1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • ニック・プント

    ニック・プントから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    8月25日、ジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレス、カール・クロフォードと金銭と共に、ジェームズ・ローニー、イバン・デヘスース、アレン・ウェブスターとのトレードでロサンゼルス・ドジャースへ移籍した。後2人の選手を後日発表する予定。ニック・プント フレッシュアイペディアより)

  • ハンリー・ラミレス

    ハンリー・ラミレスから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    シーズン終了後、緊縮財政のフロリダ・マーリンズがトレードによる主力の放出を敢行。その中で、若き先発投手ジョシュ・ベケットの獲得を目指すレッドソックスもマーリンズにトレードを打診した。マーリンズは交換相手にラミレスを要求。ラミレスは確かに期待の若手ではあるが、マイナー時代にトレーナーを罵るなど精神面の未熟さから何度かトラブルを起こしており、また遊撃手の経験もあるペドロイアがマイナーで順調に育っていたことから、レッドソックスは放出を決断する。ハンリー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • 岡島秀樹

    岡島秀樹から見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    レッドソックスに移籍するまでは「メジャーはスピードとパワーが売りで、戦略的には大ざっぱな面がある」と思っていたが、チームメイトのジョシュ・ベケットやジョン・レスター、ジョナサン・パペルボンの投球や、カート・シリングの緻密な研究を見て、『“日本に来る助っ人外国人”と“本物の一流メジャーリーガー”の違い』や『相手を研究することの大切さ』を改めて痛感したという。また、移籍前は「メジャーリーグは練習時間が短い」、「日本に来る外国人選手には練習熱心と呼べる選手は少ない」というイメージがあったため、「外国人選手は練習嫌い」という印象を抱いていたが、レッドソックス移籍1年目のスプリングキャンプでチームメイトたちが朝6時に球場入りして個人でのトレーニングに励んだ後にチームの全体練習に臨んでいたことに衝撃を受けたという。岡島自身も毎朝6時に起床して散歩する習慣があったがこういったアーリーワークには慣れることができず、チームでの全体練習終了後に個人練習を行うという日本式のスタイルで練習をしていた。こうした日米両国での経験を経て、個人的には日本プロ野球の全体主義よりもメジャーリーグの個人主義の方が好みになったといい、2011年にレッドソックスから解雇された時も「マイナー契約でもアメリカに残りたい。絶対にメジャーへ復帰して、岡島はまだできるんだといことをみせつけてやる」と思うようになり、2012年に日本球界に復帰してからもメジャー再挑戦の想いを持ち続けた。岡島秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • ドントレル・ウィリス

    ドントレル・ウィリスから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    、マイナーリーグAA級カロライナで6試合に先発して4勝0敗・防御率1.49の好成績を挙げると、5月9日にジョシュ・ベケットが故障者リスト入りし、AAA級を飛び越してにメジャーに昇格し、同日の対コロラド・ロッキーズ戦でにデビュー。デビュー戦から3回目の登板まで1勝1敗、防御率7.07だったが、その後7月13日までの10回の登板で8連勝をマークし、防御率は1.05。6月にはナリーグ新人選手としては野茂英雄(1995年6月)以来となるピッチャー・オブ・ザ・マンスを受賞した。7月12日に行われたMLBオールスターゲームにも選出され、ナリーグの投手として1985年のドワイト・グッデン以来の若さでの選出となった。ウィリスの登場は、ブラッド・ペニーやカール・パバーノら伸び悩んでいた他の投手にも刺激をもたらし、その結果マーリンズはワールドシリーズを制覇。シーズン終了後、ウィリスは球団史上初の新人王を受賞した。ドントレル・ウィリス フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ロフトン

    ケニー・ロフトンから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    4月3日の開幕戦で2盗塁を記録し、メジャー史上17人目の通算600盗塁を達成。打率.300を維持するなど好調だったが、7月27日にマックス・ラミレスとの交換トレードで古巣インディアンスに移籍。過去2回の在籍時とは違い、中堅にはグレイディ・サイズモアがいたため、主にメジャー昇格後初となる左翼手としてプレイした。チームは6年ぶりの地区優勝を果たし、レッドソックスとリーグチャンピオンシップシリーズで対戦。第5戦ではジョシュ・ベケットと乱闘騒ぎを起こした。3勝1敗とレッドソックスを追い詰めたがそこから3連敗を喫し、またしてもワールドシリーズ出場を逃した。オフにフリーエージェントとなり、そのまま引退。ケニー・ロフトン フレッシュアイペディアより)

  • カール・クロフォード

    カール・クロフォードから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    2012年8月25日、ジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレス、ニック・プントと金銭と共に、ジェームズ・ローニー、イバン・デヘスース、アレン・ウェブスター、後日指名選手2人とのトレードでロサンゼルス・ドジャースへ移籍した。カール・クロフォード フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のワールドシリーズ

    2003年のワールドシリーズから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    MVPは1勝1敗、防御率1.13、19奪三振の成績をあげたジョシュ・ベケットが初選出。2003年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1980年

    1980年から見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    5月15日 - ジョシュ・ベケット、メジャーリーガー1980年 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たジョシュ・ベケットジョシュ・ベケット

    シーズンよりテリー・フランコーナの後を引き継いで、第45代ボストン・レッドソックス監督に就任。12月1日に、ホームグラウンドのフェンウェイ・パークに於いて監督就任記者会見を執り行った。背番号は25。開幕直後に主砲のケビン・ユーキリスについて「以前のように気持ちを入れてプレーしていない」と米メディアに語るなど、自ら選手との溝を深くした。ダスティン・ペドロイアは「全員ユーキリスの味方。日本では通用しても、その手法はここでは通用しない」と激怒するなど選手は猛反発した。その後もバレンタインに対する選手の反発が表面化し、ユーキリス、ジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレスら主力はトレードで他球団へ放出。チームの調子も上がらず、本拠地ファンから容赦ないブーイングが飛んだ。レギュラーシーズンでは20年ぶりの地区最下位、球団47年ぶりの93敗と成績を残せず、契約を1年残して解任となった。選手たちとの対立の深刻さはデービッド・オルティスが「彼(バレンタイン)は精神的に問題があるか、薬か何かが必要な人間なんだ」と発言してしまうほどの有様であった。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示

「ジョシュ・ベケット」のニューストピックワード