52件中 31 - 40件表示
  • ジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケットから見たノーヒットノーラン

    3月19日に右手の親指を負傷したため、15日間の故障者リスト入りした。開幕後の4月9日にリストから外れた。このシーズンは序盤から好調を維持し、5月25日の対フィラデルフィア・フィリーズ戦で、3与四球によるノーヒッターを達成。8月中旬に左腰部痛で故障者リスト入りした後は登板がなく、防御率2.88ながら6勝6敗に留まった。10月7日に現役引退を発表。ジョシュ・ベケット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケットから見たカーブ (球種)

    力だけでねじ伏せる投球からはカーブ、チェンジアップを多く織り交ぜるようになった。スプリングトレーニングでテリー・フランコーナ監督に「あいつはもう準備万端だ。今年は凄いことになるぞ」と言わしめた。4月をベーブ・ルース()、ペドロ・マルティネス()に次いで球団史上3人目となる5勝0敗を記録。また、開幕から5月8日にかけての7戦7勝は球団史上4位タイ。5月13日のオリオールズ戦を4回で降板。翌14日から右手中指の裂傷により15日間の故障者リスト入りとなった。6月14日にシーズン初の敗戦を喫するまでに9勝を記録。初めて選出されたオールスターでは2回を無失点に抑え、勝ち投手となった。ジョシュ・ベケット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケットから見た投手

    ジョシュア・パトリック・ベケット(Joshua Patrick Beckett, 1980年5月15日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。ジョシュ・ベケット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケットから見た泥酔

    2017年11月11日の未明、泥酔状態でライブ会場のステージに乱入し、歌手に暴行を働いて負傷させた容疑で逮捕された。ジョシュ・ベケット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケットから見た防御率

    、16勝・33先発・204.2イニングはいずれも自己最高・チーム1位だったが、防御率5.01は自己最低、被本塁打36はリーグワースト2位。ジョシュ・ベケット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケットから見た2007年のワールドシリーズ

    両リーグ最多の20勝を挙げ、自己最多の194奪三振を記録。ポストシーズンではディビジョンシリーズ、リーグチャンピオンシップシリーズ、ワールドシリーズの初戦に登板。また、リーグチャンピオンシップシリーズではレッドソックスが3敗と負ければシリーズ敗退となる第5戦に登板。ポストシーズン、計4試合に登板し4勝・2完封を記録。リーグチャンピオンシップではMVPを獲得し、自身2度目のワールドシリーズ制覇に貢献した。ジョシュ・ベケット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケットから見た胸郭出口症候群

    も開幕から不調。シーズン途中に胸郭出口症候群を発症し、5月13日の登板を最後に離脱、7月10日に手術を受けシーズンを終えた。8回1/3を1失点ながら負け投手となった試合があるなど不運もあり、シーズンでは1勝も出来なかった。防御率も5.19だった。。ジョシュ・ベケット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケットから見た肉刺

    指に肉刺(まめ)ができやすく、シーズン中に肉刺をつぶして離脱したことが度々ある。ジョシュ・ベケット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケットから見たポートランド・シードッグス

    にはマイナーリーグのブレバード・カウンティ・マナティーズとポートランド・シードッグスで防御率1.54、14勝1敗の成績を残し、史上3人目となるベースボールアメリカ誌とUSAトゥディ紙の両方から「マイナーリーグ年間最優秀選手賞」を受賞した。9月4日のシカゴ・カブス戦で21歳112日と球団史上6番目の若さでメジャーデビューし、初登板初勝利を挙げた。ジョシュ・ベケット フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ベケット

    ジョシュ・ベケットから見たタンパベイ・レイズ

    はスプリングトレーニング期間中に腰を痛め日本で行われる開幕戦には同行せずに故障者リスト入りで開幕を迎えた。シーズン初登板は開幕7戦目のブルージェイズ戦。4月27日のレイズ戦では自己最高の13奪三振を記録。8月29日に右ヒジ痛のため8月18日に遡り故障者リスト入り。9月5日に復帰を果たしたがポストシーズンでは球威がなく、14.1イニングで7本の本塁打を浴びた。ジョシュ・ベケット フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示