ジョシュ・ホワイトセル ニュース&Wiki etc.

ジョシュア・S・ホワイトセル(Joshua S. Whitesell, 1982年4月14日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州出身のプロ野球選手(内野手)。 (出典:Wikipedia)

「ジョシュ・ホワイトセル」Q&A

  • Q&A

    【2013年 プロ野球 戦力外通告】この中でまだまだ現役でできるのに、もったいないな…

    [続きを読む]

    回答数:9質問日時 - 2013年12月19日 22:03

  • Q&A

    ジョシュホワイトセルを見て一言

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年4月11日 20:51

  • Q&A

    プロ野球の12球団それぞれの好きな選手を言って下さい!よかったら理由もお願いします。…

    [続きを読む]

    回答数:8質問日時 - 2013年3月12日 21:30

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジョシュ・ホワイトセル」のつながり調べ

  • 伊藤光

    伊藤光から見たジョシュ・ホワイトセル

    ''、一軍公式戦では、前年に続いて開幕戦のスタメンマスクを任されると鈴木郁洋・斉藤俊雄などの先輩捕手と交互に出場した。しかし4月12日の対千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリンフィールド)7回表の守備中に、ジョシュ・ホワイトセルの振ったバットが伊藤の右側頭部を直撃した。伊藤はグラウンド上に倒れ込んだため、担架で病院に運ばれた。病院での診察で打撲と診断されたため、すぐに実戦へ復帰したが、攻守に精彩を欠いたことから同月末に二軍へ降格した。セ・パ交流戦の期間中に一軍へ復帰してからは、公式戦でのスタメン出場の機会を増やした。だが、8月19日の対ソフトバンク戦(京セラドーム大阪)で投手陣が8回表までに5失点を喫したことから、リード面の課題を克服すべく9月下旬まで再び二軍で調整。一軍でのシーズン最終戦であった10月8日の同カード(福岡Yahoo!JAPANドーム)では、捕手として西のノーヒットノーラン達成に貢献した。一軍公式戦通算では前年と同じく66試合に出場し、打率を.205、10打点を記録。なお、シーズン終了後にはオリックス選手会の副会長に就任した。(伊藤光 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の東京ヤクルトスワローズ

    2010年の東京ヤクルトスワローズから見たジョシュ・ホワイトセル

    この年の東京ヤクルトスワローズは、高田繁監督の3年目のシーズンである。シーズン序盤から借金を重ね、交流戦に入ると全く勝てなくなり、交流戦開始から9連敗したところで、高田監督が辞任を申し出て、残りのシーズンをヘッドコーチの小川淳司が監督を代行することになった。小川監督代行が打線を組み替え、不振のデントナに代わり、守備の不安から起用が控えられていた畠山を本職ではない外野でスタメン起用し、ホワイトセルを獲得すると、得点力が大幅に上昇し、チーム成績が急上昇した。監督代行就任時に19あった借金は8月25日に完済し、クライマックスシリーズに手の届く所までチームを建て直したが、序盤の借金が響き、最終的にシーズンを4位で終えた。そして、翌シーズンの監督に小川監督代行が就任することが決定した。(2010年の東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

「ジョシュ・ホワイトセル」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ