前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • ジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセルから見たアルフレッド・フィガロ

    2011年5月25日、対オリックス・バファローズ1回戦(明治神宮野球場)、6回裏にアルフレッド・フィガロから左越ソロジョシュ・ホワイトセル フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセルから見た森野将彦

    6月26日に一軍登録されると、同日の対阪神戦で5番・左翼手で即スタメン出場し、日本での初本塁打を放った。6月29日の対横浜戦では、初めてプロ野球公式戦が行われたセルラースタジアム那覇でプロ公式戦第1号本塁打を放った。同年はシーズンの半分以下である68試合の出場だったものの、打率.309、15本塁打53打点と結果を残した。特に、勝負を決める場面での活躍が多く、勝利打点15は同年全試合に出場した中日・森野将彦の最多勝利打点18にあと3に迫るハイペースだった。このように打撃面では長距離砲が不在だったヤクルトにとって大きな戦力となった一方、一塁守備では平凡なゴロを弾くなど凡プレーも目立った。ジョシュ・ホワイトセル フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセルから見た田中将大

    、開幕4番で出場し開幕戦では初打席で田中将大から先制適時打を含む3安打2打点の活躍でチームの8年ぶりの開幕戦白星に貢献した。しかし、4月12日の対オリックス戦で捕手の伊藤光の後頭部に翌13日の対ソフトバンク戦で同じく捕手の細川亨の右肩にいずれもフルスイングした際にバットが直撃し、2試合連続で相手の捕手を負傷退場させる結果となった。同時に開幕から10試合で打率.237と打撃が振るわなかったため、翌14日に二軍降格となった。その後7月16日に一軍に再昇格し、8月2日の対日本ハム戦で谷元圭介から日本では初となる満塁本塁打を放った。その後は打撃が上向き、8月8日に3割に乗せると同月は打率.394、5本塁打24打点の好成績で、8月の月間MVP野手部門を獲得、以降は一度も3割を切ることなくシーズンを終えた。ジョシュ・ホワイトセル フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセルから見た西村憲

    初安打・初本塁打・初打点:同上、8回裏に西村憲から右越ソロジョシュ・ホワイトセル フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセルから見た福原忍

    2011年8月14日、対阪神タイガース11回戦(明治神宮野球場)、9回裏に福原忍から中越2ランジョシュ・ホワイトセル フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセルから見たライアン・ブラウン (外野手)

    ケビン・ユーキリスやライアン・ブラウンらと同じユダヤ系の野球選手。ジョシュ・ホワイトセル フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセルから見たサカナクション

    ロッテ時代の応援歌はサカナクションの『アイデンティティ』であった。ジョシュ・ホワイトセル フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセルから見た鶴直人

    初打席:同上、2回裏に鶴直人から二塁ゴロジョシュ・ホワイトセル フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセルから見た細川亨

    、開幕4番で出場し開幕戦では初打席で田中将大から先制適時打を含む3安打2打点の活躍でチームの8年ぶりの開幕戦白星に貢献した。しかし、4月12日の対オリックス戦で捕手の伊藤光の後頭部に翌13日の対ソフトバンク戦で同じく捕手の細川亨の右肩にいずれもフルスイングした際にバットが直撃し、2試合連続で相手の捕手を負傷退場させる結果となった。同時に開幕から10試合で打率.237と打撃が振るわなかったため、翌14日に二軍降格となった。その後7月16日に一軍に再昇格し、8月2日の対日本ハム戦で谷元圭介から日本では初となる満塁本塁打を放った。その後は打撃が上向き、8月8日に3割に乗せると同月は打率.394、5本塁打24打点の好成績で、8月の月間MVP野手部門を獲得、以降は一度も3割を切ることなくシーズンを終えた。ジョシュ・ホワイトセル フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセルから見た炭谷銀仁朗

    迷いのないフルスイングが特徴の選手であるが、前述通りその振り回したバットが後ろにいる捕手に直撃することも多い。2012年の2試合連続で負傷退場させた(経歴の項参照)以前にも、2011年に炭谷銀仁朗の右肩に直撃したりしている。AAA級時代にチームメイトだったエバン・マクレーン曰く、当時も空振ったバットが捕手に直撃したことがちょくちょくあったという。ジョシュ・ホワイトセル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示