前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • 畠山和洋

    畠山和洋から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    も当初は代打起用が大半だったが、デントナの不振によって6月下旬からスタメン起用が増え、オールスターゲーム以降はレギュラーに定着。途中加入で左打ちのジョシュ・ホワイトセルと共に後半戦のチームの快進撃の立役者となる。93試合出場ながら自己最多の14本塁打を記録し、出塁率.380・長打率.551と結果を残した。三塁手の他に左翼手を任されるが、経験の浅さから打球の目測を誤ったり、送球難を露呈してしまうなど、守備面での課題を残した。畠山和洋 フレッシュアイペディアより)

  • 藤立次郎

    藤立次郎から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    代打3打席連続本塁打 ※史上3人目(過去の達成者は1984年のマーシャル・ブラント、1989年の真弓明信、後に2011年のジョシュ・ホワイトセル藤立次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小川淳司

    小川淳司から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    5月25日、高田が監督を辞任したことを受け、2日後の27日より監督代行に就任した。監督代行就任後は不振の原因となっていた打線のてこ入れに着手し、青木宣親の打順を1番へと再変更した。また、不振のアーロン・ガイエル、ジェイミー・デントナの両外国人選手を外し、打撃力はあるもののほとんど外野手の経験のなかった畠山和洋をレギュラー外野手として起用した。これらの采配が功を奏し、新戦力ジョシュ・ホワイトセルの活躍もあってチーム成績は急上昇した。監督代行就任期間の成績は59勝36敗3分、勝率6割2分1厘で、19あった借金を完済した上に4つの貯金を作り、クライマックスシリーズ(以下CS)進出争いにも加わった。この快進撃は、ヤクルト本社の製品にちなんで「メークミルミル」と呼ばれた。小川淳司 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    【NPB】ヤクルトがジョシュ・ホワイトセル外野手の獲得を発表。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 石山智也

    石山智也から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    9月18日の中日対ヤクルト戦(神宮球場)で、3回表無死二塁で中日・大島洋平が一塁前にセーフティーバントを試み、打球を処理したホワイトセルが一塁へ山なりの送球をしたが、一塁への走塁を一塁塁審の石山は「アウト」と判定した。同点とされた5回裏2死二・三塁でヤクルト・畠山和洋の右翼線へのフライを追った右翼手・藤井淳志がダイビングキャッチを試みたが、打球は右翼線付近で藤井のグラブからこぼれ落ちた。このプレーを石山が「フェア」と判定(この時、球審は「ファウル」の判定だったが、一番近くで判定した石山の判定が優先された為に2点三塁打となった)し中日の落合博満監督が抗議したが判定は変わらず、落合が暴言を吐いたとして石山は退場を宣告した。この判定については解説者陣が「明らかな誤審」と発言した。石山智也 フレッシュアイペディアより)

  • 中山慎也

    中山慎也から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    開幕第2戦で先発を任される。4月18日の対ソフトバンク戦でシーズン初勝利をあげるも、試合を作っても5・6回に捕まるケースが目立ち、5月30日の対中日戦では5回の投球中に足が痙攣を起こして6回に同点にされて降板した事で、岡田監督の怒りを買い、翌日登録抹消となった。6月10日に復帰後はリリーフで3試合登板し、6月25日の対西武戦で先発するも2回途中3失点で降板して以後は、完全にリリーフとして登板するようになった。7月29日の対日本ハム戦でマイカ・ホフパワーに、翌30日の対西武戦で秋山翔吾に2日連続3ラン被弾を浴び、8月10日の対ロッテ戦でジョシュ・ホワイトセルに満塁走者一掃の逆転打を浴びる等、一時期は左打者に痛打を食らう場面もあったが、翌11日の対ロッテ戦からは一転して17試合連続自責点0と安定した投球を続ける。最終的に、本来期待されていた先発では10試合で1勝3敗、防御率4.33と終わったのに対し、リリーフでは43試合で4敗を喫するも14ホールド、防御率1.48と安定した結果を見せた。中山慎也 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2010

    プロ野球スピリッツ2010から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセル(東京ヤクルトスワローズ)プロ野球スピリッツ2010 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイミー・デントナ

    ジェイミー・デントナから見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    は開幕当初こそ打ちまくったものの4月以降は極度の不振に陥り、更に途中加入のジョシュ・ホワイトセルの活躍によってスタメンを外れ代打に回ることが多くなった。7月には一時登録を抹消され、シーズン終盤には出場機会を増やすために外野守備に挑戦するなどしたが、最終的に99試合に出場し打率.245・15本塁打・50打点という成績でチームの前半戦低迷の一因にもなった。また対左投手の打率が.360なのに対し、対右では.175と右投手に大しては極端に相性が悪かった。翌年以降の契約については小川淳司監督がホワイトセルとの併用という形での残留を希望するなど去就が注目されたが、11月18日にヤクルトは右打者の新外国人・ウラディミール・バレンティンを獲得、同時にデントナとは来季の契約を結ばないと発表した。ジェイミー・デントナ フレッシュアイペディアより)

  • 星野智樹

    星野智樹から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    2011年5月29日の対東京ヤクルトスワローズ戦(西武ドーム)で登板し、ジョシュ・ホワイトセルから三球三振を奪った時にガッツポーズを見せたが、平尾博嗣から「腕の振りは4球目(ガッツポーズ)が一番良かった」と揶揄された(ホワイトセルに投げた3球は、全てが「逆球」だった)。星野智樹 フレッシュアイペディアより)

  • 角中勝也

    角中勝也から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    4月14日にジョシュ・ホワイトセルと入れ替わって昇格すると、同年4月21日の対埼玉西武ライオンズ戦(QVCマリンフィールド)から角中が打点を挙げた試合は13連勝と勢いに乗り、チームのシーズン序盤を牽引。その勢いは交流戦でも止まらず交流戦首位打者を獲得し、独立リーグ出身者として初のオールスターゲームに選出される。2012年の首位打者争いは、角中と中島裕之(埼玉西武ライオンズ)が牽引していた。中島は夏場に調子を上げて打率.330に乗せ、秋まで好調を維持して一時は他の打者に3分近い差をつけていたが、9月に入って左脇腹を痛め、打率.310台まで急降下、さらに9月27日からは欠場する。一方、調子を落として一時は打率3割を切った角中は、秋から復調して1ヶ月で1分近く打率を上げていた。迎えた10月1日・2日の対西武戦で2試合連続の猛打賞を記録して中島の打率を上回り、首位打者に躍り出た。首位打者の座から陥落した中島は10月6日の対ロッテ戦で先発出場するも、監督の西村徳文はこの試合で角中を欠場させ、先発投手の藤岡貴裕に中島を敬遠するよう指示した。中島は抗議の意であえて空振りした。角中は、首位打者を取らせてくれようとした西村に対し「自分のために嫌われ役になってくれて、ありがたい」とコメントしている。中島は10月7日の対オリックス戦にも先発出場したが、前述の脇腹痛によって無安打に終わり、角中の首位打者が確定した。中島は「おめでとうと言いたい」と角中の首位打者獲得を称えるコメントを出した。角中勝也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「ジョシュ・ホワイトセル」のニューストピックワード

  • 工藤隆人外野手

  • 吉見祐治投手橋本健太郎投手山本徹矢投手山室公志郎投手青野毅内野手工藤隆人外野手

  • ディッキー・ゴンザレス投手