肩関節亜脱臼だった。チームドクターからはクローザーで投げ続けると肩に負担がかかる投げ方をしていると指摘され、レッドソックスはパペルボンをは先発ローテーション入りさせることに一旦は決めた。チームはパペルボンに、ジョシュ・ベケットや松坂大輔とともに「これから全盛期を迎える1980年生まれの先発投手」として以降数年間ローテーションを担うことを期待していた。しかしスプリング・トレーニング期間中、パペルボンは「キャンプ中、睡眠不足になるくらい悩んだ。試合を締めくくりたいという気持ちを抑えることができなくなった」として抑え復帰を希望する意向を示した。ジョナサン・パペルボン フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示