ジョシュ・ホワイトセル ニュース&Wiki etc.

ジョシュ・ホワイトセル(Joshua S. "Josh" Whitesell , 1982年4月14日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(内野手)。アメリカ合衆国ノースカロライナ州出身。 (出典:Wikipedia)

「ジョシュ・ホワイトセル」最新ニュース

「ジョシュ・ホワイトセル」Q&A

  • Q&A

    【2013年 プロ野球 戦力外通告】この中でまだまだ現役でできるのに、もったいないな…

    [続きを読む]

    回答数:9質問日時 - 2013年12月19日 22:03

  • Q&A

    ジョシュホワイトセルを見て一言

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年4月11日 20:51

  • Q&A

    プロ野球の12球団それぞれの好きな選手を言って下さい!よかったら理由もお願いします。…

    [続きを読む]

    回答数:8質問日時 - 2013年3月12日 21:30

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ジョシュ・ホワイトセル」のつながり調べ

  • 石山智也

    石山智也から見たジョシュ・ホワイトセル

    9月18日の中日対ヤクルト戦(神宮球場)で、3回表無死二塁で中日・大島洋平が一塁前にセーフティーバントを試み、打球を処理したホワイトセルが一塁へ山なりの送球をしたが、一塁への走塁を一塁塁審の石山は「アウト」と判定した。同点とされた5回裏2死二・三塁でヤクルト・畠山和洋の右翼線へのフライを追った右翼手・藤井淳志がダイビングキャッチを試みたが、打球は右翼線付近で藤井のグラブからこぼれ落ちた。このプレーを石山が「フェア」と判定(この時、球審は「ファウル」の判定だったが、一番近くで判定した石山の判定が優先された為に2点三塁打となった)し中日の落合博満監督が抗議したが判定は変わらず、落合が暴言を吐いたとして石山は退場を宣告した。この判定については解説者陣が「明らかな誤審」と発言した。(石山智也 フレッシュアイペディアより)

  • 角中勝也

    角中勝也から見たジョシュ・ホワイトセル

    4月14日にジョシュ・ホワイトセルと入れ替わって昇格すると、同年4月21日の対埼玉西武ライオンズ戦(QVCマリンフィールド)から角中が打点を挙げた試合は13連勝と勢いに乗り、チームのシーズン序盤を牽引。その勢いは交流戦でも止まらず交流戦首位打者を獲得し、独立リーグ出身者として初のオールスターゲームに選出される。2012年の首位打者争いは、角中と中島裕之(埼玉西武ライオンズ)が牽引していた。中島は夏場に調子を上げて打率.330に乗せ、秋まで好調を維持して一時は他の打者に3分近い差をつけていたが、9月に入って左脇腹を痛め、打率.310台まで急降下、さらに9月27日からは欠場する。一方、調子を落として一時は打率3割を切った角中は、秋から復調して1ヶ月で1分近く打率を上げていた。迎えた10月1日・2日の対西武戦で2試合連続の猛打賞を記録して中島の打率を上回り、首位打者に躍り出た。首位打者の座から陥落した中島は10月6日の対ロッテ戦で先発出場するも、監督の西村徳文はこの試合で角中を欠場させ、先発投手の藤岡貴裕に中島を敬遠するよう指示した。中島は抗議の意であえて空振りした。角中は、首位打者を取らせてくれようとした西村に対し「自分のために嫌われ役になってくれて、ありがたい」とコメントしている。中島は10月7日の対オリックス戦にも先発出場したが、前述の脇腹痛によって無安打に終わり、角中の首位打者が確定した。中島は「おめでとうと言いたい」と角中の首位打者獲得を称えるコメントを出した。(角中勝也 フレッシュアイペディアより)

「ジョシュ・ホワイトセル」のニューストピックワード

  • 工藤隆人外野手

  • 吉見祐治投手橋本健太郎投手山本徹矢投手山室公志郎投手青野毅内野手工藤隆人外野手

  • ディッキー・ゴンザレス投手